大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

救国とは単純な思想の実践だ!

令和1年10月16日(水)

「偉大な結果をもたらす思想とは、常に単純なものだ」
と、ロシアの作家トルストイが「戦争と平和」のなかで述べている。

では、東アジアの情勢が動乱にむかう現下の我が国における、
「偉大な結果をもたらす単純な思想」
とは何か。
それを、
ともに、十九世紀に生きた日本人三人とドイツ人一人が既に語っている。

○吉田松陰  安政六年十月十一日記、十一月二十一日斬首
天照の神勅に日嗣之隆與天壌無窮と有之候ところ、
神勅相違なければ日本は未だ亡びず、
日本は未だ亡びざれば正気重ねて発生の時は必ずあるなり。
只今の時勢に頓着するは
神勅を疑ふの罪軽からざるなり。

○西郷南洲 「西郷南洲遺訓」
正道を踏み國をもて斃るるの精神無くば、
外国交際は全かる可からず。
彼の強大に畏縮し、円滑を主として、曲げて彼の意に従順する時は、
軽侮を招き、好親却って破れ、終に彼の制を受るに至らん。

國の陵辱せらるるに當ては、
縦令國を以て斃るる共、
正道を践み、義を盡すは政府の本務也。

○福沢諭吉 「学問のすすめ」
理のためにはアフリカの黒奴にも恐れ入り、
道のためには英吉利、亜米利加の軍艦をも恐れず、
國の恥辱とありては、
日本国中の人民一人残らず命を捨てて國の威光を落とさざることこそ、
一国の自主独立とは申すべきなり。

人の一身も一国も、天の道理に基づきて不羈自由なるものなれば、
若し此一国の自由を妨げんとするものあらば、
世界万国を敵とするも恐るるに足らず。

○ルドルフ・イェーリング  「権利のための闘争」
隣国によって一平方マイルの領土を奪われながら、
膺懲の挙に出ない国は、
その他の領土をも奪われてゆき、
ついに領土を全く失って国家として存立することをやめてしまうであろう。
そんな国民は、このような運命にしか値しないのだ。

新着記事

  • 令和2年2月25日(火)
    教育と国防に関して記しておきたい。我が国を軍事占領していたGHQ(連合軍総司令部)が、日本を弱体化したまま固定するという日本占領統治目的の為に書いた「日本国憲法」を「日本の憲法」とする「戦後という時代…
  • 令和2年2月20日(木)
    二月十九日の「今、歴史の大転換期 日本のルネッサンス期だ」と題する「時事通信」の冒頭、うっかり「新型ノロウイルス」と書いたが、「新型コロナウイルス」が正しい。とはいえ、感染症の専門家なら、「ノロ」とか…
  • 令和2年2月19日(水)
    令和の御代最初の新年も、はや二月下旬に入り、中共発の新型ノロウイルスの蔓延と相乗して、「一月行く、二月逃げる、三月去る」と昔の人の言いし如く甚だ慌ただしい。しかしながら、この慌ただしい中で、我が国の命…
  • 令和2年2月15日(土)
    七十八年前の昭和十七年二月十四日09:00、マレー半島南部のジョホールバル州クルアン飛行場を、落下傘降下兵三百三十九名が搭乗した輸送機、投下する物流箱及び武器弾薬を搭載した輸送機そして、護衛の隼戦闘機…
  • 令和2年1月30日(木)
    令和二年一月二十九日の朝刊は、中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスが、日本国内で人から人へ感染したことを始めて確認したと報じている。この人は、武漢市からの観光客を乗せたバスの運転手で、武漢への渡航…

アーカイブ