大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

ウソの上を行進する抗日戦争勝利70周年軍事パレード

平成27年8月30日(日)

 習近平は、権力闘争と権力の堕落腐敗、株価暴落の経済破綻現象、そして、天津の大爆発と各地の小爆発と社会不安発生の、やることなすこと無茶苦茶になってきた政権運営の渦中で、せめて、
 「(中国共産党の)抗日戦争勝利軍事パレード」だけは、豪勢にやりたいのだろう。

 しかし、我々日本人は、そのパレードの日である9月3日が近づけば近づくほど、
 それは「ウソ」だ、と繰り返し、
 我が外交は、
①昭和20年9月2日のアメリカ戦艦ミズーリ号における降伏文書調印国は中華人民共和国ではない。
 ②また、9月3日は何もない日だ。
 その時、中国共産党軍は、延安の土の穴蔵に土蜘蛛のように潜んでいて日本と戦っていない。
 ③日本軍と戦ったのは、蒋介石の中国国民党軍であり中国共産党ではない。
 ④よって、習近平が仕組む9月3日の抗日戦勝利70周年軍事パレードは、
 何もない日の「ウソ」の上に乗ったパレードである。
 と、世界にアピールし、
 参加予定国に「ウソ」を北京にまで見物に行く暇はないと思わせる広報活動を展開すべきである。
 
 もっとも、自分の親父も含めて日本国軍人として中国国民党軍と戦った祖父の世代をもつ国の大統領がパレード見物に行くのは、勝手にさせておけばいい。
 それは、彼らの特有かつ宿痾の呪われた支那従属病であるからだ。あの国連の事務総長もそうである。
 これは、朝鮮流の身内抜擢を国連人事に持ち込んだ破廉恥な事務総長である。

 さて、
 航空自衛隊の佐藤守閣下によると、
 その軍事パレードには、女性儀仗隊が行進するらしい。
 それも、平均年齢二十歳、身長百七十八センチのすらりとした美人ばかりがミニスカートで行進するらしい。
 全員モデルのような女性だと中国紙が解説しているが、
 モデルのよう、ではなく、全員モデルなんだ。
 そのモデルを突然召集して、連日連夜訓練し、三キロの銃を構えさせて歩かせるのだから、
 彼女たちの体が悲鳴を上げているという。可哀想な話である。
 習近平は、嫁さんが女優だから、モデルに執着するのか。

 そして、九月三日、中国共産党の幹部連中は、
 目の前を行進する女性儀仗隊を眺めてヨダレをたらすというわけだ。あほらし。
 
 この共産党幹部連中は、習近平自身が先行自白しているように、堕落しきっている。
 ある抜群の美人女優が、エイズであると発表された時、
 真っ青になった共産党幹部は決して一人ではなく、十人、さらに二十人単位であったと聞いた。
 結局、独裁者は所詮独裁者である。
 中国共産党のレベルも、同じタイプの美人を集めて「喜び組」を作って外国人の気を引こうとする北朝鮮の金王朝の馬鹿らしさと同じだ。
 それに拍手する韓国と国連からの参観者は、馬鹿に見えること請け合いだ。

 次ぎに、軍事パレードであるが、
 軍事専門家の間では、どういう新兵器が新しく登場するかに関心が集まっている。
 しかし、このパレードで見せびらかす各種兵器と兵隊の使用目的は行進前からはっきりしている。

 それは、中国共産党の自己保全と覇権の確保と維持の為である。

 従って、天安門事件やチベットそしてウイグル弾圧やベトナム侵攻で明らかなように、
 中国共産党が見せびらかす兵器と兵隊は、
 
 自国の人民の殺戮と、
 少数民族殺戮、そして、周辺諸国攻撃、即ち、邪悪な目的の為に使われる。

 では、この九月三日にパレードを行う人民解放軍が天安門事件のように「攻撃対象とする人民」
 以外の中国人つまり共産党幹部とはどうゆう人種なのか。これを観誤ってはならない。
 次ぎに掲げるように、二人の先人が既に適切に教えてくれている(口語訳)。

 明治十二年、帝国陸軍将校福島安正の清国偵察報告「隣邦兵備略」
 「清国の一大弱点は公然たる賄賂の流行であり、これが百悪の根源をなしている。
 しかし、清国人はそれを少しも反省していない。
 上は皇帝、大臣より、下は一兵卒まで官品の横領、横流しを平然と行い、
 贈収賄をやらない者は一人もいない。
 これは清国のみならず古来より一貫して変わらない歴代支那の不治の病である。
 このような国は、日本がともに手を取ってゆける相手ではありえない。」

 大正二年、内田良平著「支那観」
 「相変わらず、金銭万能が支那の国民性の持病となっている。
 堂々たる政治家を自任する者にして、美辞麗句とは裏腹に振る舞いは汚れ、
 彼らの心事が巷の守銭奴と何ら変わらないのは昔のままである。」
 「少しでも多くの金銀を得ようと固執し、財宝を盗み、大甕の酒を飲み、
 美味の肉を食らおうとするほかには、何の関心ももたない。」
 「支那人は、詐欺を義務とさえ考えているようである」

 以上を総合すれば、
 邪悪な独裁帝国の主席、習近平の九月三日の抗日戦争勝利七十周年軍事パレードは、
 
 ろくでもない奴らが、
 ウソをでっち上げて、
 ろくでもない目的のために使う武器を見せびらかす、
 エログロショーをまじえた、
 ろくでもないパレードである。

 よって、近来、めずらしい見せ物、と、
 モデル行進の部分を中心にTVにて一瞥されるのも、また一興であろう。
 

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ