大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

左翼政権と十一月十五日

平成22年11月17日(水)

 本年も、十一月十五日が来て過ぎていった。
 新潟で、横田めぐみさんが拉致された日だ。
 本年も、助けることができずに三十三年が経った。
 それを思うと、ある種の痛さが、身のなかを走る。
 ご両親の悲しさ、やるせなさ、わびしさを思うと顔を上げられない。
 
 思えば、北朝鮮の日本人拉致を独裁者の金正日が認めてから、やっと、我が国の左翼も北朝鮮による拉致を認めたのだ。
 さらに、振り返れば、我が国の左翼は、朝鮮戦争は、南の韓国がアメリカと共に北を侵略した戦争であり、大韓航空機爆破は韓国の謀略であるという公式見解をつい最近まで維持してきた(現在、変更されているかどうかは知らない)。
 我が国の左翼は、韓国を「軍事政権」で人民の自由を奪い抑圧している体制であると非難し北朝鮮と親密な関係を築いてきた。
 今でも、昭和四十年代から五十年代の韓国の軍事政権を告発する岩波新書の「韓国からの通信」(T・K生)や記録映画「ユンボクの記」、歌「イムジン川」を想い出す。
 そのうちに、自民党の利権派が、我が国に最後に残った「戦後の旨味」である北朝鮮の「戦後賠償利権」の匂いにひかれて北朝鮮との親密な関係を求め始めた。
 自民党政権にとって、北朝鮮との国交樹立は「戦後最後の外交的課題」であるとともに、「戦後最後の賠償利権」だった。
 
 ここに自民・社会の超党派の北朝鮮シンパ勢力が生まれた。その象徴が金丸・田辺訪朝団だ。シンパ集団には当時の与野党の幹部の多くが名を連ねている。
 そして、当時のシンパ集団の事務局長クラスだった自民党若手が、今の民主党幹部になっている。
 加えて、当時の韓国の「軍事政権」を非難するなかで育った北朝鮮派が、今の民主党内閣の総理、官房長官そして閣僚になっている。
 彼らにとっては、韓国の「軍事政権」を非難することが「自由を求める良心的な政治活動」だった。だから、韓国でスパイとして捕まった日本人拉致の首魁であるシン・ガンスの嘆願運動を展開するのは当然のことであり嘆願書に署名して韓国に圧力をかけるのが「正義」だった。
 これが彼らの政治活動の原点である。

 北朝鮮による拉致された日本人救出問題は、我が国の、このいびつな、まことに歪な、政界とマスコミ界のなかで封印されてきたのである。
 特に、韓国を軍事政権と非難し、本当の軍事政権である北朝鮮を賞賛し、日本人を拉致していたスパイ・工作員の自由を求め、拉致された日本人の自由を無視してきた、現総理や官房長官や一部閣僚が、北朝鮮による日本人拉致を認めたのは、小泉訪朝により金正日が拉致を認めてからである。
 しかし、これは「認めた」のではなく「否定することができなくなった」だけである。
 
 そして、政治家としてこのような育ち方をした者達、つまり左翼が、我が国の政権の中枢を握っているなかで十一月十五日を迎えていたのだ。
 特に総理大臣、官房長官、拉致担当大臣、彼ら左翼は、この日、何を思ったのだろうか。
 改めて、拉致などは「でっち上げ」と、彼ら左翼から非難されるなかで、娘であるめぐみさん救出、恵子さん救出の街頭署名運動をされていたご両親の姿が想い出される。
 そのときと、同じ、「無視」という無関心な状況がきている。

 以上、拉致問題に関して左翼は、韓国を軍事政権と非難し、本当の軍事政権であった北朝鮮を賞賛していたと述べた。決して過去の話ではない。彼らは今、我が国の政権にありついている。

 次に、もう二つ、左翼の特質をあげる。
それは、自分が人を批判する時には、あることないこと情け容赦しないが、自分が批判されることは極端に嫌うということである。
 また、権力を敵視し国家を敵視するが、自分が権力を握り国家を牛耳れるようになれば、とたんに権力を乱用する。これが左翼、共産主義者の特徴である。
 後者については、大はスターリン、毛沢東、小は民青活動家、日教組のドンとちんぴら、菅、仙谷と皆同じ。

 そこで、菅や仙谷が、国会の委員会で広げていた資料をマスコミに撮影されたり尖閣の映像が海上保安官により公開されたことに極端な拒絶反応をしていることに関して述べる。
 これが、左翼の特色である。
 左翼は、自分が批判されることを嫌う、従って、その批判を封印するために権力を乱用する。乱用して何をするのか。言わずと知れた言論統制である。
 
 本日の産経新聞朝刊に、仙谷が国会内で広げていた尖閣の資料を望遠レンズで「盗撮」されたと騒いだことが指摘されている。この騒ぎは、仙谷が言論統制によだれを流す典型的左翼であることを示しているのだ。
 同じ紙面に、航空自衛隊入間基地の航空祭において自衛隊を支援する航友会の会長が挨拶で民主党政府批判に言及したことに北沢防衛大臣が「激怒」し、基地内での民間人による民間人の政権批判の封じ込めを求めた事務次官通達を出したと報道されていた。さらに、現内閣は日中首脳会談の内容を隠しているという。
 
 なに、あれだけ、乞食のようにねだって会ってもらった首脳会談の内容を国民に隠す!
 さらに、こともあろうに、この我が国で、民間人の言論を統制するだとー!

 やはり、こいつらおかしい。
入間基地祭での、航友会会長の挨拶は、正しい!極めて正しい!この正しい言論が守られることが、我が国の政治を前進させる。
この言論を統制するだとー!
 この左翼反動め!
 航友会会長の言うとおり、菅はじめ仙谷、民主党内閣、
 速く辞めろ!
 辞めてから中国共産党の「言論統制」を学ぶために留学でもしてこい。ついでに、国籍も中華人民共和国にしてもらえ。

 ところで、批判するのを好むが批判されるのを嫌い言論統制を好むのが左翼の特色だと述べたが、自民党出身で、この特色にぴったり当てはまるのがいる。
 言わずとしれた、人民解放軍野戦軍司令官だ。
(実は、実質は上等兵以下、本当の野戦場では逃げて居ない)

新着記事

  • 平成30年12月17日(月)
    我が国を取り巻く国際情勢のなかで、平成三十年の後半から顕著になってきたのは、アメリカと中共の確執だ。この米中確執は、最初は貿易経済面の利害対立のように見えていたが、外交安全保障問題に特化したボルトン大…
  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…

アーカイブ