大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

皇室典範の本質を観よ

平成28年7月15日(金)

 この度、天皇陛下の、
 生前退位の報道が騒々しく飛び交い、あたかもこの問題が、
 国会で議論して決定される単なる
 「法律改正問題」
 であるかのように扱われているので、
 一言申しておきたい。

 本来、皇室典範とは、明治二十二年二月十一日、
 「大日本帝国憲法発布の勅語」と同時に発布された
 「皇室典範制定の勅語」によって明らかにされた
 「皇家の成典」である。
 その勅語に次のように述べられている。
 
 天佑を享有したる我が日本帝国の寶祚(ほうそ)は、
 万世一系、歴代継承し、以て朕が躬(み)に至る。
 惟ふに祖宗肇國(そそうちょうこく)の初(はじめ)、
 大憲一たひ定まり、昭(あきらか)なること日星の如し。
 今の時に當り、宜く遺訓を明徴し、皇家の成典を制立し、
 以て丕基(ひき)を永遠に鞏固にすへし。
 ここに枢密顧問の諮詢を経、
 皇室典範を裁定し、
 朕が後嗣及び子孫をして、遵守する所あらしむ。

 以上が本来の皇室典範である。
 即ち、皇室典範とは、
 神武創業以来明らかに定まっている皇家の遺訓を成典にしたものである。
 従って、本来、皇室典範は、「法律」ではなく
 「皇家の成典」つまり「天皇家の家訓」である。
 しかるに、この皇室典範が、
 当時我が国を占領統治していたGHQの強い意向により
 昭和二十二年、国会で法律として制定されたのである。
 ここにおいて、皇室典範は、
 本質は、皇紀とおなじ二千六百七十六年の歴史を貫く「皇室の家訓」であるが、
 形式は、「法律」として存在しているということになる。

 では、我らはこの「皇室典範」を、
 「皇室の家訓」として扱うべきか「法律」として扱うべきか。
 私は、その本質に即して「皇室の家訓」として遇し、
 単なる「法律」として扱ってはならないと考えている。
 従って、
 天皇を廃止することによって日本を解体しようとする共産党や
 尊皇の思いを全く有しない徒党を含めて、
 天皇陛下の生前退位及び皇位継承の問題を、
 単なる「法律問題」として
 「国会で議論して決めようとする現在の風潮」に異議を投げかける次第である。
 
 安倍内閣総理大臣や内閣官房長官は、天皇陛下の生前退位に関し、
 「コメントを控える」という態度をとっているが、
 これが現在、妥当な態度である。

新着記事

  • 令和2年7月9日(木)
    気が付けば、令和二年もはや七月の半ば、大きく言えば、文明の状況が一変しているように見えるのは小生だけであろうか。一夜明けてみれば、前日にはぼんやりしていたものの輪郭が、今朝は鮮明になって眼前にある、と…
  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…
  • 令和2年5月29日(金)
    武漢ウイルスの世界的な蔓延が始まっているなかで令和二年を迎え、我が国にもそれが蔓延してから、瞬く間に六月を迎えている。この中国の武漢を発源地とするウイルスは、感染しても潜伏期間が長く、発症しなくともそ…

アーカイブ