大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

イギリスのEU離脱決定は、我が国の移民問題・TPPへの解答モデルである

平成28年6月27日(月)

  イギリスの国民投票によるEUからの離脱決定に関して、
 我が国内での議論に危うさを感じるので申しておきたい。
 
 何故、危ういのか。
 それは、この度の決定が、
 EUに留まるのがイギリス国民の「理性」であるべきところ、
 その「理性」が、
 EUから離脱しようとする「感情」を抑えることができなかった結果である、
 との解説が大勢を占めているからである。
 即ち、
 離脱賛成が過半数を占めるということは、
 英国有権者が抱く反EUの「民族的感性」が、
 加盟維持という「国際主義的理性」を凌駕したということ。
 従って、あの英国でも、
 大衆迎合的ナショナリズムが本格的に始まったことを意味する。
 という解釈が大勢となっている(産経新聞「正論」平成28年6月27日)。
 さらに、この産経「正論」では、
 離脱の「民族的感性」は「ダークサイドの覚醒」であり、
 それは、「現在世界中で醜く、不健全で無責任な、
 大衆迎合的ナショナリズムが闊歩している」、その一環なのである。

 このようにこの度のイギリスのEUからの離脱決定を理解してしまうと、
 我が国においては、イギリスの離脱を、
 我が国とは無関係な別世界のイギリス国民が
 とうとう呆けて理性がなくなり、
 感情に走った結果だと言うことになる。
 
 しかし、違う。
 イギリス国民のEU離脱決定は、別世界のことではなく、
 実は我が国も突き付けられている同じ問題へのイギリス国民の解答なのである。
 それは、グローバリゼイションへのイギリスナショナリズムの解答である。
 つまり、移民問題へのイギリスの解答なのだ。
 
 そもそも、「民族的感性」は
 「国際主義的理性」によって抑止すべき
 「醜い不健全で無責任なダークサイド」なのであろうか。
 そうではない、
 「民族的感性」こそは
 国民国家を成り立たせる大切な精神的要点であり、
 「国際主義的理性」こそ
 民族的感性を崩壊させて国民から拠り所を奪い国民国家を解体させる
 「醜い不健全で無責任なダークサイド」なのだ。
 この「国際主義的理性」つまり「グローバリゼイション」によって、
 「21世紀に入り世界各地で貧富の差が一層拡大した」(産経「正論」)

 健全な国民国家こそ、人類の幸せを確保する要である。
 健全な国民国家の崩壊は、
 グローバリゼイションという弱肉強食の暴力と無秩序をもたらす温床であり、
 それは、何れ世界を一人の絶対的独裁者に支配させる道である。

 そもそも、20世紀までのヨーロッパにおいて、
 「理性」と「感性」のどちらが人類に惨害をもたらしてきたのか。
 キリスト教の原理主義即ち「理性(偽善)」がもたらした惨害、
 マルクスの「理性」つまり「インターナショナリズム」がもたらした惨害、
 ロベスピエールやヒトラーの「理性」がもたらした惨害を思い起こすべきだ。
 狂気と偽善は、いつも「理性」の姿をして顕れていたのだ。
 そして、大惨害をもたらしてきた。
 これに対して、
 「民族的感性」は
 豊かで多様なヨーロッパの文明を生み出してきたではないか。

 以上で明らかであろう。
 イギリスのEU離脱決定は、
 実は我々日本国民が直面している同じ問題に対するイギリス国民の
「民族的感性」に基づく解答であった。
 その直面している問題とは、「移民問題」そして「TPP」である。
 イギリス国民は、
 民族的感性によって、移民を拒否する回答を出したのである。
 我々日本国民も、
 民族的感性によって、同じ回答を出すべきである。

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ