大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

御製に涙して

平成28年1月16日(土)

 私の親しくしていただいている方に、
 昭和十九年三月、東京から父の実家がある千葉の南房総に疎開した方がいる。
 四人姉妹の長女で父に連れられて一人で疎開した。
 父は実家から東京に戻るまでの一週間、毎日夜は眠りにつくまで抱きしめてくれた。
 別れ際に、見送りに行った峠で、
 父は、娘を抱きしめて言った。
 「どこにいてもお父さんはお前のことを見守っているよ、
  寂しくなったら靖国神社に会いに来なさい」

 父は何度も振り返りながら、遠ざかっていった。
 七歳の娘は、涙をこらえ唇をかみしめるのがやっとだった。

 終戦の日は、母も妹たちも父の実家にいた。
 戦争が終わった、お父ちゃまが帰ってくる、と部屋の中をスキップして廻った。
 
 しかし、昭和二十二年十一月、父は白木の箱に入って帰ってきた。
 軽い箱を開けると、
 父の名を記した一枚の紙だけがあった。

 父の最後の様子は、長いこと分からなかった。
 三十年後の昭和五十二年、
 母とルソンに慰霊に行ってから情報が入るようになった。
 そして、遂に分かった。
 父は、ルソンで機密文書を抱えて山林を転戦し、
 最後は、その文書を焼却して、
 爆弾を抱えて敵戦車に突っ込み、
 五体四烈して散華した。
 昭和二十年七月、終戦一ヶ月前、三十八歳だった。
 
 それから娘は、
 何十回となくフィリピンを訪れ、遺族らの情報収集を助け、
 父ら国のために殉じた英霊の慰霊を行ってきた。
 
 フィリピン戦線の戦歿者は、五十万人である。

 数年前、フィリピンで行われている遺骨収集がマスコミで報道されたとき、
 彼女は私に言った。
 私の父は、爆弾を抱えて戦車に突っ込んだのです。
 遺骨はありません。

 この度、フィリピン大統領からの招請を受け、
 天皇皇后両陛下はフィリピンに行幸啓される。
 その御日程は、
 一月二十六日、東京御発。
 一月二十七日、二十八日、マニラ御滞在
 一月二十九日、カリラヤ御到着
        ロスパニョス御到着
        マニラ御到着
 一月三十日、東京御着

 カリラヤ、ロスパニョス、まさに、慰霊地。
 天皇皇后両陛下は、カリラヤの日本庭園にある「比島戦没者乃碑」に献花され祈りを捧げられる。
 
 天皇皇后両陛下は、遂に、フィリピンで、
 第十四方面軍司令官山下奉文陸軍大将をはじめとする陸海軍戦歿将兵五十万人の慰霊をされる。

 そして、慰霊される天皇皇后両陛下とともに、
 七歳の時に父と別れた彼女もカリラヤの「比島戦没者乃碑」に慰霊する。

 昨年の末、彼女から、
 「私も陛下と共にカリラヤの慰霊地に入ることを許されているんですよ」
 と聞いたとき、思わず込み上げるものがあった。

 峠で振り返り振り返り、幼い娘と別れていった父上が、
 如何ほど慰められ喜ばれるかを思うと泣けてくる。

 いよいよ年が明けて、
 フィリピン行幸啓の一月に入った。
 そして、十四日の「歌会始の儀」が宮中で行われた。

 天皇陛下の御製は、
      
  戦ひにあまたの人の失せしとふ島緑にて海に横たふ
 これは、昨年四月九日、
 天皇皇后両陛下が、玉砕の島ペリリュー島の慰霊碑から
 五キロほど沖に浮かぶ同じく玉砕の島アンガウル島をのぞまれた思ひを詠まれた御製である。
 私は、
 両陛下のその慰霊の時にペリリュー島にいて、そのお姿に涙した。

 
 此の度の歌会始の御製を拝して私の心を満たした思いは、
 
 沖縄から、硫黄島、サイパン、そして
 昨年のパラオのペリリューとアンガウル、
 本年のフィリピンのルソンとレイテへと、
 
 天皇の大御心は、
 常に途切れることなく全戦歿将兵に注がれているという安らぎだった。
 そして、祈る御存在としての天皇の尊さが心に沁みた。
 

 歌会始の御製を拝したとき、車の運転をしていた。
 涙が込み上げてきて前が見えにくくなって困った。

新着記事

  • 令和2年7月1日(水)
    本日、七月一日、中共の立法機関?!「全国人民代表大会常務委員会」が、「香港国家安全法」を全会一致で可決して、香港の人々の中国共産党独裁政権に対する批判的な言動が「犯罪」となることになった。これは立法で…
  • 令和2年6月19日(金)
    本日六月十八日の産経新聞朝刊の「正論」に田久保忠衛先生が、「塚本元委員長と日本の安全保障」を書かれ、五月二十日に亡くなった塚本三郎元民社党委員長の歩みと、功績と、思想と民社党の志と、戦いと、存在意義を…
  • 令和2年6月5日(金)
    総理大臣の安倍晋三君は、すこし奇妙に思うのだが、ロシアのプーチン大統領と親しく、中共の習近平主席にご執心のようだ。彼は、プーチンをウラジーミルと呼び、ウラジーミルからシンゾーと呼ばれながら、何回も何回…
  • 令和2年5月29日(金)
    武漢ウイルスの世界的な蔓延が始まっているなかで令和二年を迎え、我が国にもそれが蔓延してから、瞬く間に六月を迎えている。この中国の武漢を発源地とするウイルスは、感染しても潜伏期間が長く、発症しなくともそ…
  • 令和2年5月16日(土)
    後になって振り返れば、一定の目的に向かって行われた行動によって、その目的通りの結果をもたらしたように見えるが、実は、その時、そんな目的はなく、偶然にその結果がもたらされた、ということがある。サッカーを…

アーカイブ