大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

訂正と補充

平成22年5月28日(金)

 直前の時事通信で、この度の韓国哨戒艦「天安」の魚雷による被爆沈没に関し、韓国哨戒艦の「油断」を指摘し、「使用された魚雷は、我が帝国海軍が使っていた魚雷よりもさらに性能が劣る代物ではなかったのか」と書いた。そして、「沈められた方も悪い」と結論づけた。
 しかし、この記述は、魚雷の性能に関する学習不足と無知による誤ったものであり、訂正いたします。
 そして、この無知の状態のまま前の時事通信を発信したことを深く反省しお詫びいたします。

 訂正
 北朝鮮が発射した魚雷は、帝国海軍が使用していたものより遙かに高性能の代物で、電池とモーターで駆動するため泡は出ず、水中を進行するためレーダーで探知できない。
 この魚雷は、撃てば直進するだけという旧来のものではなく、音響による誘導式の魚雷で近くで撃たれれば分かっていても回避するのは極めて困難である。
 さらにこの魚雷は、舷側にぶつかって爆発するのではなく、舷側装甲帯の無い艦底部2~3メートル下の水中で爆発して、その衝撃波で艦艇を破壊するものである。
 従って韓国哨戒艦「天安」は、ソナーを装備していたにもかかわらず沈められた。このことは、北朝鮮の魚雷戦能力は想像以上に高く、侮ってはならないということを示している。
 補充
 この度の韓国哨戒艦に対する北朝鮮の魚雷攻撃の成功は、我が国の海上自衛隊および海上保安庁の保有する各艦船がすべて北朝鮮の魚雷の餌食になりうることを示している。特に、国土交通省所管の海上保安庁の巡視船は、すべて北朝鮮の魚雷の餌食になり防ぐ術もなく簡単に沈められる。
 よって、「天安」沈没を切っ掛けとして、我が国は、周辺諸国の攻撃的また冒険主義的な行動を抑止するために、特に海と空の領域で対潜能力を初めとする装備の性能を一刻も早く飛躍的に向上させなければならない。この為、海上保安庁を国土交通省の所管から、防衛省傘下とすべきである。

 以上の通り訂正と補充をさせていただくが、先の時事通信における誤りを早速ご指摘いただいたのは、拓殖大学教授の荒木和博氏と工学博士の菊地英宏氏であり、その友情とご厚意に心からお礼申し上げます。

新着記事

  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…
  • 令和2年5月29日(金)
    武漢ウイルスの世界的な蔓延が始まっているなかで令和二年を迎え、我が国にもそれが蔓延してから、瞬く間に六月を迎えている。この中国の武漢を発源地とするウイルスは、感染しても潜伏期間が長く、発症しなくともそ…
  • 令和2年5月16日(土)
    後になって振り返れば、一定の目的に向かって行われた行動によって、その目的通りの結果をもたらしたように見えるが、実は、その時、そんな目的はなく、偶然にその結果がもたらされた、ということがある。サッカーを…

アーカイブ