大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

やはり、菅ではだめだった

平成22年11月14日(日)

 横浜で十三日には三千五百名のデモ行進、十四日には街頭演説。共に「頑張れ日本、全国行動委員会」(会長、危険人物・田母神俊雄)主催の国民集会だ。
 これらは、中国の尖閣侵略を許さず、中国に対抗してアジアの自由と民主主義を推進するための日本国民の集会だ。
 私は、昨日十三日にも東京にいたが、私より年上の新郎新婦の結婚披露宴に出席していたのでデモには参加できなかった。
 しかし、本日の横浜駅前での集会には参加できた。
 昨晩、東京から大阪に帰り、今朝、横浜駅に着いたのが、昼の十二時前。ドンぴしゃり開会に間に合った。
 何故、横浜まで行ったのか。それは、APECが横浜で開催されており、「ナチスとコミンテルンと守銭奴」の代表である中国共産党の胡錦涛が横浜に来ていたからである。
 そこで、二千名の皆さんの前で、言っておくべきことを言えた。まことにありがたく、夕刻に大阪に帰り、今、短文ながら、このご報告をする次第。

 やはり、菅ではだめだった。
 第一に、APECにおける我が国の国家戦略がない。
 我が国が、重点的に会うべき首脳は、ASEAN諸国にいる。ASEANのインドネシアの首脳と重点的に会談すべきである。
 そもそもASEANは、一九六〇年代の中国共産党の東南アジアへの「南下問題」の脅威から生まれた国家連合である。
 そのASEAN結成の原点を喚起し、今こそ中国の覇権主義に日本はASEANと共に対抗するとの我が国の国家戦略を、中国にカマス機会がこの度のAPECだったのだ。
 
 第二に、菅は、中国の胡錦涛にもロシアのメドベージュエフにも対抗できない未熟児だった。
 菅が彼らに会った御陰で、胡錦涛とメドベージェフの尖閣と北方領土は、中国とロシアの固有の領土と言う主張だけが国際社会に公式に残った。
 胡錦涛との会談時間、二十数分。通訳の時間を除いて実質会話五分である。これでは、相手と話したのではなく、相手の言い分を提示されただけと言うほかない。そして、中国外務省は、この菅・胡錦涛会談をハイレベルではなく低レベルの会談と位置づけている。これ、屈辱的ではないか。
 またも菅は、九月二十四日の中国船長釈放に続き、日本国と日本国民を侮辱し貶めたのだ。
 
 菅は、胡錦涛ともメドベージェフともあわすべきではなかった。何故なら、菅は、中国共産党の「手下」であり無能であり「売国奴」だからである。彼が会えば会うほど、我が国益を毀損する。

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ