大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

原爆記念日は左翼的宣伝の日か

平成30年8月6日(月)

兵隊さん、仇をとってください

七十三年前の本日午前八時十五分、
アメリカ軍のB29爆撃機は、
広島の上空からウラニウム型原子爆弾(コードネーム、リトルボーイ)を投下した。
これが、都市の住民に対する人類最初の原子爆弾の使用である。
四年前、私は、サイパン島で
このリトルボーイをB29爆撃機に搭載した場所と
その二百メートルほど離れた場所にあるファットマンを搭載した場所に佇み、
原爆を搭載したB29が広島と長崎に向けて飛び立った滑走路を歩いた。
ジャングルから滑走路に吹き抜けていく風は、
熱帯の風なのに、そこに、ゾッとする不気味さを覚えた。
このテニアンの原爆搭載場所と広島長崎に向かう滑走路には、
アメリカ軍の手によって、
誇らしげに、
[Historic Point]
というプレート、そして当時の写真と説明書きが建てられていた。
しかし、日本人にとってこの地は、
ユダヤ人にとってのアウシュビッツのように身の毛のよだつ地である。

以下、「大本営参謀の情報戦記」(大本営陸軍部参謀堀栄三著)より
昭和二十年五月中旬、
ホノルルを発ってサイパン島方向に向かったB29が、
長文の電報をワシントンに向けて発信したことを
我が国の陸軍特情部が掴んだ。
B29が直接ワシントンに発信するなど、今まであり得ない行動であった。
即ち、このB29は、新しいコールサインを持つ正体不明機であった。
よって、以後、
特情部は、このコールサインを持つB29を追跡し始める。
六月下旬、
この正体不明のB29がテニアン近海を飛行しだし、
七月中旬には、
日本近海にまで足を伸ばしてきてテニアンに引き返す奇妙な行動を取り始めた。
八月六日
午前三時頃、
同じコールサインでごく短い電波がワシントンに飛んだ。
午前四時を過ぎた頃、
硫黄島の基地に対してこの機は
「われら目標に向けて進行中」と打電した。
特情部は、「特殊任務機前進中」と緊張した。
しかし、以後、一切、電波を出さなかった。
午前七時二十分頃、
豊後水道水の子灯台上空から東の広島上空に達したB29一機が、
播磨灘に東進中に簡単な電報を発信した。
通常、このような一機の発信は、
航続編隊に対する気象の連絡であることは統計的に判明しているので、
特情部は、先行の一機に続いて
豊後水道の西から東に進む航続編隊の発見に目と耳を集中していた。
その瞬間、
八時六分、
二機のB29が、
豊後水道とは反対の東の方向から広島上空に突入していた。
ああ、万事休す
堀参謀等は、五月以来、注目していた
ワシントンに直接電波を発する正体不明機が
原爆投下という特殊な任務をおびた機であることを最後まで見抜けなかった。
八時十五分
広島上空に一大閃光ととともに原子爆弾が投下された。
八月七日早朝
ワシントンでトルーマンが正式に原子爆弾と表明した電波をキャッチして、
初めて広島に原子爆弾が投下されたことを確認し、
ニューメキシコ州で新しい実験が為されたという外電が、
原子爆弾の実験であったことが判明した。
・・・我々は沢山の情報の中の一粒の金を見失っていた。
以上、「大本営参謀の情報戦記」終わり。

米国大統領トルーマンは、
広島への原爆投下直後、戦艦オーガスタでその報告を受けた。
そして、飛び上がって言った。
「ワア、人類で最初のことが起こった。サア、みんな、家に帰ろう!」
この、日本に決定的ダメージを与える」という
アメリカの対日作戦目標は、
アメリカのハワイ併合前の一八九七年(明治30年)に
海軍次官セオドア・ルーズベルトによって作成された「オレンジ計画」から
一九一四年(大正3年)にセオドアの甥のフランクリン・ルーズベルト海軍次官が作成した「オレンジ計画」に至る迄一貫したものである。
アメリカにとって、日本に対する原子爆弾の使用は、
この「オレンジ計画」に一貫して定められた対日作戦目的実現の「手段」だった。
その上で、この時点において、
原子爆弾使用の人類史における意味を、
直ちに見抜いた国家元首が、
我が昭和天皇であることを我らは知るべきだ。
それは、八月十五日に国民に伝達された
「終戦の詔書」(玉音放送)に明確に述べられている。

・・・敵は新たに残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し
惨害の及ぶところ、真に測るへからざるに至る。
しかもなお交戦を継続せむか
遂に我が民族の滅亡を招来するのみならず、
ひいて人類の文明をも破却すべし。
・・・是れ朕が帝国政府をして、
共同宣言に応せしむるに至る所以なり。

昭和天皇は、
原子爆弾が、
人類の文明を破却するものであるとう認識を鮮明にされ、
その人類の文明を破却から守る為に停戦すると宣言された。
この天皇のお志と、
戦艦オーガスタの上で飛び上がったトルーマンの様子を見るとき、
天地の差を感じる。
この差は、人間と無血虫の差だと言ってもよい。
ここに、我ら、日本人は、
負けたとはいえ、
人類の文明の名において、誇りを持つべき所以がある。
無自覚なアメリカを含む人類の文明を救ったのだから。

さて、
本日の朝、八時十五分、
私もNHKの広島での慰霊祭の実況を見ていて黙祷した。
そして、
被爆者を思い黙祷したが故に、
広島市長の「平和宣言」と
NHKの女のアナウンサーに関して、
一言、
言っておかなければ気が済まない。

そもそも、
数年前の土石流の時でも、この七月の集中豪雨による災害の時でも、
多数の市民の命を陣頭指揮して守り抜く姿が一向に見えない広島市長が、
現在進行中の市民の惨害から遊離した他人のように、
「平和宣言」とは何事か。
身の程をわきまえろ。
偽善ではないか。
また、
式典の模様を厳かに解説していたNHKの女のアナウンサーは次のように言った。
「広島市民の皆様は、
過ちを繰り返しませんからという誓いを
受け継いでこられました」
厳かに押しつけがましく、何を言うか。
まるで北朝鮮のおばはんアナウンサーのようではないか。
これでは、
原爆を落とされたのは、
落とされた広島市民と日本の国が、
過ちを犯したからと言っているのと同じである。
無礼者。

アメリカは、十九世紀後半から、
太平洋を支配するために練り始めた「オレンジ計画」による
「日本を徹底的に壊滅させる」
という一貫した対日方針を達成するために
広島に原爆を投下したのだ。

さらに、広島の市長もNHKのアナウンサーも、
我こそは、被爆した広島市民の心が分かっているかのように、
彼らの思いを代弁するな。
僭越ではないか。
三代目江戸屋猫八(岡田六郎)さんは、
陸軍船舶部の兵長として呉にいたが、
広島救援のために被爆直後に部隊で広島に入った。
その時、
道ばたに座っていた被爆した人々は、
異口同音に救援部隊に言った。
「兵隊さん、仇をとってください。仇をとってください」と。

新着記事

  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…
  • 平成30年10月29日(月)
    明治天皇のお誕生日、十一月三日の天長節、即ち「明治の日」が迫る本日十月二十九日、高円宮絢子さまご婚礼が明治神宮で行われた。まことに、おめでとうございます。絢子さまは、明治天皇の孫で昭和天皇の弟である三…
  • 平成30年10月25日(木)
    先の十月十一日の韓国済州島における韓国主催の国際観艦式の実施に際し、韓国政府が、参加各国に対して、参加する軍艦には、「自国国旗と韓国国旗だけをマストに掲揚することが原則」だと通告した。つまり韓国は、我…
  • 平成30年10月24日(水)
    明日の二十五日、安倍総理が中国を訪問する。別に、今、北京に行かなくともいいのだがなあ、と思うが、行くということになっているのだから、仕方がない。そこで、この訪中の背景を造ったのは誰かと指摘しておきたい…
  • 平成30年10月23日(火)
    十月二十一日の夜、私の地域の祭りの終了にあたり、ふとん太鼓を担ぐ、五十名の青年団の若者と、ふとん太鼓に乗り込んで太鼓をたたく、十人ほどの小学生とふとん太鼓を担う若者の側で、大きな団扇で扇いで励ます、十…

アーカイブ