大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

英霊に誓う日本国憲法無効宣言

令和1年8月16日(金)

八月十五日の正午の時報とともに、
靖國神社の一の鳥居と二の鳥居の中間点で直立して英霊に黙祷し、
午後三時半に、
参集殿前に集まった百七十名の仲間、同志とともに昇殿参拝をさせて頂いた。

昇殿参拝前の参集殿での待ち時間に、
田母神俊雄元航空幕僚長とともに、
同志に訴えることができた。

田母神俊雄閣下は、次の通り述べた。
令和の御代の初めて迎える八月十五日に、
安倍内閣総理大臣は、靖國神社に参拝すべきである。
第一期安倍内閣の際に靖國神社に参拝しなかったことを
痛恨の思いであると申した安倍さんが、
第二期安倍内閣に入った本年も参拝しないことを、
中共及び韓国から見れば、
日本は中共や韓国の内政干渉を、
これからも受け入れ続けるというサインと受けとめるであろう。
我が国が内政干渉を受け入れない自立した誇りある国家であることを示すためにも、
安倍総理は、
本日、靖國神社に参拝すべきである。

私は、次の通り述べた。
これから昇殿参拝するが、
我々は、英霊に、次の誓いをしようではないか。
それは、
マッカーサーが書いた日本国憲法は無効である!
と宣言する誓いだ。
子供の頃の私に、
戦地から内地に帰還した人達が、異口同音に言っていたことは、
國に帰って、戦地で敵として戦っていたアメリカ兵に、
すがりつくよう腕を組んで歩く日本の若い女の姿、
アメリカ兵の投げるチューインガムを群がって拾う子供の姿、
を見たとき、愕然としたということだった。
しかし、戦地で戦死した英霊は、内地のこの姿を見ていない。
そこで思う。
これから、昇殿して会う英霊は、
敵の司令官マッカーサーが書いた憲法を、
後生大事に日本の憲法だと思い込んでいる我々を見てどう感じるだろうか、と。
英霊は祖国が敵に占領されない為に命を懸けて戦った。
その英霊が、
敵に与えられた憲法を日本の憲法と信じ込んでいる我々の姿を見れば、
現在の日本人は、
負ければすぐに勝った者にすがりつくパンパンと同じだと愕然されるであろう。
そんな卑しい者の為に命を懸けて戦ったのか、と。
従って、我々は、英霊の前で、憲法無効宣言を誓わなければならないんだ。
これが、日本を取り戻す、戦後体制から脱却する、ということだ。
我々は、日本を取り戻すために、さらに同志を募り力を合わせよう。

新着記事

アーカイブ