大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

平成十四年を待望する

平成13年12月20日(木)

我が国は、平成十三年に、実は「底」にぶち当たっている。
それが、あまねく得心できるのが平成十四年だ。
得心できれば、何が起こるか。
祖国再生の元年が、平成十四年であるという認識が生まれる。
よって、平成十四年を待つ。
平成十四年を希望を持って迎える。

天道は至平である。
世間でよく言う言葉では、「両方良いことはない。」
金儲けだけしか考えない者の頭が、カネは入ってもその実、スカスカになって当たり前だ。
スカスカの頭で、国家を運営すればどうなるか。
教育も、治安も、日本人の心意気も、平成十三年のようになる。両方良いことはないんだ。
戦後保守の路線(吉田路線)の礼讃はもうやめよう。

有力の男子は、有力にだけで勝てない。
文明の才子は、文明におぼれる。
すべからく中庸である。
国家において中庸とは何か。
祖国を自ら守ることを当然とする国家。
祖国に誇りを持ち祖国を愛する国民、家庭を愛する国民をもつことを当然とする国家。
家庭を守り、国民を守り、国民の幸せを守り、それを「万民」に及ぼすことを当然とする国家。
カネだけでなく、名誉を重んじる国家。
伝統を尊ぶ国家。

平成十四年の歴史的意義

帝国主義の国際環境のなかで生きた前半、冷戦の国際環境に甘えてカネだけに生きた後半、平成十四年は、これら二つを総合止揚してバランスを保持しうる中庸の国家を生み出す元年になる。
これにより、初めて明治維新以来百三十年の、ご先祖の御奮闘と歴史の教訓が、活かされる歴史段階に入る。
これを担う歴史的使命が、我らの世代に与えられる。
日常を見るだけの目には、悲観的な事象が満ちていても、歴史の大勢を見れば、転換の元年が来ていることが分かる。
平成十四年がそうだ。
同時代に生きていて、しかも縁があって、この文を見てくれた仲間よ。
祖国のために、希望をもって、平成十四年を迎えようではないか。

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ