大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

北条泰時と明恵上人の叡知に学び本来の憲法を取り戻す

令和3年6月14日(月)

如何なる形態であれ、国家があれば、
そこに、その国家の「あり方」を示す憲法がある。
その憲法には、
憲法典として紙に書かれた「形式的意味の憲法(成文憲法)」と
憲法典として紙に書かれていない「実質的意味の憲法(不文憲法)」の二種類がある。

アメリカは、イギリスの植民地であったが、
本国の課税に対する不満から一七七六年独立を宣言し、
独立戦争を経て一七八七年にアメリカ合衆国憲法を制定して今日に至る。
このアメリカの母国であったイギリスには成文憲法はなく、
一二一五年のマグナ・カルタを基本的な法源とする「不文憲法」がある。
すなわち、アメリカには
「形式的意味の憲法」があって「実質的意味の憲法」はなく、
イギリスには
「実質的意味の憲法」があって「形式的意味の憲法」はない。
アメリカに限らず、近現代に革命や戦争の後に建国された国は、
ソビエト連邦や中華人民共和国のように
建国以前の規範を殺戮によって否定して建国したのであるから
「形式的意味の憲法」があるが「実質的意味の憲法」はない。
これで明らかなように、
「紙に書かれた憲法典」が登場するのは近現代に入ってからだ。
我が国も明治二十三年(一八九〇年)に
大日本帝国憲法が施行され「形式的意味の憲法」をもつ国になった。
しかし、我が国は、この大日本帝国憲法を持つ以前から、
神話にある神武創業以来の「実質的意味の憲法(不文憲法)」を保有し、
その不文憲法を憲法典に顕した希有の国だということを没却してはならない。
それ故、慶応三年(一八六八年)十二月九日に、
明治天皇が発せられた「王政復古の大号令」は、
厳然と「神武創業之始めに原(もとづ)く」と宣言されている。 

振り返れば、古代ギリシャや古代エジプトも「神託」が不文憲法の法源であった。
ギリシャのデルフォイの「アポロンの神託」は、
ギリシャ諸国家を統治する「不文の憲法」であった。
この古代ギリシャと同様に、日本は、
「アポロンの神託」と同時期の
「天照大御神の天壌無窮の神勅」による天皇を、
現在に至るまで百二十六代に渡り、国家統治の中枢とする国家なのだ。
このことを、
平成から令和への御代替わりにおいて為された、
大嘗祭や四方拝という宮中祭祀を、目の当たりに見た我々は、
世界の諸民族の中で、
我が日本のみが太古からの神勅という
「実質的意味の憲法(不文憲法)」によって運営されている
世界唯一の「とてつもない近代国家」であることを確認したのだ。
そのうえで、
現在の我々が抱える問題について述べる。
それは、「アポロンの神託」とほぼ同時期の
「天照大御神の天壌無窮の神勅」を不文の憲法として現在に至る我が国に、
昭和二十年九月二日から七年間、
我が国を占領統治していた連合軍総司令部(GHQ)民政局の
二十五人のアメリカ人メンバーが
昭和二十一年二月四日から十二日までの間に書いて、
天皇によって同年十一月三日に公布され翌年五月三日に施行された
「日本国憲法と題する文書」
を如何にするかである。

即ち、只今、現在の我が国の存亡がかかる歴史的大転換期に、
我が国家共同体の「根本規範」は何か、
「天照大御神の天壌無窮の神勅」を不文憲法として現在に至る歴史と伝統か、
それとも、
昭和二十二年五月三日に施行された占領軍のアメリカ人が書いた
「日本国憲法と題する文書」なのか、
我が国家の存続のために、これを明確にしなければならない。
如何にしてこれを為するか、
先人が叡知に基づいて実践した先例を次に記したい。

私は、昭和四十一年の高校三年の夏、
和歌山県由良町にある臨済宗の禅寺である興国寺で過ごした。
親には、大学受験勉強に没頭すると言って寺に出向いた。
しかし、受験勉強は二日間で
三日目からは、老師に公案をもらい、朝は四時に起きて鐘を打ち、
それから座禅、次に掃除や労務、そして一日の終わりは座禅の後に酒
という生活サイクルに入った。
その間、西の山道を上がって峠を越えて衣奈海岸に下りて
湯浅湾とそこに浮かぶ島々を眺めた。
目の前に黒島が浮かび北に雁島そして藻苅島に続く。
その光景は今も目に焼き付いている。
それから十数年後、
約八百年前に、
由良町の北の湯浅町の海岸沿いの白上山の頂に建てた粗末な庵から
同じ湯浅湾と島を眺めて修行を続け、
晩年、若き日に一人で上陸して籠もった雁島が恋しくて耐え難く、
京都の栂尾高山寺から、雁島に恋文を書き、
修行中に雁島で拾った小石を終生持っていた明恵上人のことを知った。
明恵上人は、雁島に上がってこれを読み上げておくれ、
と言って恋文を使者に託したという。

明恵上人(一一七三年~一二三二年)は、
湯浅湾の北端に流れ込む有田川の中流域で武家の子としてうまれた。
八歳の時に、母は病死し父は源平の騒乱で東国において戦死した。
そして、京都の神護寺に預けられ仏門に入る。
しかし、二十~三十歳代の約十年間、
寺から出て紀州に戻って湯浅湾に面する白上山に入り、
自分で右の耳を切り落とす激しい修行に打ち込み、
三十三歳の頃、後鳥羽上皇から栂尾の地を下賜され京都に戻った。
そして、ますます鎮護国家を掲げる華厳密教の修行に打ち込む。

承久三年(一二二一年)、
後鳥羽上皇は武士団に鎌倉討伐の院宣を下し、
鎌倉の執権北条義時の武士団と激突する「承久の乱」が勃発した。
この乱は、西日本を統治する京都の旧体制と
鎌倉を中心とする東国の新興武士団の初めての激突だった。
とはいえ、
鎌倉武士団は、
尊い伝統的な権威である上皇の院宣に刃向かうことを素朴に恐れた。
その恐れる武士団の前に
執権義時の姉で故源頼朝の妻政子が姿を現し叱咤した。

「さて皆の衆、心を一つにして承るように。これが最後の言葉です。
故殿が、朝敵を討伐し関東を草創して以来、
官位といい、俸禄といい、その恩はすでに山よりも高く、海よりも深い、
その恩に報いる思いが浅いはずはありませぬ。
日本国の侍たち、昔、三年の大番、朝廷から京の警護を命じられると
生涯の重大事と思い、大勢の家来たちに至るまで晴れがましく装って出かけた。
しかし、三年が終り関東に帰るとき力が尽き、着るものも、ろくろく揃えられず、
家来たちは裸足でやっと帰着していたものでした。
そのような状態を哀れと思われた故殿は、朝廷と交渉され、
諸人が助かるように取り計らっていただきました。
これほど御情け深く尽力した御志を忘れ、
京に参るか、留まるか、只今、この場で確かに決めなさい!」
この頼朝の妻政子の言葉に、武士たちのなかには涙を流す者多く、
「心なき鳥獣でさえ、恩を忘れぬと承ります。
代々御恩を被りましたからは、いかなる野の末、道の辺までも行き向かい、
都に向かって屍をさらしましょう。」と誓った。
そして、義時の長男泰時が、まず少人数で東海道を京に向かう。
しかし、泰時は、藤沢から単騎で鎌倉に駆け戻ってきて父義時に尋ねた。
「父上、もし後鳥羽上皇が兵を率いて前線に出てこられたらどうしましょうか?」
義時は、答えた。
「御自身出陣の折は、院の御輿に弓を引くことはならぬ。
かぶとを脱ぎ、弓の弦を切って身を任せ奉れ。
院が出陣しないで都にいて、諸将に軍兵を預けた際は、徹底して戦え。」
以上は、吾妻鏡によるが、
当時の朝廷の権威の強さがうかがえる話である。

鎌倉方は、この義時の長男泰時(一一八三年~一二四二年)を総大将とする
総勢十九万の武士団が、東海道、東山道そして北陸道の三手に別れて西に向かい
勢多で合流した。
果たして後鳥羽上皇は前線に出馬されなかった。
よって、泰時は総攻撃を命じ 上皇方武士団は潰滅した。
京都になだれ込み、追撃戦に入った十数万の鎌倉方の東国武士たち全員の腰には、
討ち取られた上皇方武士の首がぶら下がっていたという。

明恵上人は、栂尾山中に逃げ込んだ大勢の上皇方武士を匿った。
捕らえた明恵上人を、高僧とみた鎌倉方の兵が、
泰時の前に明恵上人を引き立てたとき、
明惠上人は、泰時に言った。
我が山では、鳥獣も猟師に殺されることはない。ましてをや人間は殺されるはずがない。
これがダメなら私の首を斬られよ、と。
明恵上人は、無私無欲の人で清廉であり、世俗権力、権勢を恐れることはいささかもなかった。
この明恵上人の、
鎌倉方総司令官にして直後に第三代執権になる北条泰時の前で示した毅然たる態度は、
価値観の相剋する狂気に似た殺戮戦の中で、命をかけて人間の持つべき変わることのない
普遍的で根源的な道理を示したものである。
ここから、明恵上人と執権北条泰時の魂の交流が始まる。

承久の乱の後十年以上の歳月は、
上皇方の勢力から取り上げた三千箇所以上の広大な領地の分配と、
奈良時代からの律令によって形成された京都の社会規範と
新興の東の武士団との文化的また利害が絡む相剋に、
執権北条泰時と弟の六波羅探題の重時は忙殺される。
この混乱の中で、明恵上人は、
北条泰時の統治思想の形成に大きな影響を与え続けた。
それは、殺戮の現場での初対面において、
明恵上人が毅然として示した「人間の道理」である。
その上で、北条泰時は、
我が国の歴史における画期的な「御成敗式目」を制定する。

貞永元年(一二三二年)、北条泰時は、
聖徳太子が大宝律令や養老律令が制定される百年前に発した
十七条憲法(六〇四年)を基軸に、
その三倍の条文をもつ五十一条からなる武士のための御成敗式目を制定する。
その制定の目的を泰時は、
京都の六波羅探題である弟の重時に次のように書き送った(「泰時消息文」)。
「京には律令というのがあるが、我らの五千人に一人もそれを読めない。
従って、この律令に裁かれれば、
山に入って猟師の仕掛けた罠の穴に落ちるようなものだ。
よって、我らは、読めない律令ではなく、
我らの慣習や伝統そして頼朝殿の裁定によって、これからも生きてゆく。」

つまり、御成敗式目とは、
我が国の歴史と伝統の中にある規範(慣習法)と
頼朝殿の裁定(判例法)を法源とする「不文憲法」なのだ。
これは、イギリスの不文憲法が
慣習・習律(custom・convention)と
判例法(case law)を主要法源とするのと同じだ。

そこで我々が現在の北条泰時であればどうするか?!
泰時と同様に、如何なる「消息文」を書くか。
私は、泰時と同じく、次のように宣言したい。

「戦後日本には、『日本国憲法』という文書があるが、
これを書いたアメリカ人たちは、
日本は、
戦争を放棄して軍隊を保有しない、
交戦権は認めない、
そして、
平和を愛する諸国民を信頼したら平和になるとしている。
あほらし、深刻に考える必要もない。
こんな文書で律せられれば、
国民が拉致されることも、
国土が奪われることも、
ミサウルを打ち込まれることも、
防ぎようがなく、
周辺諸国のしたい放題で、我が国は亡国に至るほかないやないか。
事実、現実は平和どころか、
我が国は、北朝鮮に、おそらく一千名を超える多数の国民が拉致されるのを
防ぐことも出来ず救出することも出来ない。
韓国に竹島という領土を奪われたまま奪還することもできない。
中共に、まさに尖閣諸島を奪われんとしているのに、
軍艦を出して防衛しようとはしていない。
我が国の廻りには、平和を愛する諸国家はない。
核弾頭ミサイルを実戦配備している国三つと、
反共だと思っていたら反日の国一つだ。
従って、憲法九条のお陰で、
北朝鮮は安心して日本人を拉致し、
安心して我が上空にミサイルを飛ばすことが出来る。
即ち、北朝鮮による日本国民の拉致と我が国の上空を飛ぶ北朝鮮のミサイルは、
『日本国憲法』が生みだしているのだ。
よって、我らは、国家と国民を守る為に、
これからは、あほくさい『日本国憲法』ではなく、
それ以前の、
ご先祖と無量の英霊が、日本を守り通してくれた尊い原則に戻って
祖国日本を守りぬき
神武天皇の御創業の目的である
『八紘為宇』すなわち『万民保全の道』を拓いてゆく。」

以上、「月刊日本」誌への投稿文に加筆したもの。

新着記事

  • 令和3年7月15日(木)
    ロシアのバルチック艦隊を対馬沖で迎撃し殲滅した1905年5月27日の日本海海戦から百周年に当たる2005年以来、毎年5月27日に対馬を訪れていたが、武漢ウイルス蔓延により、ここ二年間、5月27日に対馬…
  • 令和3年7月1日(木)
    七月の中旬に梅雨が明け、八月にはいると、お盆で、戦没者慰霊の日がくる。そこで、現在の我々日本人が、未だ我が国を占領していたGHQに洗脳された通りに、自らの思考を停止していることを指摘しておかねばならな…
  • 令和3年6月18日(金)
    六月十八日(本日)の産経新聞朝刊の「正論」は、竹内久美子さんの「皇統途絶えさせる議論危惧する」と題するまさに時宜にかない秀逸で貴重な論考を掲載している。何故、貴重か。それは女性である竹内久美子さんが……
  • 令和3年6月14日(月)
    如何なる形態であれ、国家があれば、そこに、その国家の「あり方」を示す憲法がある。その憲法には、憲法典として紙に書かれた「形式的意味の憲法(成文憲法)」と憲法典として紙に書かれていない「実質的意味の憲法…
  • 令和3年5月6日(木)
    本年五月三日の「いわゆる憲法記念日」には、自宅の玄関に「日の丸」を掲げなかった。その理由は、昭和二十二年五月三日に施行された「日本国憲法」と題する文書は、「日本の憲法」ではないからだ。安倍内閣の頃から…

アーカイブ