大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

連休が終わってみれば

平成16年5月6日(木)

 北朝鮮のシナリオにより拉致問題が動き出している

 北朝鮮の意図は、いよいよはっきりしてきた。
 つまり、横田めぐみさんはじめ十名の切り捨てと、高い見返りと交換で家族八名を日本に帰すことである。

 この北朝鮮の意図に合わせる形で、
「経済援助」と「小泉訪朝」が,永田町でささやかれ始めている。
 この流れは、大連での山崎前副総裁の会談から生まれた模様だ。
 つまり、昨年からの二元外交は、北朝鮮から見て効果をあげてきたというわけだ。

 さて、我が国は、横田めぐみさんはじめ特別失踪者を入れれば百名を超す日本人被害者を見捨てて,北朝鮮に「経済援助」できるのか。
 国民は,これを認めるのか。
 さらに、小泉総理は、百名を超す日本人被害者を見捨てて、家族八名を連れて北朝鮮から日本に戻るつもりなのか。
 小泉総理はこれができるのか。国民がこれを許すのか。

 今国内で盛んに発言している者の発言内容は、北京や大連で日本の議員と会談し先に日本のマスコミを呼びつけてインタビューをした北朝鮮チョンテファ大使の発言内容と同じなのだ。これに乗せられてはならない。
 よって、正念場が近い。
 二元外交から入ってきた日本人切捨ての北朝鮮謀略に,嵌り込み、経済援助をしたり小泉総理を再びピョンヤンに行かせてはならないのだ。断じて根競べに負けてはならない。

新着記事

  • 平成30年12月17日(月)
    我が国を取り巻く国際情勢のなかで、平成三十年の後半から顕著になってきたのは、アメリカと中共の確執だ。この米中確執は、最初は貿易経済面の利害対立のように見えていたが、外交安全保障問題に特化したボルトン大…
  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…

アーカイブ