大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

帰天されたるみ子さんの母増元信子さんに

平成29年12月15日(金)

十二月十二日午前六時、北朝鮮に拉致された増元るみ子さんの母
増元信子さんが死去された。
十五年前に、ご主人の増元正一さんが、
娘のるみ子さんに会えないまま、
「日本を信じろ」と子供達に言いのこして帰天され、
今また、母親の信子さんが、
娘に会えぬまま、逝かれた。
享年九十一歳だった。
信子さんの死去によって、
鹿児島県内の政府認定の拉致被害者の親御さんは、
全員帰天された。

告別式は、鹿児島県姶良市で、十四日午前十時から行われ、参列させていただいた。
北朝鮮に抑留されて参列できない娘のるみ子さんの明るい和服姿の写真を
姉のフミ子さんの娘さんが抱えて、るみ子さんに代わって焼香した。
そして、「会葬御礼」の挨拶状には、
子供達四人が、
喪主増元信一、るみ子、照明、平野フミ子と、そろって名を連ねていた。
北朝鮮にいる、るみ子さんも、母を見送ったのだ。

増元照明さんに、弔辞を、と頼まれ、
私は、次の通り増元信子さんの霊前で申し上げた。

娘のるみ子さんとの再会を念じながら、
会うことかなわず、旅立たれたこと、
実に、悲しく、また、無念であります。
そして、
まことに、申し訳ありません。
ご主人の正一さんは、「日本を信じろ」と言いのこされて、
十五年前に旅立たれました。
そのご主人のお言葉通り、あなた様は、日本を信じ、
娘さんのるみ子さんとの再会を、念じ、待たれていました。
しかし、我が国政治は、
未だに、自らの力で、るみ子さんを救出できず、現在に至っていること、
まことに、申し訳ありません。

我が国の政府、安倍内閣は、
拉致被害者を救出して日本に連れ帰るために
自衛隊を北朝鮮域内に投入するには、
「北朝鮮政府の同意がいる」
という見解を未だに維持しています。
しかし、本年末から新年、そして春に向かって、
北朝鮮が、
かつてのアルバニアのように、またカンボジアのように、
無政府状態に陥る事態が現実味をおびてきています。
その時、我が国政府は、「北朝鮮政府の同意」を待つのではなく、
総理大臣が、
北朝鮮政府の同意ではなく、
自らの決断によって、
直ちに、自衛隊に、
「北朝鮮から拉致被害者を救出せよ」との命令を発せねばなりません。
あなた様は、帰天されましたが、
それは、この世に留まっている我々と、
存在する場所が異なっただけのことであり、
ご主人とともに「拉致被害者救出」を念ずるあなた様の思いは、
今や、さらに強く、
現在ここにいる我々と共にあると全身で感じています。
これからは、どうか、ご主人と共に、
いざという事態が発生した時に、
総理大臣が、
直ちに自衛隊に対して拉致被害者救出命令を発するように、
そこから、安倍総理を励まし
、突き動かしていただきますようお願いいたします。
その意味で、生き死にの隔てはあろうとも、
我々の心は隔てなく一つです。

そして、私は、次の歌(蛍の光の歌詞)を歌わせていただいた。
  筑紫の極み 路の奥 海山遠く隔つとも
  その真心は隔てなく 
  一つに尽くせ国のため

新着記事

  • 平成31年2月21日(木)
    第百二十五代の今上陛下は、平成三十一年四月三十日、譲位され、翌五月一日、皇太子殿下が践祚されて万世一系の皇位を践まれ第百二十六代天皇となられる。この流れには、一瞬の隙もなく、今上陛下の譲位は、即ち新帝…
  • 平成31年2月13日(水)
    節分が過ぎて二月十一日の、国の肇の日である紀元節を迎えた後に、改めて思うことは、我が国を取り巻く内外の情勢は、まことに厳しさを増し、本年こそ、本当に世直し国替えの年にしなければならないということだ。ま…
  • 平成31年2月6日(水)
    一月二十九日に、憲政記念館で「明治の日」制定を促す集会があった。先に、昭和天皇の御誕生日である四月二十九日が「みどりの日」という訳の分からん名称になっていたが、「昭和の日」に復元された。同様に、「明治…
  • 平成31年1月28日(月)
    新年を迎えて始まる通常国会における与野党の主要争点は、厚生労働省での毎月勤務統計の不適切調査問題であるという。その追求に意気込む野党幹部の、即ち左翼の面々の、憑きものが付いたような正義顔(ツラ)を見て…
  • 平成31年1月23日(水)
    安倍首相がモスクワで、ロシアのプーチン大統領と会談した一月二十二日、我が国のマスコミは、「何か進展」があるのではないかとの「期待」を滲ませたような報道姿勢だった。一夜明けた今朝、報道をみて、芭蕉の句で…

アーカイブ