大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

連休が終わってみれば

平成16年5月6日(木)

 北朝鮮のシナリオにより拉致問題が動き出している

 北朝鮮の意図は、いよいよはっきりしてきた。
 つまり、横田めぐみさんはじめ十名の切り捨てと、高い見返りと交換で家族八名を日本に帰すことである。

 この北朝鮮の意図に合わせる形で、
「経済援助」と「小泉訪朝」が,永田町でささやかれ始めている。
 この流れは、大連での山崎前副総裁の会談から生まれた模様だ。
 つまり、昨年からの二元外交は、北朝鮮から見て効果をあげてきたというわけだ。

 さて、我が国は、横田めぐみさんはじめ特別失踪者を入れれば百名を超す日本人被害者を見捨てて,北朝鮮に「経済援助」できるのか。
 国民は,これを認めるのか。
 さらに、小泉総理は、百名を超す日本人被害者を見捨てて、家族八名を連れて北朝鮮から日本に戻るつもりなのか。
 小泉総理はこれができるのか。国民がこれを許すのか。

 今国内で盛んに発言している者の発言内容は、北京や大連で日本の議員と会談し先に日本のマスコミを呼びつけてインタビューをした北朝鮮チョンテファ大使の発言内容と同じなのだ。これに乗せられてはならない。
 よって、正念場が近い。
 二元外交から入ってきた日本人切捨ての北朝鮮謀略に,嵌り込み、経済援助をしたり小泉総理を再びピョンヤンに行かせてはならないのだ。断じて根競べに負けてはならない。

新着記事

  • 平成31年3月24日(日)
    先の三月二十二日付け「時事通信」「火山の噴火口の上にいるのが分からんのか」に続き、戦後の連合軍による占領下で誕生した「日本国憲法」を如何にするか、について記すことにする。まず、二月二十一日付けの「時事…
  • 平成31年3月22日(金)
    我が国の現在のマスコミの報道内容と政界の議論を見ていると、アメリカと中共との対立は、景気判断の範疇における米中摩擦が世界経済に与える「景気減速要因」という次元・レベルでとらえられている。その上で、安部…
  • 平成31年3月12日(火)
    昨日と一昨日を振り返れば、この二日間は、戦いにおける将兵の戦死、戦いにおける民間人の殺戮そして、地震と津波による死者これら多くの人が亡くなった日として記憶されねばならない。明治三十八年(一九〇五年)三…
  • 平成31年3月11日(月)
    本日三月十一日は、八年前に、東日本大震災と巨大津波が東方地方太平洋側を襲った日である。死者は一万五八九七人、行方不明者は二千五三三人。それ故、マスコミは、全国での追悼慰霊の様子を伝え、被災者と被災地の…
  • 平成31年3月9日(土)
    千数百年以上まえから只今現在まで、同じことが繰り返し起こる朝鮮半島は、我が国にとって、不安定で厄介なところである。斯くして、現在、平成三十一年の二月の末、北朝鮮の労働党委員長という肩書きの三代目の独裁…

アーカイブ