大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

追記、大石義雄名誉教授の予言

平成28年8月1日(月)

 七月三十日、「明治という奇跡」(展転社)の著者である皿木喜久氏が、
 靖国神社で参加者に深い感動を以て紹介した
 大石義雄京都大学名誉教授の卓越した予言を
 本日、明治神宮編「大日本帝国憲法制定史」を取り寄せて次ぎに追記して紹介する。
 まことに、我が国の憲法とは
 我が国家の悠久の歴史と伝統のなかにある根幹の規範、即ち、根と幹である。
 従って、この根幹を忘れた憲法論や改正論や条文追加論はありえない。
 よって、憲法の議論を真摯に深めれば深めるほど、
 我が国の根幹から生み出された「大日本帝国憲法」は甦ってくるのである。

      
    大日本帝国憲法制定史
      跋文
 大日本帝国憲法は、明治天皇が皇祖皇宗の遺訓を体して欽定されたものであるから、
 大日本帝国憲法の精神的基礎を成す日本思想を理解することなくしては、
 大日本帝国憲法の制定史を語ることはできないのである。
 ・・・
 大日本帝国憲法は、現憲法から見れば旧憲法である。
 しかし、社会は刻々として変わる。
 占領目的達成の手段として作らされた現憲法も、
 いつまでもつづくといふわけにはゆかないのであり、
 いつかは変わらなければならないだろう。
 その時は、
 大日本帝国憲法の根本精神が新憲法の名においてよみがえって来るだろう。
 この意味において、
 大日本帝国憲法はこれからの日本の進路を示す光として今も生きているのである。
   
  昭和五十四年三月吉日
        大日本帝国憲法制定史調査会委員長
        京都大学名誉教授 法学博士
                        大石義雄

新着記事

  • 令和2年8月7日(金)
    横田滋さんが、六月五日に帰天されてから、三ヶ月が経ち、お盆の八月になっている。 横田滋さんを偲び、妻の早紀江さんとともに日本を救った瞬間を確認するその間、度々、横田滋さんと妻の早紀江さんの歩み、娘のめ…
  • 令和2年7月9日(木)
    気が付けば、令和二年もはや七月の半ば、大きく言えば、文明の状況が一変しているように見えるのは小生だけであろうか。一夜明けてみれば、前日にはぼんやりしていたものの輪郭が、今朝は鮮明になって眼前にある、と…
  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…

アーカイブ