大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

連休が終わってみれば

平成16年5月6日(木)

 北朝鮮のシナリオにより拉致問題が動き出している

 北朝鮮の意図は、いよいよはっきりしてきた。
 つまり、横田めぐみさんはじめ十名の切り捨てと、高い見返りと交換で家族八名を日本に帰すことである。

 この北朝鮮の意図に合わせる形で、
「経済援助」と「小泉訪朝」が,永田町でささやかれ始めている。
 この流れは、大連での山崎前副総裁の会談から生まれた模様だ。
 つまり、昨年からの二元外交は、北朝鮮から見て効果をあげてきたというわけだ。

 さて、我が国は、横田めぐみさんはじめ特別失踪者を入れれば百名を超す日本人被害者を見捨てて,北朝鮮に「経済援助」できるのか。
 国民は,これを認めるのか。
 さらに、小泉総理は、百名を超す日本人被害者を見捨てて、家族八名を連れて北朝鮮から日本に戻るつもりなのか。
 小泉総理はこれができるのか。国民がこれを許すのか。

 今国内で盛んに発言している者の発言内容は、北京や大連で日本の議員と会談し先に日本のマスコミを呼びつけてインタビューをした北朝鮮チョンテファ大使の発言内容と同じなのだ。これに乗せられてはならない。
 よって、正念場が近い。
 二元外交から入ってきた日本人切捨ての北朝鮮謀略に,嵌り込み、経済援助をしたり小泉総理を再びピョンヤンに行かせてはならないのだ。断じて根競べに負けてはならない。

新着記事

  • 令和4年7月4日(月)
    冒頭にドイツの法哲学者イエリング(一八一八~一八八二年)の次の警告を記しておく(同人著「権利のための闘争」より)。「隣国によって一平方マイルの領土を奪われながら、膺懲の挙にでない国は、その他の領土をも…
  • 令和4年6月3日(金)
    十六世紀後半、イギリスはスペインとの海戦に明け暮れていた。その時、エリザベス一世が君臨するイギリスの海賊にして海軍提督のフランシス・ドレイク(キャプテン・ドレイク)は、イギリスの防衛ラインを、イギリス…
  • 令和4年6月1日(水)
    ロシア・ウクライナ戦争は、本年二月二十四日に始まり、既に三ヶ月以上続いている。当初アメリカの軍事筋は、ウクライナの首都キーウは、ロシア軍の侵攻開始から三日で陥落すると伝えていた。おそらく、この予想に基…
  • 令和4年4月25日(月)
    まず冒頭に、現在(令和四年四月)進行中のロシア軍のウクライナに侵攻で始まった戦争が、我らに与えている教訓について記しておきたい。ウクライナはソビエト崩壊後には世界第三位の核兵器備蓄国であり現在中共が動…
  • 令和4年4月25日(月)
    我が国がもつ神武創業の際に掲げた「八紘為宇」の志が、開国・明治維新を経て、如何にしてアジアに、さらに欧州諸民族に広がったのか、その軌跡を、その地域で仕事をした情報将校の視点から概観したい。我が国の陸軍…

アーカイブ