大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

明治節と乃木神社

平成22年11月3日(水)

 本日、十一月三日は、玄関に日の丸を掲げ、早朝から桃山の明治天皇陵に参拝し、続いて麓の乃木神社で乃木希典閣下の霊に祈った。そして、神社拝殿横の天幕の下でなおらい。

 今日のこの日程は、仲間の皆さんが一年前から乃木神社に予約して下さった御陰で実現した。
 明治天皇陵には、たびたび参拝させていただいているが、十一月三日の参拝は初めてだった。
 御陵の前で目を閉じて皇室のご繁栄と日本国の安泰を祈った。
 すると、この明治天皇の前で、第三軍司令官報告を涙を流しながら行った乃木軍司令官のことが甦ってきたような思いがし、自然とその報告の一節をつぶやいた。
「我が将卒の常に強敵と戦い、死を見ること帰するが如く、弾に倒れ剣に倒れるもの、皆陛下の万歳を歓呼して欣然として瞑目したるは、臣、これを輻輳せざらんと欲するもあたはず・・・」
 すると、この報告をしていた乃木さんと同じように、涙が目ににじんできた。

 乃木神社を後にしようとしたとき、関西防衛を支える会の同志の皆さんと神社の前で出くわした。
 国に危機が迫っている時、みんな同じ思いで、申し合わせたように明治天皇陵に参りにきたのだなー、と思った。

 今、内憂外患と言われる。
 しかし、内は、まことに情けない低次元で打ちすぎ、外は、幕末の我が国に植民地化の危機が押し寄せたのと同じような深刻な対日攻勢の圧力を大陸諸国から受けるに至っている。
 つまり、亡国的状況である。
 この中にあればこそ、本日の晴天の下で明治天皇と乃木閣下の霊に祈ることができたことを深く感謝している。
 
 この明治節の感動的なすがすがしい一日の終わりの夜、テレビのニュースでは、「小沢氏が国会で説明するか否か」の報道が大まじめに為されていた。何故、これがニュースなのか。
 小沢氏が久しぶりに例の口調でしゃべっていた。
 お国のことがその頭にあるのだろうか。
 欲と傲慢、亡国の顔を見た。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ