大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

何れが大統領になろうとも、同じ覚悟あるのみ

平成28年11月9日(水)

 アメリカの大統領選挙の結果が出る前に記しておきたい。
 
 この度のアメリカ大統領選挙も第二次世界大戦後の世界秩序崩壊という
 国際政治の地殻変動の上で行われている。
 この地殻変動は、武力によって領土領海を拡大する
 核保有大国の中共とロシアの軍事行動によって顕在化したが、
 それは、アメリカのオバマ大統領が、
 アメリカの後退を鮮明にしてお膳立てをしたものである。
 従って、アメリカ、ロシアそして中共が、世界秩序を崩壊させている。
 そして、今の嫌われ者と言われている二人の候補の何れが大統領になっても、
 この最悪だったオバマの世界の警察官からの後退路線を踏襲するであろう。

 従って、我が国は、世界秩序崩壊の荒波のなかに浮かぶ船だ。
 荒波とは、平穏な今までの国際秩序がないということである。
 つまり、戦後のGHQ製の「日本国憲法」が想定した
 「『平和を愛する諸国民』は既にない(はじめからないが)」
 ということだ。
 それ故、日本国民は、
 その荒波のなかで自力で航海し、
 国家と国民を護る覚悟を固めねばならない。
 そこで、その「覚悟」の内容を指摘する。

 それは、第一に、
 荒波を想定していない「日本国憲法」の無効を確認することである。
 「日本国憲法」によって荒波を克服することはできない。
 毒の樹を残して危機克服はできないのだ。
 第二に、
 軍隊を回復することである。
 何故なら、軍隊を保持せずして
 「平和のための戦略」を確立しそれを実施することは不可能であり、
 国防は最大の福祉であるからだ。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ