大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

朝鮮半島の日本人の運命は!

平成27年12月29日(火)

 十二月二十九日、本日朝刊は、第一面に次の大見出しがある(産経新聞)。
   「『慰安婦』日韓合意」
   「最終的、不可逆的に解決」
   「日本、新財団へ10億円」
   「像撤去は努力目標 決着に疑問」

 この見出しのうちで、
 正しいのは、「決着に疑問」だけだ。
 そして実行されるのは、「日本、新財団へ10億円」という具合になる。
 あとの見出しは全て誤報だ。
 つまり、この度の韓国との外相会談は、
 平成二十六年五月の北朝鮮とのストックホルム合意と同じだ。

 ストックホルム合意で、北朝鮮は日本の制裁解除と朝鮮総連本部ビルの使用継続を獲得した。
 そのうえで、北朝鮮は日本人再調査という約束を全て無視した。つまり、平然と約束を破った。
 
 この度の外相会談で、韓国は外相からの直接の「おわび」と、
 総理からの電話での「おわび」を受けた。
 そして、10億円を日本から受け取るだろう。
 さて、
 これは何を意味するのか。言わずと知れたことではないか。
 日本は、従軍慰安婦問題で日本に非があることを認めたのだ。
 つまり、日本は慰安婦の強制連行を認めたのだ。
 ここにおいて、事実を以て対処する原則は没却され、
 強制連行という虚偽を以て貶められた日本と日本人の名誉は回復される機会を奪われた。

 そもそも、韓国やアメリカ各地に建てられた
 「日本軍は20万人の朝鮮人女性を強制連行して性奴隷にした」とウソを刻んで、
 日々日本と日本人の名誉を傷付けているあの像の撤去が、
 「努力目標」だと!
 お前、舐められたのだよ、馬鹿。

 いやはや、外相は、これを、「最終的、不可逆的に解決」と自画自賛したわけだ。
 
 経験から学ばないのか。何回騙されたら分かるのか。
 相手は、日本人ではないんだ。「おわび」をして終わるのは日本人だけ。
 「おわび」をしたら始まるのが、韓国、朝鮮そして中共ではないか。
 ましてをや、あの韓国の外相は、日本の世界遺産登録問題で見事にウソをついた男ではないか。
 日本では、ウソをつくことは悪いことである。
 しかし、韓国、朝鮮そして中共では、ウソをつくことは悪くなく、
 騙されることが悪いことなのだ。

 ともかく、韓国は、
「最終的、不可逆的に解決」とはしゃぐ日本の外相と電話で謝ってきた総理を見て、
 薄氷を踏む思いの経済がこれ以上悪化すれば、
 日本からの緊急支援が開始される条件が整ったと、ほくそ笑み安堵している。
 これが彼らの目的だったのだ。

   腹に据えかねるとはこのことよ。
   以上、「不可逆的解決」についてのコメントはこれで止める。

 
 ところで、十二月も後半になり寒さが身にしみてくるこの時期、いつも思うのは、
 拉致被害者が抑留されている北朝鮮は、もっと寒いだろう、どうしているのか、ということだ。
 彼ら、彼女らは、きっと、
 新年を祖国日本で過ごせればどれほど幸せかと、日本からの救いを待っている。
 日本政府は、70年前の慰安婦に振り回されているが、
 現在の自国民の不幸にどれだけ取り組んでいるのか。
 冷淡すぎるではないか。

 更に言う。
 70年前の朝鮮人慰安婦(売春婦)にこれほど関心を示すのならば、
 70年前の朝鮮半島にいた日本人の消息にもっと関心を示せ。
 70年前の朝鮮半島は闇だ。
 その闇は、満州やシベリヤ以上だ。
 70年前に満州やシベリアからソビエトに抑留された人々のことは調査が進みよく分かっている。
 しかし、70年前に朝鮮半島にいた日本人の運命は分からない。
 はっきり言って、何万人殺されたのか分からない。

 ストックホルム合意に「1945年前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨の引き渡し」が書かれている。そして、北朝鮮は、日本人の遺骨一体につき200万円の支払いを要求した。
 その結果、北朝鮮の胸算用では、同国の国家予算を遙かに上回る巨額な金を日本からせしめることになる。
 ということは、膨大な何十万人かの消息不明の日本人が北朝鮮の土に埋められているということだ。

 青森県八戸在住の方が、ご自分の母親の体験談を私に教えてくれた。
 満州から歩いて引き上げの途上、北朝鮮に入ると、
 武器を持った兵隊に女だけ240人が集められて収容された。
 日本に帰国できたのは、そのうち80名だけである。
 また、1000円を出せば、日本に行く船に乗せてやると言われて1000円を朝鮮人に渡した人は全員帰国していない。

 また、諸兄姉には、是非、日本人少女、ヨーコ・カワカミ・ワトキンズさん(アメリカ在住)が70年前に北朝鮮から日本に引き上げてくる時の体験を書いた
「日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く」(ハート出版)を読んでいただきたい。
 想像を絶する苛酷な体験である。実に多くの日本人が朝鮮人に殺されている。

 今朝の新聞の見出しのように、70年前の「朝鮮人従軍慰安婦問題」に関心を示すのならば、それ以上に、70年前の「朝鮮における日本人同胞」が一体何人殺されたのか、その運命に関心を示さねばならない。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ