大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

義を明らかにして私を計らず

平成28年7月17日(日)

天皇陛下の御退位の話が、衝撃的にマスコミに浮上し、
連日、ご成婚以来の天皇皇后両陛下の御様子が放映された。
その両陛下の懐かしい映像は、
私の小学生のころから現在までの生きてきた期間そのものである。
つまり、私は今上陛下を戴いて生きてきた、
と、あらためて、しみじみとした感慨にうたれた。

  御民(みたみ))吾 生ける験(しるし)あり 
  天地(あめつち)の栄ゆる時に 遇へらくおもへば

 そして、この万葉集の歌を思い起こしていた。
 すると昨日、難波神社での勉強会の際に、
 畏友の南輝雄弁護士が橘諸兄の次の歌を引用されて挨拶された。

  降る雪の 白髪(しろかみ)までに 
  大皇(おおきみ)に 仕へまつれば貴くもあるか

 さらに、思われる
 東国に金が発見されたことを祝う大伴家持の長歌の一節

  海ゆかば水漬くかばね 山ゆかば草生すかばね
  大君の辺にこそ死なめ かへりみはせじ

 このように、日本人は常に何時の世も、
 現在も、万葉集の時代も、変わることなく、
 その御世に戴いた天皇とともに生きてきた。
 まさに、これが万世一系の天皇であり、
 それ故、教育勅語の次の一節は真実である。

  是の如きは 独り朕が忠良の臣民たるのみならず
  又以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん

 この度の、
 天皇陛下の生前御退位の報道に接して、
 感慨深く、また日本に生まれた幸せを思った。

 それにしても、
 この天皇のお立場は、想像を絶するではないか。
 伝統と重責を一身に背負われて年間二十種以上の宮中祭祀をされる
 天皇陛下の至高のお姿を
 皇后陛下は次のように詠まれた(平成十年)。
 皇太子殿下がお生まれになったときの御歌(昭和三十五年)とともに記しておく。

   ことなべて 御身ひとつに負い給ひ
   うらら陽(び)のなか何思(おぼ)すらむ

   あづかれる宝にも似て あるときは
   吾子ながら かひな畏れつつ抱く
 
 また、天皇陛下のお立場と御日常は、
 先帝陛下である昭和天皇のお立場と御日常とお変わりない。
 昭和二十年に昭和天皇の侍従長であった
 藤田尚徳氏は次のように書いている(「侍従長の回想」講談社)。

 侍従長に就任して以来、身近に接した陛下の御日常は、
 外部から想像するとは、およそかけ離れた質素なものであった。
 
 そしてそこに発見したものは、
 上御一人の立場に立たれた陛下が、
 戦争の終結と平和の回復のために尽くされた超人的な努力である。
 国家の存亡をかけた動乱の舞台に、
 ただお一人出通して楽屋へ下がることも許されず、
 その間に、陛下がひたすら念じていたことは・・・
 平和の世界に、いかにして戻れるかという祈りである。

 以上の通り、天皇陛下のことを思いつつ日々を過ごしてきた。
 御民吾は、
 「皇家の成典」(皇室典範制定の勅語)に基づく皇位の継承と
 皇室の弥栄を切に祈るのみである。

 斯くの如き次第で、
 七月十日に結果がでた参議院選挙のことや
 東京都知事選挙のことに関しては、
 次元が違うので書くことはなかった。

 とはいえ私は、自らを省みて、
 次の言葉の通り、
 参議院選挙を闘うことができたとお伝えしておきたい。

   義を明らかにして 私を計らず

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ