大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

ドナルド・トランプ当選を歓迎する

平成28年11月10日(木)

 アメリカ大統領にドナルド・トランプが当選した。
 予測通りである!
 では、これは、我が国にとって、いい結果なのか悪い結果なのか。
 いい結果である。
 いや、いい結果にできる。
 何故なら、今こそ、我が国の従来の発想を転換しなければならないからである。
 従来の発想とは何か。それは、戦後体制の発想である。
 つまり、トランプ大統領になれば、
 我が国独特の憲法九条に由来する
 「非武装にすればするほど安全だという驚くべき発想」
 の転換が必要になる。

 それにしても、今朝になっても、
 このトランプ当選に驚いている我が国の外交専門家や外務省の幹部は、
 一体この一年以上、
 アメリカの何を観とったのか、アメリカで何をしとったのか。
 巨額の税金を投入して設置し運営しているワシントンの日本大使館の幹部大使館員は、
 アメリカ国内を歩かずに、部屋に籠もって
 ニューヨーク・タイムズやウォール街の株雑誌ばかり読んでいたのか。
 
 ニューヨークにオフィスをもつ
 親しくしていただいている存在感のある日本人がいる。
 十月、彼に、トランプの娘が面会を求めてきたので会ったという。
 彼女は、日本の状況のレクチャーを受けるために、彼に会いに来たのだった。
 その面会のなかで、彼女は言った。
 父トランプに対する日本政府とその関係者からの接触は一切ない。
 ではその頃、
 日本政府とその関係者(外務省・日本大使館)は何をしていたのか。
 安倍総理とヒラリー・クリントンとの会談をセットしていた。
 之は即ち、
 大東亜戦争勃発の昭和十六年十二月八日の真珠湾攻撃前においても、
 そして、
 アメリカ大統領選挙終盤の本年十月においても、
 駐ワシントン日本国大使館は一貫して無能だということだ。

 今朝、外務省出身の「外交評論家」が
 TVのNHKニュースに解説者として出演し、
 もっともらしい顔をして「解説」していた。
 彼は、評論家(民間人)だと思っていたら、
 かつて拉致被害者家族が首相官邸を訪れ小泉総理に面会した時、いつの間にか
 当然のように小泉総理の後に政府要人としてもっともらしい顔をして座っていた。
 このように、彼は、民間と官邸を、コウモリのように往復する人物である。
 つまり、彼は、評論家を装う外務省路線の代弁者である。
 その彼が、今朝、TVで言っていた。
 「トランプが当選するとは全く予想していなかった」
 「まあ、ともかく、トランプが(大統領に)なれば、
 (我が国の)安全保障体制は変えなくてはならんでしょうなあ」 
 その時、私は思った。
 「ナニ!、ヒラリーがなれば、安全保障体制を変える必要はないと思っていたのか」
 この外務省路線つまり安倍内閣の思考の次元が、
 従来の戦後体制継続=ヒラリー大統領
 を願望し、その願望に反するトランプ当選を思考の外において目をつぶり、
 昨日まで全く予想していなかった、ということを知り、
 これだけでも、
 トランプ当選を歓迎する十分な理由になると思った次第だ。

 それにしても、安倍総理は、
 拉致被害者救出問題においても、
 未だ、この外務省路線に乗せられて平壌宣言の精神を守ると言わされ、
 この度のアメリカ大統領選挙においても、
 この外務省の判断のまま、ヒラリーとだけ会っていた。
 独自の判断、胆力、つまり宰相としての見識がみられない。
 情けないではないか。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ