大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

追記、大石義雄名誉教授の予言

平成28年8月1日(月)

 七月三十日、「明治という奇跡」(展転社)の著者である皿木喜久氏が、
 靖国神社で参加者に深い感動を以て紹介した
 大石義雄京都大学名誉教授の卓越した予言を
 本日、明治神宮編「大日本帝国憲法制定史」を取り寄せて次ぎに追記して紹介する。
 まことに、我が国の憲法とは
 我が国家の悠久の歴史と伝統のなかにある根幹の規範、即ち、根と幹である。
 従って、この根幹を忘れた憲法論や改正論や条文追加論はありえない。
 よって、憲法の議論を真摯に深めれば深めるほど、
 我が国の根幹から生み出された「大日本帝国憲法」は甦ってくるのである。

      
    大日本帝国憲法制定史
      跋文
 大日本帝国憲法は、明治天皇が皇祖皇宗の遺訓を体して欽定されたものであるから、
 大日本帝国憲法の精神的基礎を成す日本思想を理解することなくしては、
 大日本帝国憲法の制定史を語ることはできないのである。
 ・・・
 大日本帝国憲法は、現憲法から見れば旧憲法である。
 しかし、社会は刻々として変わる。
 占領目的達成の手段として作らされた現憲法も、
 いつまでもつづくといふわけにはゆかないのであり、
 いつかは変わらなければならないだろう。
 その時は、
 大日本帝国憲法の根本精神が新憲法の名においてよみがえって来るだろう。
 この意味において、
 大日本帝国憲法はこれからの日本の進路を示す光として今も生きているのである。
   
  昭和五十四年三月吉日
        大日本帝国憲法制定史調査会委員長
        京都大学名誉教授 法学博士
                        大石義雄

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ