大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

我が友、田母神俊雄

平成28年7月24日(日)

 前知事の辞任から都知事選が行われる状況になったとき、
 大阪での集会で、
 「田母神俊雄、獄中から都知事選に立候補するべし」
 と語った。
 すると、大きな拍手が沸き起こった。
 そして、今、都知事選挙を観ていて、
 しきりに田母神俊雄を思う。

 現在、マスコミが追いかけて報道している三人の都知事候補に
 田母神俊雄を並べれば、
 田母神は、三人とは異質の異次元の存在感を発揮するであろう。
 その異次元とは、
 有事の都知事としての存在感である。
 有事の都知事とは、簡潔に言えば、警察および自衛隊に、
「断固たる意思」即ち「命令(使命)」を伝達できる知事のことである。

 変化流動する社会状況を、「平時」と「有事」に分類すれば、
 四年後の東京オリンピックのみならず巨大都市それ自体が、
 既に、有事もしくは準有事なのだ。
 現在、パリをはじめとするヨーロッパの都市で起こっているテロを
 対岸の無関係な出来事と思っていてはならない。
 この現在のテロの推移を追えば、東京オリンピックは、
 各国のアスリートの舞台のみならず、
 テロリストの舞台つまりテロのターゲットになると覚悟しておくべきである。

 この観点から、現在の三人の都知事候補を観れば、
 小池百合子候補は、有事を少し分かっていると思われるが、
 他の二人は、有事を「想定外」とした人生しか生きられないタイプである。
 つまり、有事になれば、
「何分、初めてのことで、朝も早かったものですから」
 と言うタイプである。
 従って、田母神俊雄は、
 この三人と比べれば、異次元の存在感を発揮すると言ったのだ。
 彼は、状況に直ちに反応し、部下に「命令」を発する有事の訓練を積んだ司令官だった。
 
 では、警察や自衛隊に対する「命令」とは、何か。
 それは、
 命にかえてもやれ!
 という「断固たる意思」の伝達である。
 そして、この「命令」の有無が、多くの国民の命にかかわってくることは、
 阪神淡路大震災や東日本大震災で実証されている。
 さらに、現在、
 東シナ海における中共の軍艦と戦闘機による領海と領空侵犯に対して、
 安倍内閣が
 国家の領域を守るという「断固たる意思」即ち「命令」を
 発せられるか否かが
 我が日本が、
 平和を維持するか、彼の侵略を受けるか否か、
 即ち、戦争と平和の分かれ道となる!!

 さて、田母神俊雄元航空幕僚長は、
 現在、小菅拘置所に勾留され続けている。
 先日の参議院選挙の時に、東京で街宣活動をしたとき、小菅拘置所の方を向いて、
 私と同じ昭和二十三年七月生まれの彼に呼びかけた。
 「天晴れな友よ、同志よ、頑張ってくれ」と。
 二年半前の雪の東京を、
 都知事選挙で候補者の彼と街宣して廻ったのを思い出したのだ。
 彼は、何の愚痴も言わず、辛抱強く、朝から晩まで寒い東京の街頭を廻り続けた。
 その間、大笑いになる冗談を、ぽつりと言ってきょろきょろと周りを見回す。
 その時、こいつと一緒に戦場に行けば、喜んで生死を共にできるなあと思った。
 
 そして、今、彼も私も、七月の誕生日を迎えたので、この一文を書いている。

 それにしても、最後に書いておく。
 田母神俊雄が保釈されないのは、
 検察が「罪証隠滅と逃亡のおそれがある」と執拗に主張しているからである。
 しかし、検察は捜査を完了しているではないか。
 よって、田母神に罪証隠滅のおそれはない。
 また、田母神が、あの顔で逃げるはずがないではないか。
 さらに、そもそも、選挙違反の事案は、
 選挙が終わってから数ヶ月以内でするものではないか。
 にもかかわらず、検察は、
 選挙が終わってから二年以上たってから!
 強制捜査に入って田母神を逮捕して起訴し、
 現在まで保釈に不同意を続けている。
 果たして、これが社会正義なのか。ここは中共なのか。
 検察の公訴権に濫用はないのか。

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ