大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

八月六日、TVは原爆慰霊祭から高校野球に切り替わる

平成27年8月6日(木)

 本日、朝、感じたこと、というより、TVで見た画像の変遷は、
 広島の爆心地での原爆慰霊祭と、それに続く、甲子園球場での全国高校野球開会式であった。
 
 まず、高校野球開会式に関して述べ、それから原爆投下に関して述べる。

 昨年の八月六日、沖縄県座間味島守備隊長であった梅澤裕陸軍騎兵少佐が亡くなり(享年九十七歳)、
 この八月二日に、天王寺の性厳寺で一周忌法要が行われた。
 梅澤少佐は、米軍の侵攻が迫る座間味島の、
 自決用の武器と弾薬を提供して欲しいという住民代表に対して、
 自決してはならん、生き延びよ、
 と命じた隊長であった。
 
 しかし、その梅澤少佐が、
 戦後のマスコミと大江健三郎の「沖縄ノート」という著書(岩波書店)では、
 住民に「集団自決命令」を出して自決せしめた鬼の如き極悪の人物とされた。
 そこで、梅澤少佐は、その自虐史観の濡れ衣を払い国家と軍と自分の名誉を守るために、
 著者と出版社を相手にして、集団自決命令冤罪訴訟を提起して戦い続けた。
 その結果、事実認定として、裁判所は「自決命令を裏付ける証拠はない」と認めたのである。
 そして、一年前の葬儀に、
 櫻井よしこ氏は「梅澤さんの濡れ衣は、完全に晴れた」との弔電を送り、
 梅澤少佐の訴訟を全面支援し続けた南木隆治氏は、
 集団自決命令の虚構、南京大虐殺の虚構、従軍慰安婦強制連行の虚構は、総て崩れつつある、
 と梅澤少佐の人生をかけたご努力を讃えた。

 以上は、昨日も、台湾最南端から南に広がるバシー海峡での戦没将兵慰霊祭に関して述べたことである。
 そこで、昨日述べていたからこそ、本日、次のことを述べたいのだ。
 
 今朝の高校野球開会式において、朝日新聞社長が、開会を宣言し挨拶をする段になると、
 目を逸らせチャンネルを替えた。
 聞くに、見るに、堪えない。
 朝日新聞こそは、
 南京大虐殺の虚構、従軍慰安婦強制連行の虚構そして梅澤守備隊長の集団自決命令の虚構を
 故意に真実として報道し続け、
 日本国と日本国民の名誉を著しく毀損し続けるという卑劣な巨悪の元凶ではないか。
 その朝日新聞が、何故、純粋な少年達の高校野球の主催者になれるのか。

 考えてもみて欲しい。
 彼ら高校野球に励む球児達は、
 部員の一人でも万引きすれば、また、暴力沙汰を起こせば、全員が出場停止になる。
 そして、そう仕向けるのは、朝日新聞などのマスコミではないか。
 そういう不祥事が起こると、
 マスコミは、校長と野球部監督を記者会見に引きづり出して、
 出場を辞退しますと言わせて、頭を下げさせる。
 これが、朝日新聞等マスコミの姿ではないか。
 このマスコミ人達は、決して品行方正ではないのに、高校球児達の品行については、ここまでアラを探る。

 そこでだ!
 ここまで厳しい倫理と連帯責任を要求されて頑張ってきた純粋な球児達の全国大会を、
 こともあろうに!
 球児達の純粋さとは、まさに正反対の朝日新聞が、主催する資格があるのか!

 優勝校の主将に、朝日新聞社長が優勝旗を授与する場面を想像するだけでも、少年が気の毒である。
 勇敢に戦って泥棒を捕まえた正義感に満ちた少年に対して、
 泥棒詐欺師の親分が、その正義を讃えて表彰する偽善と変わらないではないか。

 
 次ぎに、広島への原爆投下について述べる。

 あらためて、昨年の十月に訪れて立ったテニアン島のB29への原子爆弾搭載現場と、
 原爆を搭載したB29が発進した滑走路が目蓋に浮かんだ。
 熱帯のジャングルを抜けてくる風が、
 あそこだけはヒヤリとするほど冷たかった。
 あそここそ、アウシュビッツを凌ぐ虐殺地点である。
 
 アウシュツビッツやダッハウのユダヤ人絶滅収容所は、
 ヒットラーに率いられたナチスドイツの狂気がなせる虐殺地点である。
 このことは今や普遍的な認識だ。
 これに対して、
 テニアンの原爆搭載地点と滑走路は、今もなお民主主義と人類の正義がなせる日本人虐殺地点である。
 このアウシュビッツとテニアンと、
 どちらが恐ろしいか。
 
 アユシュビッツの入口に、アメリカがテニアンでしているように、
 「ここは、ナチスドイツの輝かしい歴史的ポイントである」
 と誇らしげに、今も、書いてあれば、どう思うか。
 これを想像して欲しい!

 話題を変える。
 原爆投下を、何故、阻止しえなかったのか。
 あの当時でも、総力を挙げれば、阻止し得たのだ!
 情報をもっと収集できて、情報部員の判断力がアップしておれば、
 本土防衛の我が戦闘機群が、
 原爆を搭載したB29に襲いかかり、それを太平洋に機体ごと沈めることができた!
 以下、このことを書く。堀栄三著「大本営参謀の情報戦記」より。

 当時、大本営情報部は、アメリカ軍の暗号解読はできなかったが、
 電波は二十四時間一語も漏らさず聞いていて、
 グアム、サイパン、テニアンにいるB29は全機コールサインから把握していた。
 従って、編隊の機数も訓練の状況も、日本本土上空で撃墜され欠番となった機も把握していた。
 その中で、昭和二十年五月中旬、
 ホノルルを発してサイパンに向かったB29一機の奇妙な行動を捕捉した。
 
「このB29はかつてないことをした。つまり、かなり長文の電報をワシントンに向けて発信したのであった。たった一機のB29がワシントン宛に電報するとは異変であった。
 ・・・六月中旬頃までの追跡で判明したことは、不思議にもこの部隊は十機から十二機までの部隊であることも判った。(通常百十機)」
 大本営情報部は、この機を「正体不明機」と命名し、
 テニアンのこの飛行機の基地を攻撃するように、参謀総長や防空部隊に意見を具申したが、
 硫黄島失陥後の日本には既にその可能性はなくなっていた。

 『七月十六日、ニューメキシコ州で新しい実験が行われた』と言う外国通信社の記事が目についた。
 しかし、この「正体不明機」の任務は判らず、
 大本営の第六課、特情部、航空本部のそれぞれの情報担当者は、
 連日のように研究会議を重ねて、まさに日夜懊悩した。だが深い霧は晴れなかった。」

 「八月六日午前三時頃、このコールサインでごく短い電波がワシントンに飛んだ。
 ・・・コールサインからは二、三機の編隊と判断された。
 午前四時やや過ぎて、硫黄島の米軍基地に対して、
 この飛行機は、『我ら目標に進行中』と発信した。・・・それ以後は皆目電波は出さなかった。
 午前七時二十分頃、
 豊後水道水の子燈台上空から広島上空に達したB29一機が播磨灘の方へ東進中に電波を出した。
 この電波に気を取られて、後続の編隊が出てくるはずだと、
 目も耳も気もとられていたその瞬間、
 八時六分、二機のB29が豊後水道とは反対の東の方から広島上空に向かって突入していた。
 彼らはいままでの常套戦法の裏をかいた。

 午前八時十五分、広島上空に一大閃光とともに原子爆弾が投下された。
 『ああ、万事休す』
 第六課の米国班の堀達が追跡した正体不明機は、原爆投下という特殊な任務機であったことを、最後まで見抜けなかった。
 ・・・いずれにしても、情報の任に当たる者は、『個人の勘』が働くだけの平素から広汎な知識を、軍事だけでなく、思想、政治、宗教、哲学、経済、科学など各方面にわたって、自分の頭のコンピューターに入力しておかなければいけなかった。
 堀達の頭に、原爆という語は、その当時かけらもなかったことを告白する
 ・・・想い出しても、想い出しても残念であり、その罪の大なるを感じている。」

 以上が、アメリカ軍の侵攻時期や侵攻地点を、情報を分析してことごとく的中させ、
 「マッカーサーの参謀」と呼ばれた大本営参謀堀栄三陸軍大佐の手記の内容である。
 八月六日の本日、
 あらためて、情報収集と分析の死活的重要性を再認識し、
 我が国に、各セクションごとではなく、
 国家のための統合情報収集機関の設立が必要であると訴える。

 本日の広島から発せられる情報は、
 爆心地の原爆公園に建てられた例の碑文に沿ったものである。
 従って、原爆の悲惨さ、原水爆廃止の訴えである。
 それは仕方がないことであろう。
 
 そのうえで私は、
 原爆が投下された直後に救援のために広島に入った兵隊達が、
 異口同音に聞いた被災者の声を紹介しておきたい。
 それは、いままさに亡くなろうとしている人々の、
 「兵隊さん、仇をとって下さい」という声であった。
 よって、その声に応える為に、
 我が国は、情報収集能力と核抑止力を強化しなければならない。

新着記事

  • 令和3年8月2日(月)
    現在、東京オリンピック・パラリンピックは無観客で開催されている。そして、オリンピック開催反対を主張していた新聞社は、連日、テレビでオリンピックの各競技を実況中継している。また、同社は、八月の甲子園球場…
  • 令和3年7月15日(木)
    ロシアのバルチック艦隊を対馬沖で迎撃し殲滅した1905年5月27日の日本海海戦から百周年に当たる2005年以来、毎年5月27日に対馬を訪れていたが、武漢ウイルス蔓延により、ここ二年間、5月27日に対馬…
  • 令和3年7月1日(木)
    七月の中旬に梅雨が明け、八月にはいると、お盆で、戦没者慰霊の日がくる。そこで、現在の我々日本人が、未だ我が国を占領していたGHQに洗脳された通りに、自らの思考を停止していることを指摘しておかねばならな…
  • 令和3年6月18日(金)
    六月十八日(本日)の産経新聞朝刊の「正論」は、竹内久美子さんの「皇統途絶えさせる議論危惧する」と題するまさに時宜にかない秀逸で貴重な論考を掲載している。何故、貴重か。それは女性である竹内久美子さんが……
  • 令和3年6月14日(月)
    如何なる形態であれ、国家があれば、そこに、その国家の「あり方」を示す憲法がある。その憲法には、憲法典として紙に書かれた「形式的意味の憲法(成文憲法)」と憲法典として紙に書かれていない「実質的意味の憲法…

アーカイブ