大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

過ぎゆく平成二十年を、感謝して

平成20年12月31日(水)

 平成二十年が過ぎてゆきます。私にとっても忘れ得ぬ年、平成二十年です。
 本年一月九日には、私の長男の林太郎が二十六歳で、
 九月二日には兄勇三が六十三歳で相次いで天に帰りました。
そして、私は息子も兄も、永遠の安らぎのもとにいることを信じています。

 日々、発作のようにこみ上げる悲しみがありました。しかし、この中で、私は、元気に、活動を続けることができ、まことに、平成二十年は、恵み多き年になりました。
 それは、多くの皆様に励ましていただき、また、ご支援をいただいたおかげです。
 私の知っている皆様、さらに、慌ただしい街頭や車内において、私とすれ違う一瞬にも、がんばってと励ましの声をかけてくださった多くの皆様、心より、お礼申し上げます。
 まことにありがとうございます。
 皆様が、よき新年を迎えられますよう、お祈り申し上げます。

 我が国を取り巻く、内外の情勢はまことに厳しさを増しています。この中にあって、
 天皇皇后両陛下のご健勝と、
 御皇室の弥栄と、
 祖国日本再興を祈願して、がんばります。
 新年も、どうかよろしく、お願い申し上げます。

新着記事

  • 平成30年12月17日(月)
    我が国を取り巻く国際情勢のなかで、平成三十年の後半から顕著になってきたのは、アメリカと中共の確執だ。この米中確執は、最初は貿易経済面の利害対立のように見えていたが、外交安全保障問題に特化したボルトン大…
  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…

アーカイブ