大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

拉致被害者の救出

平成27年10月5日(月)

 九月までの安保法案での大騒が過ぎ去ると、季節も一変して朝夕日々冷気が深まる。
 あれほど、「戦争法案反対」を叫んでいたのなら、
 現実に「戦争法案」が成立して国会が閉会した今こそ、
 その危険性が現実のものとなったのであるから、
 野党の面々は、院内から街頭へ繰り出して、
 「戦争反対」を叫ぶべきではないか。
 この動きが全くないことが不思議だ。

 振り返ってみれば、これは、「六十年安保闘争」の時と同じ現象である。
 ということは、「六十年安保闘争」以来、
 頭が凍結して進歩のない連中が法案に反対していただけだったということになる。
 
 しかし、馬鹿が反対していただけだ、と安心してはならない。
 我が国の馬鹿を煽てて利用している奴がいる。
 それに対する警戒を怠ってはならない。
 それは、我が国内外の反日勢力、即ち、中国共産党および北朝鮮とそれに呼応する国内の勢力である。
 スパイ防止法のない我が国は、「スパイ天国」であることを忘れてはならない。
 
 同時に、これら反対派の長期間に及ぶ国会占拠に近い「反対闘争」が、
 我が国が迫られている主要課題に如何なる悪影響を与えているのか点検しなければならない。
 
 断言してもいい。
 この度の法案に反対し、国会内で、また院外のデモ隊の前で、派手に騒いでいた連中は、
 北朝鮮に拉致された国民の救出に全く関心を示さない者達である。
 そして、彼らの反対運動は、大切な時期に差し掛かっている北朝鮮に拉致された国民救出問題を
 国政の舞台から排除するという効果をもたらした。

 昨年の五月、外務省局長級会談において、
 ストックホルムで合意した北朝鮮が実施する拉致被害者の調査結果報告は、
 本年の九月が過ぎても為されない。
 つまり、我が国は、平成十四年九月十七日の小泉総理の平壌宣言に続いてまたも北朝鮮に騙されている。
 このことが明確になっているのに、我が国から反撃の動きがないということは、
 即ち、北朝鮮を利することであり、騙され続けている我が国の外務省を甘やかすことである。
 このままだと、我が外務省は、もっともらしい顔をして、さらにいい加減で無責任な措置を続ける。

 この危機感を感じなければならない時にあたり、
 昨日、大阪で大阪ブルーリボンの会主催の「拉致問題フォーラム」が開かれた。
 日曜日に大勢の人が会場の国民会館に集まられたことに安堵した。
 何故なら、斯くの如き政治の現状においては、
 国民一人一人の同胞救出の思いの高まりこそ、事態を救出に向けて前進させる原動力だからである。

 この会において、私は、次の一点を主張させていただいた。
 
 このたびの国会の状況でも明らかなように、国政においては、与野党とも一致して、
 「北朝鮮域内で拉致された日本人を救出するには北朝鮮政府の許可がいる」
 という内閣の答弁で納得している。
 こんな馬鹿なことはない。国際的にも恥ずかしい。
 これは、「日本政府は日本人を救えない」と言っているに等しい。
 わが子を誘拐した犯人からわが子を取り戻す時に、
 犯人の許可がいると警察が言っているようなものではないか。
 我々は、この国政のレベルから脱却して、
 「北朝鮮に拉致された同胞を救出することができる政治」を築いていかねばならない。


  ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   

 なお、本時事通信を九月二十五日以来発信していなかったことに関して、その理由を報告します。
 それは、時間ができれば、原稿書きに没頭していたからです。
 現在、原稿用紙にして四百数十枚まで書き上げ、あと少々で完成します。
 この原稿を書いていて感じたことは、
 我が国の、戦前戦後の連続性を維持してこられたのは、
 昭和天皇であられたということです。
 まことに、昭和天皇は明治天皇とともには、偉大な天皇です。
 
 先日、昭和二十年八月十四日の終戦の御聖断の次第を調べ、
 侍従長の証言で知ったのですが、
 その時、天皇は、慟哭する阿南陸軍大臣に、
 「阿南、阿南、おまえの気持ちはよく分かっている」
 と声をかけられている。
 そして、自らの確信を語られ、御前会議から退出された。
 天皇は、阿南陸相が死にゆくことを知っておられた。
 そして、阿南陸相は、天皇の語られた確信に安堵して自決していったと感じた。
 その天皇の確信とは、国体の護持、です。

 全原稿が完成しましたら、ご高覧いただきたく存じます。
 朝夕の冷気、日々深まる季節、諸兄姉皆様、お体をご自愛ください。

新着記事

  • 平成30年12月17日(月)
    我が国を取り巻く国際情勢のなかで、平成三十年の後半から顕著になってきたのは、アメリカと中共の確執だ。この米中確執は、最初は貿易経済面の利害対立のように見えていたが、外交安全保障問題に特化したボルトン大…
  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…

アーカイブ