大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

戦いの場は、参議院全国比例区!

平成28年3月15日(火)

 私西村真悟は、
 三月十二日、日本のこころを大切にする党の公認のもとに、
 来たる七月の参議院選挙において、
 全国比例区から出馬する決定をいただいた。

 言うまでもなく、参議院全国比例区とは、
 北海道から沖縄までの日本全土と海外に居住する日本国民によって、
 投票用紙に候補者名もしくは政党名を書いていただく選挙である。
 つまり、従来、私が経験してきた衆議院選挙では、
 日本の全人口の三百分の一の約四十万の小選挙区の中で
 名前を書いていただいていたが、
 これからは、人口一億二千万の全日本で
 名前を書いていただけることになった。
 
 よって、この選挙は、日本を変えうる選挙である。

 我が国を取り巻く内外の情勢が、まことに厳しく、
 危機に直面しているこの現在にあたり、
 まさに、祖国のためにやりがいのある選挙をさせてもらえる。
 政治の道を歩む者として、
 幸せである。

 何故なら、日本のこころを大切にする党と西村は、
 既に戦後から脱却しており、
 多数の戦後体制派に配慮して、また戦後体制内に安住して、
 国家のあるべき指針を明確に打ち出せない政界において、
 明確かつ大胆に、在野時代のチャーチルのように、そしてドゴールのように、
 全国民に対して、政治が為すべき責務を提示できるからである。

 それは、
 日本を守る・・・祖国、日本のこころとは何か
 国民を守る・・・如何にして拉致被害者を救出するのか
 国土を守る・・・核抑止力と尖閣そしてシーレーン防衛体制の構築
 を骨子にして、
 国民経済の豊かさを計り、
 教育の充実と生き甲斐のある国民生活を確保する方策を提示するものである。

 従来、全国比例区は、
 国民一人一人の判断による投票よりも、
 全国的組織が牛耳る組織票が当落を握ると言われてきた。
 しかし、現在の危機の時代には、それは通用しない。
 今は、幕末に匹敵する戦後体制末の
 草莽崛起の時代に入っている。
 よって、全国津々浦々の国民が、 
 西村真悟の日本に対する思いと行動を知り
 志を一つにしてくれていると確信している。

 全国の諸兄姉に、
 私と共に、この回天の選挙において、
 祖国のために闘ってくださるよう、
 切にお願い申し上げます。

新着記事

  • 令和1年6月25日(火)
    六月二十八日と二十九日、大阪でG20が開催される。世界の主要国G7にEUとロシアが加わり、さらにインドや中国そしてオーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカ、トルコ、サウジアラ…
  • 令和1年6月19日(水)
    平成二十八年八月八日、天皇陛下(今の上皇陛下)は、国民に対して譲位の御意思を表明された。その御意思に沿って同三十一年四月三十日の御譲位と翌五月一日の皇太子徳仁親王(今上陛下)の践祚がなされ、そして本年…
  • 令和1年6月7日(金)
    諸兄姉もご覧になる産経新聞の三つの論考を指摘して、現在の日本国民である我々が「内と外」の両面で直面している文明的課題と日本人に求められる決意と国策を述べたい。三つの論考とは、産経新聞の令和元年五月三十…
  • 令和1年6月4日(火)
    産経新聞は六月二日と三日の朝刊に「勇気の系譜 使命」という欄を設け、昭和二十年一月に、死を覚悟して沖縄に赴任した島田 叡(あきら)沖縄県知事の事績を紹介している。島田知事は、大阪府内政部長であったが……
  • 令和1年5月18日(土)
    丸山穂高衆議院議員が、北方領土の国後島へのビザなし交流訪問団に参加して、宿泊場所の「友好の家」で、訪問団団長の元国後島民の大塚小弥太さん(八十九歳)に、「戦争で奪われた島は戦争で取り返すしかない」とい…

アーカイブ