大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

やはり、菅ではだめだった

平成22年11月14日(日)

 横浜で十三日には三千五百名のデモ行進、十四日には街頭演説。共に「頑張れ日本、全国行動委員会」(会長、危険人物・田母神俊雄)主催の国民集会だ。
 これらは、中国の尖閣侵略を許さず、中国に対抗してアジアの自由と民主主義を推進するための日本国民の集会だ。
 私は、昨日十三日にも東京にいたが、私より年上の新郎新婦の結婚披露宴に出席していたのでデモには参加できなかった。
 しかし、本日の横浜駅前での集会には参加できた。
 昨晩、東京から大阪に帰り、今朝、横浜駅に着いたのが、昼の十二時前。ドンぴしゃり開会に間に合った。
 何故、横浜まで行ったのか。それは、APECが横浜で開催されており、「ナチスとコミンテルンと守銭奴」の代表である中国共産党の胡錦涛が横浜に来ていたからである。
 そこで、二千名の皆さんの前で、言っておくべきことを言えた。まことにありがたく、夕刻に大阪に帰り、今、短文ながら、このご報告をする次第。

 やはり、菅ではだめだった。
 第一に、APECにおける我が国の国家戦略がない。
 我が国が、重点的に会うべき首脳は、ASEAN諸国にいる。ASEANのインドネシアの首脳と重点的に会談すべきである。
 そもそもASEANは、一九六〇年代の中国共産党の東南アジアへの「南下問題」の脅威から生まれた国家連合である。
 そのASEAN結成の原点を喚起し、今こそ中国の覇権主義に日本はASEANと共に対抗するとの我が国の国家戦略を、中国にカマス機会がこの度のAPECだったのだ。
 
 第二に、菅は、中国の胡錦涛にもロシアのメドベージュエフにも対抗できない未熟児だった。
 菅が彼らに会った御陰で、胡錦涛とメドベージェフの尖閣と北方領土は、中国とロシアの固有の領土と言う主張だけが国際社会に公式に残った。
 胡錦涛との会談時間、二十数分。通訳の時間を除いて実質会話五分である。これでは、相手と話したのではなく、相手の言い分を提示されただけと言うほかない。そして、中国外務省は、この菅・胡錦涛会談をハイレベルではなく低レベルの会談と位置づけている。これ、屈辱的ではないか。
 またも菅は、九月二十四日の中国船長釈放に続き、日本国と日本国民を侮辱し貶めたのだ。
 
 菅は、胡錦涛ともメドベージェフともあわすべきではなかった。何故なら、菅は、中国共産党の「手下」であり無能であり「売国奴」だからである。彼が会えば会うほど、我が国益を毀損する。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ