大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

衆議院の解散

平成15年10月10日(金)

立憲君主国であることの証

 本日、衆議院が解散される。
 では、解散とは何か。
・・・全衆議院議員の身分を剥奪することである。本日以後我が国には、衆議院議員が存在しなくなる。
 では、誰がこの衆議院を解散するのか。
・・・それは、天皇陛下である。
 憲法第七条「天皇は・・・左の国事に関する行為を行う。3、衆議院を解散する。」
 マスコミなどの世界では、解散は、内閣総理大臣が行うものと思われているが、政治的には確かにそうであろうとも、解散は、天皇陛下の御名御璽のある「衆議院を解散する」との文書が、紫の袱紗に包まれて衆議院本会議場に届けられ、この天皇の意思が読み上げられてはじめて成立するのである。
 そもそも、内閣総理大臣自体が、憲法六条、「天皇は、内閣総理大臣を任命する」との規定によって、天皇に任命されなければ、その地位につけないのである。

 よって、衆議院の解散が行われる本日は、我が国の国柄が、端的に現われることになる。この観点から、解散を捉えることも意義があると思う。

政治的には

 小選挙区になって三回目の解散総選挙となる。中選挙区タイプの選挙運動がいよいよ通用しなくなる。
 長期政権の自民党の作り上げたシガラミ、利権分配構造が、崩れ始める中での選挙となる。
 政界の真の再編の始まりを示す選挙となる。

私は

 戦い訴え、そして、天命に従う。

 昨日、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための「拉致議連」の総会があった。
 私(幹事長)の提案で、総選挙にのぞむ拉致議員連盟加入議員は、単なる「選挙運動」を各選挙区で展開するのではなく、「同胞を救う国民運動としての選挙」を戦おうではないか、と決議した。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ