大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

「明治の奇跡」が再び未来を拓く

平成28年7月31日(日)

 明治天皇は、
 嘉永五年(一八五二年)十一月三日にお生まれになり、
 明治四十五年(一九一二年)七月三十日に崩御された。

 その崩御されてから百四年を経た七月三十日の午後二時より、
 明治天皇の御創建による靖国神社で、
 「明治という奇跡」(皿木喜久著、展転社)の出版を祝い
 「明治の日」の制定を目指す集会が開かれた。
 主催者を代表して「明治の日」制定を目指す会会長の
 塚本三郎元民社党委員長が挨拶し、 
 私が乾杯の音頭をとった。
 私は、乾杯に先立って次の通り挨拶させていただいた。

 万葉集の第一巻冒頭の歌は、
 「泊瀬朝倉宮(はつせあさくらのみや)に
 天の下しらしめしし天皇(すめらみこと)の御世(みよ)」
 に詠まれたと記されている。
 「明治の奇跡」とは、
 初めて圧倒的な欧米列強の影響を受けながらも、
 日本人が万葉時代の日本人と同様に、
 「天の下しらしめしし天皇の御世」に生きる国民であるという伝統
 即ち国体を確保したことである。
 この明治のお陰で、
 現在の我々も万葉時代と同じ
 「天の下しらしめしし天皇の御世」に生きている。
 もし、明治がこの国体を確保し得なかったら、
 我が国は、日清日露の国難を克服することはできず、
 今ここにいる我々は、日本人として生まれていない。
 そして、この明治を甦らせ明治の精神と理想を以て
 国を再び興そうと国民に宣言されたのが、
 昭和二十一年一月一日に、「新日本建設の詔書」を発せられた
 昭和天皇である。
 我が国の戦前と戦後に断絶はなく、明治から昭和そして現在は連続している。
 従って、
 昭和天皇のお誕生日である「昭和の日」とともに
 明治天皇のお誕生日である「明治の日」が、祝い続けられねばならない。
 最後に、
 皿木さんの「明治という奇跡」という著書の素晴らしいところは、
 外国で伊藤博文が外国人から憲法のあり方を学んでいたころに、
 国内で井上毅が、如何に真剣に「古事記」などの我が国の古典に取り組み、
 我が国の歴史に脈々と流れている国のあり方即ち国体を研究したうえで、
 大日本帝国憲法を起草したのかに重点をおいていることである。
 それ故、今日の「明治という奇跡」の出版を一番喜んでいるのは、
 在天の井上毅であろう。
 さて、皿木喜久さんと私は、
 学生時代に大文字山の麓にある同じ寮に住んでいた。
 左翼が猖獗を極めていたあの頃の京都大学文学部から
 「明治という奇跡」を書く者が出たことは「皿木喜久の奇跡」である。

 以上が私の話したことであったが、
 著者の皿木喜久さんが、昨日挨拶で強調していたことは、
 「大日本帝国憲法」は過去のものではないということであり、
 「大日本帝国憲法」に現れている世界に誇るべき日本の叡智と伝統である。
  本書にも次のように書かれている(81ページ)。
 「欧米列強に対抗するために
 その文化、制度を取り入れるのは止むを得なかった当時の状況で、
 憲法の中に色濃く日本の伝統を残すことができたのは、奇跡的とも言えた」

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ