大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

さらに、一歩を踏み出そう

平成27年9月25日(金)

 安保法案が成立し、はやくも、次は経済へ、景気へと急速に関心が流れている。
 国会前の60年安保反対闘争が急速に終息して、低姿勢で経済一辺倒の所得倍増に流れたのと似ている。
 
 何故、60年安保を引きあいに出したかといえば、この度の国会前には、
 五十五年前の青少年が、そのまま頭の中が凍結されて、じいさんになったようなのが大勢いたからだ。
 
 また、そもそも、この糞暑い夏に、大騒ぎをした課題は、
 60年安保後に、すぐに着手して解決すべきであった課題であり、
 それが経済一辺倒・所得倍増のなかで、いままで凍結されていたのだった。
 従って、この度も、野党とデモ隊は、55年前のアホが、
 そのまま凍結されて出てきたような見るに耐えない状況になったと言うわけだ。

 そこで、今こそ、さらにまた一歩前進しなければならないと強調したい。
 第一、安全保障法制と言いながら、具体的な、
 北朝鮮に拉致された被害者の救出をどうするのか、
 沖縄の基地をどうするのか、
 これらに切り込んでいった議論はなかったではないか。

 遙かスーダンの自衛隊のPKO部隊が、駆けつけ警護ができるようになった。
 集団的自衛権行使で、アメリカ軍と自衛隊が共同行動をおこなえるようになった。
 これは、前進だ。

 しかし、国会の論者は、肝心の個別的自衛権を考える能力がないのか。
 北朝鮮に拉致された日本人の救出は、個別的自衛権ではないか。
 沖縄の基地問題は、我が国自身の安全保障の問題ではないか。
 
 ついでに言っておく。
 台湾を守ることは、我が国の個別的自衛権の問題である。
 それを示すケースは、
 1807年、デンマーク艦隊引渡請求事件、当事国、イギリス・デンマーク、である。
 
 せっかく、中共の習近平が9月3日に、
 仰々しいミサイル見本市的軍事パレードをしてくれているのに、
 台湾を守る問題が議論にならないとは恐れ入る。
 ミサイル防衛と巡航ミサイル保有が議論にならないとは。
 
 中共の南シナ海侵略、侵略した島に滑走路と港湾をを建設して
 南シナ海の領海化を目論むのを如何に阻止するのか。
 これが議論できないのか。
 或る意味では、遙か北アフリカの駆けつけ警護よりも重要ではないか。

 北朝鮮に拉致された日本人を、北朝鮮域内で確保して日本に救出してくることは、
 北朝鮮政府の了承がなければできません。
 これで、与党も野党も議論を終えていていいのか。
 
 誘拐された自分の子どもを救出するためには、誘拐した犯人の同意が必要です。
 こんな馬鹿なことを真面目に言っている馬鹿が何処にいる。

 つまり、この度の安保法制の議論が過ぎたからといって、忘れてはいけない。
 まず、個別的自衛権とは何で、如何にして行使するのかに取り組もう。
 個別的自衛権であるから、
 集団的自衛権に関して、驚くべき馬鹿なことを言っていた学者や内閣法制局出身のおっさんや
 ノーベル文学賞受賞作家などは出る幕はないだろう。

 さて、沖縄だが、
 県知事が、人権問題を討議する国連に行って、沖縄の基地反対を訴えている。
 外務省は、直ちに、沖縄県知事のパスポートを失効させるべきだ。
 
 日米両軍が激突した沖縄戦は、七十年前の昭和二十年六月二十三日に組織的戦闘が終わった。
 しかし、気がつけば、今、第二の沖縄戦が展開されている。
 中共の思想戦、宣伝戦そして工作活動であり、
 日本内部の左翼、共産党そして、
 つい最近まで国会の前にいた曰く言い難い群衆である。彼らは中共の工作で動く。
 彼らは、赤子まで動員する「群衆」のプロである。
 この第二の沖縄戦で敗れれば、我が国のみならず、
 東アジア全体が一挙に地殻変動の上に乗っかったような混乱に陥る。

 何度も言っているが、また言う。
 平和を望むならば、戦いに備えよ!

 苦言ばかり書いてきたが、最後に、
 彼らもいいことを教えてくれたと評価しておきたい。
 第一に、憲法学者はこんなアホなのかと教えてくれた。
 第二に、内閣法制局にはこんなアホがいるのかと教えてくれた。
 第三に、平和、平和という奴ほど、すぐ暴力に訴えると教えてくれた。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ