大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

安倍総理、新型コロナウイルスと闘うということは、習近平と闘うということだ!

令和2年2月20日(木)

二月十九日の「今、歴史の大転換期 日本のルネッサンス期だ」
と題する「時事通信」の冒頭、うっかり
「新型ノロウイルス」と書いたが、
「新型コロナウイルス」が正しい。
とはいえ、
感染症の専門家なら、「ノロ」とか「コロナ」とかの名称で、
的確にウイルスの素性が分かるのだろうが、大半の人々には名前の由来が分からん。
分かり易いのは、ウイルスの発祥地、発源地だ。
かつての「スペイン風邪」はスペイン発祥ではなかったようだが
その時代の記憶にぴったり重なる名前だ。
そこで、
文化人類学という学問の領域があるので、
そこに、「人種とウイルス」という領域をつくり、
「支那1号ウイルス」とか「支那2号ウイルス」とか、
発祥した地域とそこの人間集団にちなんだ命名をしてはどうか。
そして、その地域の人間集団において、
何を喰って度々「人獣共通のウイルス」が出現するのか確定すべきだ。

ところで、
この度の武漢発祥型コロナウイルスの我が国内の感染拡大であるが、
明らかに、我が国安倍内閣の初期防疫体制構築のミスだ。
当初、中共当局は、
「人には感染しない」と表明していた。
今となっては、
よくもまあ、ええかげんなことを、ぬかしたなあ!
と怒らねばならない。
しかし、アメリカは、その中共の言い訳を無視して、
いちはやく独自の判断で対中共全面渡航禁止措置を実施した。
中共政府報道官は、アメリカのこの措置を非難した。
これに対して、
その時、我が日本政府つまり安倍内閣は、
まるで中共当局に迎合した如く、
中共に非難されるのを恐れるが如く、
アメリカのように独自の判断をして全面渡航渡来中止をしなかった。
従って、まさにこの時、
今、和歌山や北海道や沖縄等々で感染者を出しているコロナウイルスが
中共から持ち込まれていたと思われる。
安倍内閣は、
嘘見え見えの「人には感染しない」から始まる中共の発表を待って
つまり中共のご機嫌を伺って対策を執ろうとしていたのではないか。
あたかも、
中共に非難されるような対策をとれば、
習近平側から国賓取り消しの通告を受けたら大変だ、と言わんばかりに!
反対ではないか。
受け入れる我が国の方から、
国賓は中止
と、中共に伝達すべきである。
しかし、安倍内閣に、今も、その気配もない。馬鹿か。

さて、この度のウイルスの発症源は中共であるが、
現在の我が国の状況を前提にして言えば、
陸上の感染者に加えて、我が国の岸壁に接岸しているクルーズ船
「ダイヤモンド・プリンセス」内の感染者数を総合すれば、
我が国が、中共に次ぐコロナウイルスの
第二の発症源と世界から認識されかねない。
特に「ダイヤモンド・プリンセス」内の大量集団感染は、
同船に欧米諸国の多くの国民が乗っているのであるから、
日本に対する各国の非難を産み出しかねないし、
日本への渡航自粛、渡航制限を自国民に通告する国が出てくるし、
日本航空機や全日空機が海外で着陸を拒否される事態がありうる。

この度のウイルスは、
人の身体だけではなく、
中共の習近平独裁体制を大きく揺すぶり
独裁体制を弱めさらに中国共産党を崩壊させる方向に進む。
そして、同時に、
こともあろうに、そのおぞましい習近平を
国賓として我が国に迎えようとしている
安倍晋三を習近平と同じ運命に引きずり込もうとしている。
自業自得とは言え。


さらに、事ここに至っているのだから、
異なる観点からも注意を喚起しておきたい。
それは巨大クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船籍が
イギリスであるということだ。
これは即ち、旗国主義に基づき、
「ダイヤモンド・プリンセス」内はイギリスの領土であることを意味する。
そこで、安倍内閣に注意を喚起しておく。
それは、アングロサクソンは、
「他に責任をなすり付けるのが実に上手いぞ」
ということだ。
イギリス軍の捕虜収容所に入れられた会田雄次の
「アーロン収容所」を読み直してみたらよい。
「ダイアモンド・プリンセス」船内から
これだけの集団感染を出しているし、これからも感染者は増えるのだから、
船内の防疫態勢、検疫態勢の不備とずさんさに対する
国際社会からの批判は必ず高まる。
その時、旗国であるイギリスは、自らの責任を免れる為に、
同船が接岸している日本に、
責任の総てをなすり付けるようにするだろう。
安倍内閣は、これに対抗し、安倍内閣ではなく、
「日本の名誉を守る」
という観点において、
断じて敗北しないと決意すべきだ。


とはいえ、
安倍晋三君、大丈夫か?!
未だに例の花見前夜の宴会について、
ANAホテルと安倍さんの見解が食い違うとか、
アホな野党相手に、何時までも、何をだらだらと!
またウイルスに関する重大会議の時に、
地元後援会の酒席に出席していた閣僚がいるとか。
安倍さん、その若造に、
コラ!アホかお前、酒席にでるな、子守をしておけ!
と一喝したらどうか。

新着記事

  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…
  • 令和2年5月29日(金)
    武漢ウイルスの世界的な蔓延が始まっているなかで令和二年を迎え、我が国にもそれが蔓延してから、瞬く間に六月を迎えている。この中国の武漢を発源地とするウイルスは、感染しても潜伏期間が長く、発症しなくともそ…
  • 令和2年5月16日(土)
    後になって振り返れば、一定の目的に向かって行われた行動によって、その目的通りの結果をもたらしたように見えるが、実は、その時、そんな目的はなく、偶然にその結果がもたらされた、ということがある。サッカーを…

アーカイブ