大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

明治節と乃木神社

平成22年11月3日(水)

 本日、十一月三日は、玄関に日の丸を掲げ、早朝から桃山の明治天皇陵に参拝し、続いて麓の乃木神社で乃木希典閣下の霊に祈った。そして、神社拝殿横の天幕の下でなおらい。

 今日のこの日程は、仲間の皆さんが一年前から乃木神社に予約して下さった御陰で実現した。
 明治天皇陵には、たびたび参拝させていただいているが、十一月三日の参拝は初めてだった。
 御陵の前で目を閉じて皇室のご繁栄と日本国の安泰を祈った。
 すると、この明治天皇の前で、第三軍司令官報告を涙を流しながら行った乃木軍司令官のことが甦ってきたような思いがし、自然とその報告の一節をつぶやいた。
「我が将卒の常に強敵と戦い、死を見ること帰するが如く、弾に倒れ剣に倒れるもの、皆陛下の万歳を歓呼して欣然として瞑目したるは、臣、これを輻輳せざらんと欲するもあたはず・・・」
 すると、この報告をしていた乃木さんと同じように、涙が目ににじんできた。

 乃木神社を後にしようとしたとき、関西防衛を支える会の同志の皆さんと神社の前で出くわした。
 国に危機が迫っている時、みんな同じ思いで、申し合わせたように明治天皇陵に参りにきたのだなー、と思った。

 今、内憂外患と言われる。
 しかし、内は、まことに情けない低次元で打ちすぎ、外は、幕末の我が国に植民地化の危機が押し寄せたのと同じような深刻な対日攻勢の圧力を大陸諸国から受けるに至っている。
 つまり、亡国的状況である。
 この中にあればこそ、本日の晴天の下で明治天皇と乃木閣下の霊に祈ることができたことを深く感謝している。
 
 この明治節の感動的なすがすがしい一日の終わりの夜、テレビのニュースでは、「小沢氏が国会で説明するか否か」の報道が大まじめに為されていた。何故、これがニュースなのか。
 小沢氏が久しぶりに例の口調でしゃべっていた。
 お国のことがその頭にあるのだろうか。
 欲と傲慢、亡国の顔を見た。

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ