大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

八月十五日の靖国神社

平成15年8月17日(日)

昨八月十五日の靖国神社は、滂沱の涙のような雨に包まれていた。

その無限の雨の雫のもとで、人々は、黙々と参拝し、思い思いに境内を歩いていた。

私も、その中の一人であった。

雨は冷たい雨であった。
既に残暑の過ぎた頃の十月下旬の冷たさであった。

 昭和二十年八月十五日と同じ、照りつける太陽の下のうだるような暑さ、白い地面、その中で頬をつたう、汗と涙。
 この例年の靖国の八月十五日の情景ではなかったのだ。

 これは、何だ。
 英霊が泣いて滂沱と流す涙か。ふと、そうつぶやいてしまう。

 では、英霊は何を悲しむのか。それは、国土と国民を守る意思と体制のない我が日本の姿を悲しむのである。
「われらは、このような祖国を出現させるために、山に海に屍を晒したのではないぞ」

 北朝鮮による日本人拉致問題が、日本の政党政治に突きつけてきた課題は、あまりにも重大であった。

 然るに、その課題から目をそらし続けてきた政党政治のつけを、これからわれわれは払わねばならない。
 国民は、やがて始まる六ヵ国協議において、当事者として扱われない被害国であるわが国の姿をまざまざと見るであろう。

 国際社会で、国民と国土を自力で守ることができないまま、怠慢を放置してきた国家が、正当な扱いを受けるはずがないのである。この当然のことを、これから見ることになる。今までは、金を出したのに、金額に見合った扱いを受けていないという不平程度で済んできたが、拉致問題だけは、そうはいかない。
 当然の朝鮮総連徹底捜査も、経済制裁も決断できなかった日本政治のレベルでは、いかに懇願しようが、生きているものが死んだことにされ、北に拉致されたものが入国の事実なしにされるのだ。これは、戦後政治が自ら招いた国の恥、屈辱である、と同時に、国民の悲劇を放置する政治の姿である。

 この政治の構成員である与野党各党の団子が、こぞって福祉の充実を図るという公約やらマニフェストやらを流す。だまされないでほしい。これほど笑止千万なことはない。
 では聞く。拉致された横田めぐみさん有本恵子さんらの福祉をいかに充実するのかと。
 まず、この切実な問いに答ええる者に、初めて福祉を語る資格があるのだ。
 よって、この切実な問い、切実で具体的な福祉の確保、これを突き詰めれば、「最大の福祉は国防である」となる。
 これが、現下の政治の課題である。このためのマニフェストを書いている政党はどこだ。

新着記事

  • 令和3年4月21日(水)
    四月十六日のホワイトハウスにおける日米首脳会談で、菅義偉総理とバイデン大統領は、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに両岸問題の平和的解決を促す」との文言を共同声明に盛り込むことに合意した……
  • 令和3年4月5日(月)
    昨年十一月から本年一月二十日までのアメリカ大統領選挙における大統領当選者確定までに見えた得体の知れない巨大な闇(ディープ・ステート)の不正と、支那の武漢を発源地とする未だ発生と変異のメカニズムが不明の…
  • 令和3年3月18日(木)
    三月十七日の札幌地裁の三人の裁判官が壇上で雁首並べて言い渡した判決は、この裁判官達の頭(おつむ)の中が、占領軍が仕掛けた「日本の伝統破壊というシナリオ」通りに機能していることを示している。裁判官である…
  • 令和3年3月15日(月)
    東日本大震災から十年を経る三月十一日が迫る日々は、連日、津波の状況や、その中での人々の苦難の様子が報道され、その度に目頭が熱くなった。そして私も、日本の國體、則ち、天皇のしらす國の顕現という観点から……
  • 令和3年3月10日(水)
    本年の三月十一日は、東日本大震災から十年にあたる。平成二十三年(2011年)三月十一日午後二時四十八分十八秒、男鹿半島東南沖百三十キロの海底を震源地とするマグニチュード9、最大震度7の大地震が発生し……

アーカイブ