大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

十月に入って街頭に出る

平成20年10月5日(日)

 十月を期して一日の午前六時三十分より、堺市泉北ニュータウンにある泉ヶ丘駅前で、通勤に向かう有権者の皆さんに朝の挨拶を開始した。
 以後、二日朝が同ニュータウンの栂美木多駅、三日が同光明池駅で朝立ち。そして、各々の日、朝立ちしてから上京して国会に臨み深夜帰宅した。
 四日の土曜日と五日日曜日は、だんじり曳行の秋祭りの挨拶回り。本日五日は午前七時の菱木神社の秋祭りの神事を皮切りに、三つの神社を巡り、合計十数台のだんじりの曳行を激励した。
 朝七時の菱木神社では神事の後で、六台のだんじりを前に次の通り挨拶をさせていただいた。
「今、厳かに神事が終わりました。わが国の秋の祭りは、日本人に生まれてよかったと実感できる大切な祭りです。本日一日、菱木神社の神々のご加護のもとに大いに元気にご活躍ください」
 
 昨日、同地区の一つのだんじり曳行中に、一人が頭を強打して意識不明になっているので、皆真剣に神事に臨んでいた。意識が戻り速やかに回復されることを切に祈る。
 この事故により、だんじりを曳行出来なくなった地区の青年団の大勢の若者は、他の地区のだんじりが通った後の路面を箒で掃除していた。この光景に感銘を受けた。

 午後二時から、久世地区の本部で多くのだんじりが「やりまわし」を披露するのを見物していた。
 本部前でスタートの合図を待つ綱を引く若者の表情をみていると、いつもながら若者のひたむきな満を持した圧縮熱を感じる。そして本年は、亡き息子と同年代の彼らの姿に、涙が出た。
 このようにして、祭りに参加する多くの人々と挨拶ができて、多くの人々に励ましていただいた鳳、津久野、毛穴、深井、久世、菱木、等々多くの地区の秋祭りが本日で終わる。
 来週は陶器地区の秋祭りだ。
 そして、明日月曜日は、また朝の六時半から中百舌鳥駅で朝の挨拶を開始する。

 以上の通り、十月一日を以て、私は二年数ヶ月ぶりに、自らに課した謹慎を解き、街頭に出た次第です。
 そして、実に多くの人々に逆に励ましていただいている日々を毎朝迎えています。
 私の郷里である堺から、誇りある国家再興・祖国日本再興のため、真の保守の政治集団を形成するための歩みは、多くの同志とともに前進あるのみです。

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ