大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

連休が終わってみれば

平成16年5月6日(木)

 北朝鮮のシナリオにより拉致問題が動き出している

 北朝鮮の意図は、いよいよはっきりしてきた。
 つまり、横田めぐみさんはじめ十名の切り捨てと、高い見返りと交換で家族八名を日本に帰すことである。

 この北朝鮮の意図に合わせる形で、
「経済援助」と「小泉訪朝」が,永田町でささやかれ始めている。
 この流れは、大連での山崎前副総裁の会談から生まれた模様だ。
 つまり、昨年からの二元外交は、北朝鮮から見て効果をあげてきたというわけだ。

 さて、我が国は、横田めぐみさんはじめ特別失踪者を入れれば百名を超す日本人被害者を見捨てて,北朝鮮に「経済援助」できるのか。
 国民は,これを認めるのか。
 さらに、小泉総理は、百名を超す日本人被害者を見捨てて、家族八名を連れて北朝鮮から日本に戻るつもりなのか。
 小泉総理はこれができるのか。国民がこれを許すのか。

 今国内で盛んに発言している者の発言内容は、北京や大連で日本の議員と会談し先に日本のマスコミを呼びつけてインタビューをした北朝鮮チョンテファ大使の発言内容と同じなのだ。これに乗せられてはならない。
 よって、正念場が近い。
 二元外交から入ってきた日本人切捨ての北朝鮮謀略に,嵌り込み、経済援助をしたり小泉総理を再びピョンヤンに行かせてはならないのだ。断じて根競べに負けてはならない。

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ