大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

李登輝先生から学んだこと

平成15年9月13日(土)

この度の、事態で、李登輝先生から、大きな政治的教訓を学ばせていただいたことを、お伝えしなければならないと思う。

私は、李登輝先生の、「武士道解題」と「台湾の主張」を読み返した。

「もっと自信を持って、自らの意思で、決然と立っていてもよいのではないですか?何故なら、あなた方こそ『日本の魂』の真の継承者なのだから」
「目の前にあることを、一つずつ誠実に、自己の良心と信念だけに基いてやり抜いていく。結局、それ以外にはないのです」
・・・「武士道解題」

この様に言う李登輝先生は、長く中華民国国民党の中に身を置いて、台湾建設の志を胸に秘めながら、一歩一歩歩んでいく。
そして、天の恩寵により、ついに「中華民国総統」になり、「身を棄ててこそ浮かぶ瀬もあれ」(かつて直接私に語った言葉)と思い定め、総統直接選挙を実施し、一挙に民主台湾への幕を切って落とし、「台湾総統」となる。その時既に七十を超えていた。
(この李登輝先生の歩みを見れば、石原慎太郎さんは、これからで、未だ若いのだ!)

この過程を歩かれた李登輝先生が、私に伝えてくれた教えは、次のことだ。

「『コリントの信徒への手紙』の言葉にもあるように、愛は「事忍び、事耐うる」。政治においては、忍び耐えることが非常に大切であることを、私は身をもって体験してきた」
「政治家が心しなくてはならないのは、問題に直面したとき決して直線で考えないことだ。最短距離をみつけようとしてはならない。目的地への直線を引くことをやめて、必ず迂回すること、むしろ、回り道を見つけ出そうと務めるべきなのである」
・・・「台湾の主張」

これらの李登輝先生の言葉に接し、大きな魂の呼びかけを感じて、私は、当面の結論を得たのだ。

新着記事

  • 令和3年4月21日(水)
    四月十六日のホワイトハウスにおける日米首脳会談で、菅義偉総理とバイデン大統領は、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに両岸問題の平和的解決を促す」との文言を共同声明に盛り込むことに合意した……
  • 令和3年4月5日(月)
    昨年十一月から本年一月二十日までのアメリカ大統領選挙における大統領当選者確定までに見えた得体の知れない巨大な闇(ディープ・ステート)の不正と、支那の武漢を発源地とする未だ発生と変異のメカニズムが不明の…
  • 令和3年3月18日(木)
    三月十七日の札幌地裁の三人の裁判官が壇上で雁首並べて言い渡した判決は、この裁判官達の頭(おつむ)の中が、占領軍が仕掛けた「日本の伝統破壊というシナリオ」通りに機能していることを示している。裁判官である…
  • 令和3年3月15日(月)
    東日本大震災から十年を経る三月十一日が迫る日々は、連日、津波の状況や、その中での人々の苦難の様子が報道され、その度に目頭が熱くなった。そして私も、日本の國體、則ち、天皇のしらす國の顕現という観点から……
  • 令和3年3月10日(水)
    本年の三月十一日は、東日本大震災から十年にあたる。平成二十三年(2011年)三月十一日午後二時四十八分十八秒、男鹿半島東南沖百三十キロの海底を震源地とするマグニチュード9、最大震度7の大地震が発生し……

アーカイブ