大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

三月十日、害務大臣、頭凶大学、空襲、そして陸軍記念日

平成22年3月12日(金)

 民主主義は、「今までの政体を除けば最悪の政体だ」、と言ったのはチャーチルだと思う。当然彼はイギリス人だからイギリスの歴史を念頭においてこの話をしたと思う。
 従って、日本人である私は、日本の現状を観て、チャーチルの話に囚われることなく、今の我が国の政治は、「今までの政治を含めて最悪だ」と言いたい。この政治を生み出した選挙は、国民を国費を使って騙す最悪の詐欺のからくりであった。

 三月十日の産経朝刊一面には、外務省密約問題に関する有識者委員会(座長 北岡伸一東大教授)が、九日、日米間の四つの密約を検証した報告書を「岡田克也外務大臣」に提出したと書いてある。そして、見出しトップは「核持ち込み密約認定」、「首相(非核)三原則堅持」とある。
 この、また出てきた「東大教授」。外務大臣にも、この「有識者」にも、開いた口が塞がらない。彼らは、外務省を害務省に、東京大学を頭凶大学にしている。
 十日の朝十時に、○○国駐日大使と彼の家で会っていた。そして、イランのことを話していた。彼は言った。
「イランの核開発の問題は、全世界の問題だ。テロリストが核を使う恐怖に直結する問題だ」。そして続けて、
「私は、日本の政治に意見を言う立場ではないが、国にも人にも秘密はある。秘密のない国はない。一切の秘密を認めないならば、何もできない。外務大臣は、愚かなことをしている」
 もちろん私は、大きくうなずき同意した。

 この外務大臣と東大教授が、アホなことをしているのを受けて、内閣総理大臣たる者何をすべきか。総理大臣は、この愚行を建設的な方向に転化させる責任がある。それは、まず次のように述べることである。
「非核三原則は、過去にもなかったし今もないし未来にもない」
「先人は、あの時代状況のなかで、よく耐えて我が国の核抑止力を確保してくれた。
 しかし、今や国民は核の問題を正面から見つめるようになった。従って、政治は、正々堂々と核を議論して、もはや核をタブー視してはならない」
 そのうえで、総理大臣は、この外務大臣を解任する。そうすることで、この愚行がもたらしている我が国の国際的な信用低下を止める。以前、○○まきこというむちゃくちゃな外務大臣がいたが、岡田氏はもっと酷い。

 しかしながら、総理大臣は、非核三原則は堅持する、という。それも、害務大臣と頭凶大学教授の愚行を受けて之を言う。
 我が国西方の、中共、北朝鮮、ロシアの核が見えないのか。彼らは、たとえ全国民がその核を見ていなくとも、自らはそれを見つめ抑止する国家と国民に対する責務がある。

 三月十日、六十五年前の今日、アメリカ軍のB29による東京大空襲があった。カーチス・ルメイという軍人が、今までの軍事施設に対する爆撃から、銃後の住民を焼き殺すために考案した焼夷弾による東京の人口密集地帯に対する包囲殲滅爆撃が行われたのである。この焦熱地獄のなかで、十万人以上の女子子ども老人が焼け死んだ。
 昼、浅草公会堂で東京大空襲資料展をしていた。そして、母と子の焼死体をはじめおびただしい黒こげの人々の写真の前で、深く頭を下げて合掌した。
 硫黄島戦や東京大空襲に参加したアメリカ軍人からの聞き取りを見ると、彼らは日本人を人間と思っていなかったことが分かる。
 そして、この空襲方法を考案したカーチス・ルメイであるが、一九六〇年のキューバ危機の時にアメリカ空軍の参謀総長をしており、キューバへの絨毯爆撃を主張した。
 仮にこれが実行されておれば、アメリカに核が落ちていたと思われる。後日判明したことだが、キューバにはアメリカ偵察機が把握していた以上のミサイルが既に運び込まれていたからである。
 このカーチス・ルメイに対して、日本政府は航空自衛隊育成に貢献したとして勲章を授与している。彼に焼き殺された人、三月十日の東京だけで十万人、以後、大阪はじめ、日本のあらゆる都市への爆撃は民間人を焼き殺すために行われた。日本政府は、この無量の犠牲者の思いを知らなかったのか。

 アメリカ軍は、三月十日が陸軍記念日だと知っていて、東京を空襲した。アメリカ軍の特にマッカーサーは、フィリピンで自分を打ち破った本閒中将を自らに対する総攻撃命令発令の日に処刑し、東條英樹等七名を今上陛下(当時皇太子殿下)のお誕生日に処刑するなど、実に嫌な性癖を持っている。之は武士道に反するし、アメリカ人としての感覚からしても嫌なやつではないか。

 この三月十日、我々仲間は、東京の九段会館、昔の軍人会館において、陸軍記念日に乃木希典を語る会を開催した。
 百五年前の三月十日、我が帝国陸軍は満州の奉天においてロシア軍を破った。仮に、この日に敗北しておれば、我々は日本人として生まれてはいない。従って、この日こそ、真のナショナルデーである。
 また、乃木希典閣下は、旅順と奉天において勝利の主役となった第三軍司令官である。つまり、国家に勝利をもたらした軍人である。
 しかし、日を経るごとに、乃木閣下に対する評価を貶める風潮が濃厚になり、終に愚将とされるに至った。そして、乃木閣下に対する評価が落ちるに従って、我が国の社会も劣化した。
 血を流して日本人が国家を守った日と、国家に勝利をもたらした軍人を忘れて我が国に未来はない。
 従って、陸軍記念日に乃木さんを語る会をさせていただいた。
 私の乃木希典閣下に対する思いについては、また改めて書きたい。

 なお、運命の奉天に一番乗りをした部隊は、第四師団の大阪第三十七連隊第二大隊である。
 彼らは、明治三十八年三月十日午後五時、奉天城内に突入して高々と日章旗を掲げた。
 そして、この名誉ある部隊と同じ連隊番号を引き継いでいる連隊が今も大阪にある。
 大阪信太山に駐屯する陸上自衛隊歩兵第三十七連隊である。
 (実は、これが言いたかった。
 先日、またも負けたか八連隊と言われる通り大阪は弱かったんですねと誰かに言われた。その時、いや、大阪の兵隊は強いんだ。奉天一番乗りだと答えた。)

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ