大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

アメリカの理想と日本の理念

平成28年5月11日(水)

 アメリカ合衆国に関して二つの話題を書く。
 
(その一)
 ドナルド・トランプという人物が共和党の大統領候補になる。
 
 この共和党の大統領候補確定に至るまで、
 アメリカをよく知る外交評論家やジャーナリストの予測は外れ続けた。
 従って、ここから予測される事態は、
 トランプの大統領当選である。
 何故なら、アメリカをよく知る彼らの多くが、
 民主党のヒラリー・クリントンの大統領当選を予測しているからだ。

 トランプの共和党大統領候補確定までの経緯(いきさつ)は、
 理屈ではなく現象である。
 そして、この現象は、アメリカ社会の変貌から湧き上がっている。
 
 もはやアメリカは、「大草原の小さな家」に住んで、
 明日の豊かさを信じて明るく生きる白人家族の国ではない。
 このアメリカ社会の変貌から湧き上がる現象は、
 トランプを大統領にするだろう。
 考えてみれば、
 我が国を振り返っても、
 選挙つまり民主政治とは、
 こういうものだ。
 別にアメリカで特異なことが起こっている訳ではない。

 その上で、「アメリカの理想」について述べる。
 トランプ氏には「アメリカの理想」がないとよく言われているからである。
 これまで、アメリカ大統領は、
 自由や民主主義の理想を掲げ、
 世界秩序の牽引者という理想を掲げてきた。
 その理想がトランプ氏にはない、と言うのである。
 従って、理想を掲げないアメリカ大統領は劣悪である、と言うのである。

 しかし、私は言う。
 理想を掲げたアメリカ大統領が如何に劣悪で悪どくて危険か、
 身にしみて知っているのは日本ではないか、
 我が国を対米戦争に誘ったF・ルーズベルト大統領を忘れたか、と。
 さらに
 理想を掲げて世界中を歩き回るアメリカ人ほど迷惑なものはない。
 これを、アメリカンフールという。
 理想を掲げて居座るアメリカ人と、
 イナゴのように損得だけで居座る中国人はともに迷惑である。
 
 我が国は、昭和二十年代、アメリカ人に居座られて、
 けったいな「日本国憲法」という
 歯の浮くようなアメリカの理想を押しつけられて、
 未だに大迷惑している。
 
 文明論的に言えば、
 理想を掲げた一神教徒つまり欧米人が如何に危険だったか、
 身にしみて知っているのはアジアでありネイティブ・アメリカンでありアラブである。
 なにしろ、白人は、
 ネイティブ・アメリカンを殺戮して肥沃な土地を奪うこと、
 聖地エルサレムに住むアラブ人を殺戮すること、
 これら「西部開拓」と「十字軍」さらにアジア・アフリカの植民地支配を
 「神から与えられた使命」と信じたのである。
 何故なら、
 彼らは、異教徒を単純明快に人間とみなさないことができたからだ。
 今も彼らは、優越感の固まりだ。

 ドナルド・トランプは、
 ローマ法王からキリスト教徒ではないと言われ、
 アメリカの理想はないと言われ、
 剥き出しのアメリカの利害中心主義だと言われている。

 それで、OKである。
 我が国は、
 日本との連携が如何にアメリカの利益になるのかを
 トランプに身にしみて知らせようではないか。
 例えば、日本が如何に多くのアメリカの雇用を創設しているか、とか、
 日本の生み出す部品がアメリカの国防を支えている、とか。
 
 そして、同時に、我が国は、
 安全保障を中心に自立的姿勢を強め、
 自らの力で自らを守る誇りある日本を創設しようではないか。
 トランプの現象は、我が国に
 「戦後体制からの脱却」を促している。
 
 トランプ現象を転じて福としようではないか。


(その二)
 現大統領のオバマ氏が、この五月、
 史上初めて人類の頭上で原子爆弾が炸裂した広島の爆心地を訪問する。
 そこで、言っておきたい。
 我が国こそは、
 このアメリカ大統領の広島訪問を
 原爆を投下した加害者が被害者を訪問したという図式で捉えてはならない。

 アメリカのマスコミも我が国のマスコミも、
 オバマ大統領が謝罪するかどうかに関心を集めるだろう。
 そして、アメリカでは、謝罪してはダメだ、
 原爆投下によって日本を屈服させて戦争を終結させることができたので、
 多くのアメリカ軍兵士の戦死を防げた、
 よって、原爆投下は正当であったと主張される。
 つまり、多くの日本人を殺すことによって
 アメリカ人を救えたのでよかったのだという訳だ。

 しかし、日本は断じてこの次元に嵌ってはならない。
 これは、朝から晩まで被害者面をして
 謝罪とカネを我が国に要求する中韓の次元ではないか。

 我が国こそは、広島において、
 堂々と「日本の理念」を世界に語らねばならない。
 
 我が国は、原爆の使用によって
 「人類の文明」が破却されることを阻止するために戦争を止めたのである。
 あの時、我が国は、原爆の使用を
 「人類の文明」を破却するものと見抜いたのだ。

 よって、広島にオバマ大統領を迎える総理は、
 昭和天皇が、
 終戦の詔書において明らかにされた次の理念を思い起こさねばならない。

 
 加之(しかのみならず)
 敵は新たに残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し、
 惨害の及ぶところ眞に測るべからざるに至る。
 而もなお交戦を継続せむか、
 終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、 
 ひいて人類の文明をも破却すべし、
 斯くの如くんば
 朕何を以て億兆の赤子を保し、
 皇祖皇宗の神霊に謝せむや。
 是れ朕が帝国政府をして、
 共同宣言に応ぜしむるに至れる所以なり。

 
 天皇陛下が、
 この詔書において表明されている理念は、
 人類の文明を守ること、
 これが我が国の始まり以来の
 「皇祖皇宗の神霊」の望まれるところであるというものである。
 天皇陛下は、
 あの惨状のなかにおいて、原爆の投下の本質を
 人類の文明を破却するものと見抜かれた。
 
 他方、アメリカのトルーマン大統領は、
 戦艦オーガスタの上で広島への原爆投下の第一報を聞き、
 「わあ!世界で初めてのことが起こった」と小躍りした。
 そして、アメリカ人は、今もその本質を知らないかのように、
 原爆の投下は戦争を止めたので正当だったと議論している。

 昭和天皇の高貴な次元から見れば、
 まことに、哀れなアメリカ人と言うほかない。

 昭和天皇の御聖断を仰いで、
 戦争の終結を進めたのは総理大臣鈴木貫太郎である。
 鈴木は昭和二十年四月七日、江戸時代生まれの最後の総理大臣になった。
 鈴木に大命を降下された
 天皇陛下の大御心は、
 鈴木をして大東亜戦争を終結させることである。

 その鈴木の総理就任の前から、
 原爆投下以上の住民殺戮の惨状を我が国にもたらしていたのは、
 アメリカ軍の三月十日の東京大空襲から始まる東京を中心として繰り返されている
 民間人の大量殺戮を目的とした各都市への空爆であった。
 
 その残虐な連続空襲の最中の四月十二日、
 アメリカ大統領F・ルーズベルトが死去した。
 
 鈴木は、焼け野が原の首都東京から
 「私は深い哀悼の意を、アメリカ国民の悲しみに捧げる」
 との弔電をアメリカに送った。
 鈴木の心意気は、
 敵が如何なる人道に反する鬼畜の行いをしても、
 日本人は武士道を失わない、人間性を失わないことを
 アメリカ人に示すことであった。

 そして、その四か月後、
 昭和天皇は、人類の文明を破却から救うという
 高貴なる理念を世界にむかって示されたのである。

 安倍総理は、
 昭和天皇が示された高貴な皇祖皇宗以来の「日本の理念」
 臣鈴木貫太郎が示した武士道の誇りと心意気、
 この苦難のなかで鮮明にされた我が国の魂、日本人の誇りを
 体内に蔵して
 伊勢志摩でサミットを主催し、
 広島を訪れるオバマ大統領に同行されたい。

新着記事

  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…
  • 令和2年5月29日(金)
    武漢ウイルスの世界的な蔓延が始まっているなかで令和二年を迎え、我が国にもそれが蔓延してから、瞬く間に六月を迎えている。この中国の武漢を発源地とするウイルスは、感染しても潜伏期間が長く、発症しなくともそ…
  • 令和2年5月16日(土)
    後になって振り返れば、一定の目的に向かって行われた行動によって、その目的通りの結果をもたらしたように見えるが、実は、その時、そんな目的はなく、偶然にその結果がもたらされた、ということがある。サッカーを…

アーカイブ