大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

民主党大会は民青の集会だった。翌十七日の新年の連動、日本再興のため

平成22年1月18日(月)

 十六日には、民主党の党大会。十七日には大阪では「西村眞悟を応援する近畿の会」の同志が、危険人物、田母神俊雄前航空幕僚長を招いて「国政報告会」を開会してくれた。
 そして、岡山では、平沼赳夫先生の「新年互礼会」が開かれた。
 この三つの会は、全く無関係に開かれたが、日本にとっての意義は、十七日の二つの会にある。
 何故なら、二つの会は、全く連絡を取り合った訳ではないが、ともに期せずして「新しい真の保守の党を本年結成する必要がある」との認識が表明されたからである。

 十六日の日比谷における民主党大会は、馬鹿らしくて注目した訳ではないが、かいつまんだ感想を言えば、追い詰められた左翼の会だ。このような集会は、かつて大学紛争中の民青主導の集会によくあった。
 「外部の大きな弾圧勢力」を想定し、その共同幻想のもとに一致団結して「断固戦う」と誓い合う。全く馬鹿らしい民青的手法である。
 小沢氏の「側近」と会議運営手法には、民青の臭いがするので、かつて、その「知恵袋」に、「貴方は、学生時代、民青にいなかったか」と聞いたことがある。答えは、「そうです」だった。
 小沢氏も、鳩山総理大臣も、「検察の横暴と戦う」だと。
 政府与党が、つまり、行政の長と立法の多数集団が、司法検察と戦うというのか。言うまでもなく、逮捕状は、裁判所が発布して検察が執行しているのだ。
 貴君らは、三権分立を如何に解しているのか。
 この個別的事件に関して、行政と立法を盾にして戦うと党大会で合唱するとは、小沢氏と鳩山氏の頭は、国家の体制も分からない「錯乱」であると言うしかない。小沢・鳩山コンビは、亡国の錯乱か。
 小沢さん、鳩山さん、戦うなら、法を武器として一人で戦え。国家の公職を利用するな。事件は極めて個別的ではないか。法治国家の日本では、国民は総理大臣であろうが、ホームレスであろうが、等しく、法を武器として戦える。反対に、小沢だから、総理だから、特別に戦える手段は用意されていない。これが、法治国家なのだ。
 (不肖、西村はそうした。「国策捜査」だとか、検察の横暴だとか言わなかった。一人で戦った。そして、検察が国会議員の首を取るために用意した訴因において、「無罪」をいただき、検察はこの無罪に対して控訴をしなかった。現職国会議員を起訴した訴因において一審で無罪が出て検察が控訴しないのは希有である)
 それを、この十六日の両名は、大学紛争時の共産党民青のように「国家権力の横暴」にすり替えた。そして、大勢の国会議員の同調のヤジを演出した。民青的手法に従うなんと惨めな国会議員の姿か。両名は卑怯だ。
 民主党の大会は、最も精神的に脆弱で、それ故に卑怯な者達に、日本がハイジャックされていることを示したものである。

 翌、十七日、大阪と岡山では、期せずして「真の保守新党」の樹立という明るく建設的な参加者の意思が表明されたのである。
 私の大阪の会には、使命を与えられるためにチャーチルのように落選した私西村と八尾の三宅博、そして、不運にして当選してしまった民主党の議員(友人)も姿をみせた。
 以上、短文にて。

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ