大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

第二次世界大戦の偽善と謀議と我が国の大義

平成30年12月8日(土)

本日十二月八日、
第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。
偽善とは、
我が国の中学校の教科書で教えられた
一九四一年(昭和十六年)八月十二日、
アメリカのF・ルーズベルト大統領と
イギリスのウィンストン・チャーチル首相が、
ニューファンドランド沖のイギリス戦艦プリンス・オブ・ウェールズの艦上で署名した
大西洋憲章のことだ。

そこには諸国民の自由と権利に関して次の項目が記されていた。
それ故、
我が国の教科書では、この大西洋憲章が、
第二次世界大戦後の世界における諸国民の自由と人権の保障と
世界の秩序を維持するための国際機関(UN)創設の
基本的理念を宣言したものだと教えられた。

・英米の領土拡大意図の否定
・政府形態を選択する人民の権利
・領土変更における関係国民の意見の尊重
・恐怖と欠乏からの自由の必要性

しかし、これはウソだ。
この大西洋憲章が謳う「人民の権利」は、
ナチスドイツに席巻されているヨーロッパの諸民族の権利に限定されたもので、
チャーチルは、
イギリスが支配するアフリカ、中東、インド、ビルマ、マレー、香港などの人民の権利を認めたものではないと主張し、
ルーズベルトは、露骨に、
有色人種の為のものではないと言っている。
よって、
この大西洋憲章は、欧米人がもつ伝統的な偽善宣言である。
彼らは、フランス人権宣言でもアメリカ独立宣言でも
自由、平等、博愛などと謳い上げるが、
黒人を奴隷とすることとアジア人を人間では無いとする前提でそれを謳っていたのだ。
大西洋憲章も、
この彼ら特有の偽善の伝統のなかで発せられた宣言に過ぎない。

これに対して、
真の第二次世界大戦後のあるべき世界の宣言は、
昭和十八年十一月十六日に
東京で我が国が主催して行われた大東亜会議において発せられた
大東亜共同宣言である。
この宣言は、
日本、中華民国(南京)、満州国、フィリピン、ビルマ、タイ、インド
の代表によって発せられ、
「世界各国が各其の所を得、相倚り、相扶けて
万邦共栄の楽を偕にするは、
世界平和確立の根本要義なり」
とする一文に始まり、
「大東亜各国は、万邦との交誼を篤うし、
人種差別を撤廃し、
普く文化を交流し、
進んで資源を開放し、
以て世界の進運に貢献す」
と結ばれている。

我が国を中心として発せられたこの宣言こそ、
現在のあるべき世界の秩序を指し示したものである。
決して、
大西洋憲章ではないのである。


なお、
一九四一年八月といえば、
イギリスが、ダンケルクで大陸から追い出され、
続いてナチスドイツとの、バトル・オブ・ブリテンが始まっていて、
イギリスはくたくたになり、ロンドンがドイツ空軍の空襲下にあった時期である。
このイギリス瀕死の時期に、
何故、イギリスの首相であるチャーチルが、
戦艦プリンス・オブ・ウェールズに乗って
のこのこと大西洋を渡ってニューファンドランド沖まで来ていたのか。
まさか、「偽善の宣言」を書くためではなかろう。
その目的は、
ルーズベルトとチャーチルの
真の意味の「戦争の謀議」の為である。
もし、戦後に、
東京裁判ではなく、
ロンドン裁判かワシントン裁判があれば、
ルーズベルトとチャーチルは、
明らかに、「戦争の謀議」によって、デス・オブ・ハンギング(絞首刑)だ!

即ち、ルーズベルトとチャーチルは、
アメリカがドイツに宣戦布告してヨーロッパ戦線に突入するために、
ドイツの同盟国日本を太平洋において戦争に引きずり込もうとしたのだ。
これを「裏口からの参戦」
「Backdoor To The War」
という。
ルーズベルトは、
幕僚の作戦課長スターク提督に
「日本に対して石油全面禁輸措置をとればどうなるか?」
と諮問し、
提督から「確実に戦争になります」
との回答を得てから、
確実に戦争になるために、
七月の日本の在米資産全面凍結と
八月の対日石油全面禁止を発動しているのだ。
その結果として、
我が国の帝国海軍がハワイの真珠湾を奇襲攻撃し、
アメリカ全土に、
「Remember Pear Harbor!」
の大合唱が満ちたのを見たルーズベルトとチャーチルは、
自分たちの「戦争の謀議」が見事達成されたと満足したはずだ。
チャーチルは、日記に、
日本の真珠湾奇襲攻撃を知ったとき、
戦争が始まってから、始めてぐっすりと眠れた、
と書き留めている。

新着記事

  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…
  • 令和1年5月15日(水)
    五月一日から新しい御代が始まり、世間では、我が皇室の歴史と伝統に基づく皇位の継承は終了したかのごとく思われているが、未だ、我が国の最も深遠で神秘につつまれた最重要の儀式がある。それは、新帝が天照大神と…
  • 令和1年5月1日(水)
    この度の先帝の御譲位と新帝の践祚による御代替わりは、明らかに、昭和二十二年五月三日に施行された「日本国憲法」(以下、「マッカーサー憲法」という)の想定外の事態である。この御代替わりは、「マッカーサー憲…
  • 平成31年3月24日(日)
    先の三月二十二日付け「時事通信」「火山の噴火口の上にいるのが分からんのか」に続き、戦後の連合軍による占領下で誕生した「日本国憲法」を如何にするか、について記すことにする。まず、二月二十一日付けの「時事…
  • 平成31年3月22日(金)
    我が国の現在のマスコミの報道内容と政界の議論を見ていると、アメリカと中共との対立は、景気判断の範疇における米中摩擦が世界経済に与える「景気減速要因」という次元・レベルでとらえられている。その上で、安部…

アーカイブ