大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

天皇陛下のお誕生日をお祝い申し上げます

平成23年12月23日(金)

 本年、七十八歳となられた天皇陛下のお誕生日をお祝いし、
 これからのご健勝を切に祈り申し上げます。

 そして、
 天皇は万世一系であられるが故に、
 我が国の国体は一貫して不易であり、
 戦前戦後は、何ら断絶無く連続している、
 このことをありがたく感謝したい。
 日本人に生まれてありがたい、と。

 本年、我が国は、未曾有の巨大地震と巨大津波そして原子力発電所事故という国難に襲われている。
 その国難のなかで、
 最大の危機管理者としての天皇が、姿を顕された。

 初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏は、
「我が日本民族は、一世紀に一回ぐらいの割合で起こる国難に直面するたびに、救国の危機管理機構=天皇によって危機を乗り越えてきた」(「歴史通」11-May)と述べた。
 
 本年、天皇は、この国難において、
 この通りのご存在であられた。
 即ち、救国の危機管理者である。
 それ故、三月十六日に国民に対して発せられた
 天皇陛下のお言葉は、
 我が国の「統治者」
 としてのお立場から発せられたものである。

 そして、このお言葉を発せられた天皇のお立場の、
 一番適切な法的表現は、次の如くである。
 即ち、大日本帝国憲法第一条
「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」

 本年顕かになった天皇のこのお立場と、
 それに接する被災地の国民をはじめとする日本国民に、
 我が国の、太古から戦前戦後を通じて一貫して連続している姿が現れている。
 
 天皇皇后両陛下が、本年春から夏にかけて、
 親しく廻られて激励された被災地の国民は、
 苦しみと悲しみのなかで、秩序を保ち、助け合い、
黙々と「これからの日々を生きようとしている」雄々しさを示していた。
 
 ここに、我が国は、
 天皇を家長とする家族のような国に見える。
 政治制度的には、「一君万民」というのであろうか。
 
 とは言え、こういう欧州から輸入された後でできた言葉に、太古から連続する我が国の姿を当てはめる必要はない。
 
 ともかく、本年、我々が観た通りの姿、
 これが万世一系の天皇があらせられる我が国と国民の姿である。
 神学的表現は「神ながら」である。
 私の師は、「民族生命の原始無限流動」と表現した。
 
 本日、今上陛下の誕生日を祝うということは、
 太古からの万世一系百二十五代の天皇の御存在と
 百二十五代の天皇を戴いてその御代に生きた我々の先祖即ち日本民族の存在を祝うということである。
 教育勅語に、
「是の如きは独り朕が忠良の臣民たるのみならず又以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん」
 とあるはこのことか。
 この国難のなかで、まことに尊いことではないか。

 謹んで、今上陛下のお誕生日を心からお祝いし、
 ご健勝を、切に、祈り申し上げます。

新着記事

  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…
  • 令和2年5月29日(金)
    武漢ウイルスの世界的な蔓延が始まっているなかで令和二年を迎え、我が国にもそれが蔓延してから、瞬く間に六月を迎えている。この中国の武漢を発源地とするウイルスは、感染しても潜伏期間が長く、発症しなくともそ…
  • 令和2年5月16日(土)
    後になって振り返れば、一定の目的に向かって行われた行動によって、その目的通りの結果をもたらしたように見えるが、実は、その時、そんな目的はなく、偶然にその結果がもたらされた、ということがある。サッカーを…

アーカイブ