大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

我が国土尖閣は、我が国が守る!なんたる電話会談か

令和2年11月13日(金)

今朝(十三日)の新聞一面を見て、
少々、苦々しい思いがするので、やはり書いておく。
その一面に大書されているのは
「バイデン氏、尖閣に安保適用確約 首相と電話会談」
この電話会談は
「日本側から求め、約15分間行われた。」と記されている。
そして、同席した官房長官と外務省が、記者に報告した会談内容が書いてある。
それを読売新聞は
日米関係全般、尖閣防衛、国際的な課題(ウイルスなど)への対処、日本人拉致問題
と報道し、産経新聞は、さらに加えて
「バイデンと女性初の副大統領ハリスへの祝意伝達」とある。
通訳をいれた15分間の会談で、
これだけしゃべれるわけねえだろう、と思うが、
それはともかく、
何故、苦々しい思いがするのか書いておく。

第一に、
現在のアメリカの大統領はトランプ氏であり、
その任期は来年一月二十日までだ。
現在のバイデン氏は、
アメリカメディア界のほとんどを占める左翼メディアのキャンペーンに乗って、
選挙管理委員会の正式発表を待たずに「勝利宣言」をして、
各国首脳との電話会談などの
「当選」の越権的既成事実を積み上げているに過ぎない。
つまり、焦っているのだ。何故、焦っているのか。
大統領選挙に大規模な世紀の不正があったことが明らかだからである。
従って、
この度の菅総理側(日本側)からのバイデンに対する電話会談の申し入れは、
極めて不適切であり危険な火遊びである。
我が日本が、アメリカの左翼メディアとリベラルのキャンペーンに乗って
バイデンの越権的既成事実積み上げの手伝いをする必要がどこにある!
現在、トランプ現大統領が、
一月の「大統領を決める下院議員選挙」で
大統領に再選される道がまだ閉ざされてはいない。
バイデンが、「尖閣に日米安保適用」と言ったことを喜んでいる菅内閣よ、
中共(中国人)は、相手の「虚を突いて目的を達する」ことを常とするのだ。
明日、中国軍が、我が国の海上保安庁の巡視船を撃沈してから、
上陸用舟艇で陸兵を魚釣島に上陸させてきたらどうする。
トランプ現大統領に、
「日米安保適用?あれは、バイデンという野郎(爺)が言ったことで、
俺が言ったことではねえ」
と言われたらどうする。

そこで、もう一つ、
苦々しく思ったことを記しておく。

我が国の総理大臣たる者、
まだ、大統領になっていない男と、
何と情けない会話をしてくれたのか!
そもそも、
我が国土は、我が国が守るんだ。
即ち、総理大臣たる者は、
断固として、つまり命を懸けて、尖閣を守る責務を国家から付与されている。
その我が国の総理大臣が、
たった十五分の電話会談で、
大統領になっていない、会ったこともない他国の男に
「尖閣を守ってやる」
と言われてホッと安心するなよ!
マスコミも、菅氏と外務省の手柄みたいな報道をするな。
この状態を中共に晒していたら、本当に中共がくるぞ。

今朝の「尖閣、日米安保適用」の大見出しをみて、
菅内閣も、安倍内閣までの従来通り、
尖閣防衛を、アメリカさんが来てくれると信じて、
海上保安庁の巡視船に任せたままの体制でいけると安堵したのかと
苦々しく思った次第だ。
そこで、再び、言っておく。

菅総理大臣、
この年末から年始にかけてが、一番危ない。
海保の巡視船に任せる従来の惰性、即ち、中国海警局の公船(つまり軍艦)が
連日、我が国の領海と接続海域に遊弋し続けているのに、
それを断固として阻止することが出来ない体制から脱却し、
陸海空自衛隊を以て国土である尖閣防衛体制に入られよ。
尖閣領空に侵入する中国軍機、
領海に侵入する中国軍艦艇
に対する交戦規定(ROE)を
現場の自衛隊各部隊に徹底させられよ。

アメリカが大統領選挙の混乱の渦中にある今こそ、
決断する時だ。
断ずるに当たって断じざれば、却ってその乱を受く!
平和を望むならば、戦に備えよ!

新着記事

  • 令和2年11月13日(金)
    今朝(十三日)の新聞一面を見て、少々、苦々しい思いがするので、やはり書いておく。その一面に大書されているのは「バイデン氏、尖閣に安保適用確約 首相と電話会談」この電話会談は「日本側から求め、約15分間…
  • 令和2年11月4日(水)
    我が国の國體の淵源である一万四千年間の縄文時代を見つめ、さらに旧石器の時代に、ユーラシアの西から日本に辿り着くまで、何世代にもわたって太陽の昇る旭日の東に向かって移動し続けた先祖のことに思いを巡らせて…
  • 令和2年10月23日(金)
    不文の憲法こそ我が国の憲法だまず、私が体験したこと、次に危機において全国民が目の当たりに見た天皇の御存在、さらに先帝陛下の御譲位と新帝陛下の践祚から大嘗祭そして元旦の四方拝までを語る。その眼目は、我が…
  • 令和2年10月20日(火)
    映画「めぐみへの誓い」は、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんと父横田滋さん母早紀江さんの苦闘を描き、国家の責務と我ら国民同胞の任務を描く。昨日、十月十八日、大阪天神橋六丁目にあるホールで、昭和五十二年十…
  • 令和2年10月13日(火)
    この度の「日本学術会議」問題が我が国を狂わしている深刻な危機の一端を見せている。それは、「現在に生きる謀略」!即ち、「コミンテルン指令」!の現実化だ。このことについて、記しておきたい。ソビエトのスター…

アーカイブ