大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

我が国の国内政治の次元と外交

平成18年10月7日(土)

 六日までの国会にいて感じることは、未だに、深刻な事態つまり我が国がおかれている実相から目を背けながら国会が運営されているいうことではなかったか。

 例えば、我が国の政治は、「多くの無辜の国民が北朝鮮に拉致されている」という事実を知らなかったのではない。そこから長年にわたって目を逸らしていただけである。
 また、この体制で阪神大震災クラスの地震が起これば、あのような惨害が発生するということは思いもよらなかったのではない。分かっていても見て見ぬ振りをして自衛隊反対と言っていただけである。
 さらに、巨額のODAの金やコメが何に使われるのかに目を逸らして中国や北朝鮮に貢ぎ続けてきた。
 このような箇々の例を挙げれば切りがないであろう。
 そして遂に、我が国は如何なる状況にあるのか、この全体としての深刻な状況から目を逸らしている事態に立ち至っているのではないか。
 この度の国会の滑り出しに際して、こう思った次第である。

 そもそも、野党であれば、昔の社会党のように自分のことを棚に上げて何でも相手をなじってよいと思いこむのは次元が低いことである。与党であっても野党であっても、いずれの立場に身を置こうとも、議員の精神に一貫して流れているのは、
国家への忠誠、祖国への愛でなければならない。
 昨日の、小泉内閣の外務大臣であった議員の質問を聴いていて特にそう思った。
 
 思い返せば、この十数年、与党が野党になれば、その翌日に完全な「社会党」になった。野党から与党になれば、その翌日に完全な「自民党」になった。そして、誰も、不思議とも思わずに自民党と社会党の一人二役の間を行ったり来たりしていた。この切り替え現象は、自民党出身議員に顕著であった。歌舞伎の衣装の着せ替えである。要するに政界に、「節操」、「廉恥」がないのである。このようにして、いわゆる五十五年体制は存続している。

 この中にあって、私は正直言って、違和感にとらわれ続けた。
何故か。私が、五十五年体制下にあって是々非々を貫こうとした「民社党」の議員だからである。
 民社党は、社会党や共産党とは厳しい一線を画して是々非々路線をとったのであるから、自民党と社会党の両翼から非難された。しかし、民社党の打ち出した福祉国家の路線と明確な国防方針は、自民党と社会党の両者から非難されたが今や我が国の大道である。このことを、誇りをもって此処に記しておく。
 
 この民社党は、平成七年に解党された。それ以後、政界には五十五年体制的与野党が主流である。
 しかし、現在私は、この主流から離れ、いわば昔の「民社党的立場」に立っている。「名誉ある立場」と思い定めて、歩ませていただきたい。先日、未だ民主党にいる変わり者の友人の議員が、自らのことを「名誉ある孤立だわー」と私に言ったが、
私は「孤立」とは言わない。既に五十五年体制の馬鹿馬鹿しい「手品」を見抜いている「祖国を愛する国民の共感」とともに歩みたい。

 さて、話を戻します。
 現在の世界の大勢は、「多極化」の方向に流れている。決して、アメリカ様一極の方向に向かっているのではない。
経済においては既にアメリカだけの世紀ではない。軍事力においても、もはやアメリカは世界を相手にできない。特に東アジアにおいてそうである。
 この中にあって、我が国は多極化の波の中に埋没して何処かの一極に吸収されていくのか。それとも、主体的に、海洋アジアに価値観を同じくする独自の極を形成する方向に向かうのか。これが、歴史的・文明論的分岐点として、我々日本の前に立ちふさがっているのである。
 
 私は、我が国は、民主主義と価値観を共有する東アジアの極を形成する方向で、名誉ある存続が確保できると確信している。
 この観点からするならば、日・米・中の関係に関して「正三角形」を唱えることが如何に反国家的かが見えるのだ。
 この正三角形論は、台湾を中国が侵略し簒奪するに任せ、結局、我が国を中国の極の中に埋没させる結果となる。論者は、分かって言っている者と、分からないまま言わされている者がある。
 この意味で、日米同盟を重視して中国訪問をひかえていた小泉総理は、結果として適切な路線を執ったといえる。

 そこで、この点に関係してくるのが、我が国の「国家としての謝罪」や総理の靖国神社参拝である。この度の本会議や予算委員会で質問していた議員に、この自覚はあったのであろうか。
答えていた総理はどうであろうか。まして、外交儀礼上は、中国側から我が国に首脳が来るべきであるのに、こちらから出向く直前である。

 はっきり言って、我が国の謝罪や靖国参拝中止は、中国から見れば我が国が中国の下位の秩序に入り、今や破綻しつつある中国共産党権力に大きな正当性を貢ぐことなのである。
 言っておくが、今の中国に於いて、我が国が中国共産党権力の正当性を強化して喜ぶ「中国人民」はいるのだろうか。共産党幹部の縁者や子弟でさえ(だからこそ)、多くは海外に貯金して海外での生活を目指し、留学生で中国に帰国するのは二割に満たない。そして中国政府があれだけ反日教育をしているのに、現在日本に帰化している外国人の半数以上が中国人である。
 
 また、韓国に関して言えば、我が国の謝罪は、ノムヒョンという余命幾ばくもないとんでもない政権の浮揚に大きな役割を果たすことになる。このことが、韓国の多くの心ある国民の目に如何に映るか。いずれにしても、政権側から感謝されるはずもないし、保守的な心ある韓国国民から恨まれる結果にもなりかねない。

 この相手の政権が背景にもつ、「戦略としての謝罪」という観点から見るならば、この度の我が国国会での謝罪に関する質疑の次元は、「悪かったと思いますか、悪くなかったと思いますか」という中学校のホームルーム的次元であった。質問する方も答弁する方も実に情けない。

 この次元だから、想像をたくましくすると、我々の日常によく現れる仲介者のように、
「ちょっと、悪かった、と一言言って頂くだけで、全て解決しますんで、以後何もありませんと相手も言っています。相手も実は困っているんです。一つ、総理助けてやってください」
と日中を行き来して総理に耳打ちしている「事情通」がいるのではないか(実は自民党内や外務省内やマスコミ内に?)。

 ともあれ、こっちの国内レベルはこの程度でも、一度外交次元になれば、中国と韓国の権力基盤と台湾を含む海洋アジアに重大な影響を与えることである。
 従って、総理には、にこにこしてかつ毅然として
「初めまして、ではいずれゆっくりと話し合いましょう」という程度で済まし、向こうの頼み事があればよく聞き置いて、
向こうが歴史認識に触れても三国志を持ち出す程度にして、
「笑って応えず」、で還ってきて欲しい。
国益がかかっているからだ。
 国内の低レベルをものともせず、国際場裏では、堂々と戦い、堂々と外交をしたのが、明治の総理・外務大臣の気概であったではないか。つまり、選ばれたものの気概だ。
 国内の次元を払拭して国家の名誉を背負って海を堂々と渡って首脳会談に臨んで来て欲しい。ゆめゆめ、謝罪すれば済むと勘違いし、
マインドコントロールされてはなりませんぞ、と申しておきたい。

 次に、この分岐点における重要なポイントは、我が国の
「核抑止力確保」の問題である。
この問題も国内では今、見て見ぬ振りをされている。
しかし国外では、前の時事通信でも触れたが、北朝鮮の核保有に関して、毛沢東の故事でも悠然と語り合ってきて欲しい。我が国の凄味をだす場面である。

新着記事

  • 平成30年12月17日(月)
    我が国を取り巻く国際情勢のなかで、平成三十年の後半から顕著になってきたのは、アメリカと中共の確執だ。この米中確執は、最初は貿易経済面の利害対立のように見えていたが、外交安全保障問題に特化したボルトン大…
  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…

アーカイブ