大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

国民は、与野党の「戦後サロン」から脱却しよう

平成28年6月23日(木)

 参議院選挙始まる。
 初日の二十二日、午前十時半、東京の銀座四丁目の三越前で、
 党代表とともに街頭第一声。
 そして、新幹線に乗って大阪に戻り、
 午後三時半、大阪の梅田ヨドバシカメラ前で、大阪第一声、
 次に、なんば高島屋前で第二声、天王寺あべのハルカス前第三声で、
 堺東駅前に南下して、夕方、郷里第一声をした。
 
 なんばから天王寺に移動する際に、懐かしい通天閣の下を通り、
 昔からのバー「BABY」の前で
 「ベイビーさん、西村真悟です、始まった、よろしくたのみます」とマイクで言った。
 天王寺から堺東に移動し、
 その途中、阿倍神社前で中学高校の同級生がしている喫茶店 「ピエロ」の前を通り、「ピエロさん、西村や~、頼むで~」と呼びかけて通り過ぎた。

 初日の二十二日、街頭で訴えたことは以下の通り。
1.西の台湾には蔡英文という総統が誕生し、
 中国共産党と敵対関係に入ってでも一つの台湾を実現しようとしている。
 蔡英文は、多分、「鉄の女」だろう。
 東のアメリカには、この参議院選挙が終われば、新しい大統領が誕生し、
 アメリカが劇的に変わる可能性が大である。
 つまりアメリカ国民は、我が国がアメリカを守らないのに、
 アメリカだけが日本を守らねばならないのは不合理だと思い始めた。
 この通り、我が国を取り巻く国際環境は、もはや「戦後」ではない。
2.
その中にあって中共は、我が国の生命線であるシーレーンが通る南シナ海の軍事要塞化工事をほぼ完成させ、
 南シナ海を武力で「中国の海」にしようとしている。
 そのうえで、いよいよ北の東シナ海に軍艦を出して我が国領海を伺い始めた。
3.
この国際状況の中でこの参議院選挙が始まったのだ。
 従って、この度の選挙の最大の課題は、「国防」である。
 海洋国家である我が国が如何にしてシーレーンを防衛するか。これである。
4.
次に、国民を救出できない国家に未来はない。
 従って、北朝鮮に拉致された被害者救出は国政最大の課題である。
 そうであるならば、自衛隊を動員して救出する体制を創らねばならない。
 六月の初め、北海道の森の中で六日間も行方不明になっていた七歳の男の子の救出に
 自衛隊が出動した。
 そうであるならば、八百名を超えるといわれる北朝鮮に拉致された国民の救出にも
 自衛隊を動員すべきではないか。
 泥棒が人質を取って立てこもった場合、警察は泥棒に対して人質解放を説得する。
 犯人がその警察の説得に応じるのは、
 応じなければ警察が犯人を射殺してでも救出する実力を備えているからである。
 北朝鮮に拉致された国民救出も同じだ。
 いざとなれば、自衛隊を出動させて自ら救出できる実力が必要だ。
5.
以上の通り、
 南シナ海・東シナ海の防衛、
 そして、
 拉致被害者救出、
 これが、この度の参議院選挙の争点である。
 それゆえ私は、従来のように狭い衆議院総選挙の小選挙区の中ではなく、
 参議院の北は北海道から南は沖縄までの全国で、
 この国政の課題を訴えている。
 これほど、私の性に合った選挙をさせてもらえるのは初めてだ。

 初日にこのように訴えて本日朝を迎えたのだが、
 マスコミによると、
 自民、公明の与党首脳と、民進・共産等の野党連合は、
 なんと、仲良く、
 アベノミクスの成功か、失敗か、
 が争点であると申し合わせたように訴えていたらしい。
 あほらしい、現象ではないか。
 まるで、目をつぶれば世界はなくなると信じて、
 中共の動向を、見て見ぬふりをしている連中ではないか。
 つまり、彼らは与野党とも仲良く
 「戦後体制サロン」の住民なのだ。
 彼らにとっては、この「サロン」は快適で仕方がないのだろう。
 しかし、彼らは、次の歌に歌われた輩に過ぎない。

    人はみな 国の大事がわからずに
    おごりたかぶり よくにこうまん

 今、必要な決断は、これだ。

   平和を望むならば、戦いに備えよ

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ