大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

「ミュンヘンの宥和」の教訓を実践する時が到来している

平成27年6月1日(月)

 今まさに、東アジアの状況の中で、
 歴史の教訓としての戦争を生み出した「ミュンヘンの宥和」を思い起こし、
 同じ轍を断じて踏まないと決断し行動に移さねばならない。

 先日、本通信で「目を周辺情勢に転じよ」と題して、
 中共の南シナ海スプラットリー諸島での人口島建設を「侵略」であると警告した。
 しかし、その時は、中共はまだ、人工島建設の目的を漁業のためとか資源調査のためとか説明しており、「平和を守るため」として軍事の為、即ち、南シナ海における軍事力増強の為とは認めていなかった。
 
 ところが、五月三十一日、シンガポールのアジア安全保障会議(シャングリラ対話)において、
 中共の人民解放軍副総参謀長である孫建国は、南シナ海の人工島建設を、
 軍事、防衛上のニーズを満たすためだ、と説明し、明確に軍事目的であることを認めた。

 これは、我が国が、中共の南シナ海における人工島建設に対する対処を一変させる転機である。
 即ち、我が国も、中共の「明確になった軍事目的」を、「明確に阻止する」行動を開始するべきである。
 仮に、中共が明確にした軍事目的達成のための人工島建設を、
 我が国が今までのような態度を続けて見守るだけなら、
 それはつまり、我が国が、中共に「宥和」し、
 果ては中共の東アジア海域に対する「侵略」を追認することになる。

 アメリカのカーター国防長官は、人口島の十二海里以遠で偵察飛行を続けながら、十二海里以内を航行する方針を明確に打ち出し、シンガポールでの同会議において、五月三十日、中共に人工島建設の即時中止を要求した。
 このアメリカの要求に対して、中共の孫副総参謀長は、翌三十一日、明確に「軍事目的である」と認めたのだ。

 よって、我が国は、
 このアメリカの要求に対する中共の明確な軍事目的表明を受けて、
 その中共の軍事目的を阻止する行動を開始するべく、
 アメリカおよびアセアン諸国またオーストラリアとニュージーランドに、
 「東アジアの海の自由を守る作戦」実施を呼びかる時が来た。

 再度明確に言っておく。
 南シナ海のシーレーンを守ること、南シナ海の航行の自由を守ることは、
 我が国の存立に直接影響を与える、我が国の「個別的自衛権行使」の領域である。

 国会において、現在、ちんたらと行われている「安全保障体制議論」に、
 総理大臣を付き合わせている時ではない。
 次の経過から学べ。

 一九三六年(昭和十一年)、ナチスドイツのヒットラーは、
  ベルサイユ条約で非武装地帯と定められたラインラントに武力侵攻した。
  イギリスなど各国はそれを阻止しなかった。
 一九三八年(十三年)、ヒットラーは、オーストリーを併合した。
  次いで、ヒットラーは、チェコスロバキアのズデーデン地方の割譲を要求する。

  同年九月、ミュンヘンにイギリスやフランス首脳が集まり、ヒットラーの要求を認める(宥和)。
   イギリス首相チェンバレンは、ミュンヘンから帰国して、空港で、
「私は平和を持ち帰った」とイギリス国民に告げる。
 
 ところが、
 一九三九年八月、独ソ不可侵条約締結(モロトフ・リッペントロップ協定)
  同年九月一日、ドイツ、ポーランド侵攻
    九月三日、イギリス・フランス、ドイツに宣戦布告・・・第二次世界大戦勃発
 つまり、チェンバレンが持ち帰ったのは、平和ではなく戦争であった。
 これが、独裁者との宥和が生み出した結果である。

 イギリスの戦時首相ウインストン・チャーチルは、「回顧録」で述べる。
  「第二次世界大戦は、防ぐことができた。
   融和策ではなく、早い段階でヒットラーを叩きつぶしておれば、
   その後のホロコーストもなかっただろう。」
 
 アメリカのジョン・F・ケネディ大統領のハーバード大学時代の研究テーマは、
 「ミュンヘンの宥和」であった。そして、「何故、イギリスは眠ったのか」という論文を書いた。
 当然、ケネディは、チャーチルがミュンヘンの宥和に対して何と言ったかは知っている。
 よってケネディは、この「ミュンヘンの宥和」から得た教訓に基づいて、
 一九六二年(昭和三十七年)十月十四日~二十八日の「キューバ危機」において、
 「早い段階で叩きつぶす」決断をしたのだ。
 即ち、ケネディは、断固としてキューバを海上封鎖して第三次世界大戦も辞さずとの姿勢を示し、
 ソ連がキューバに核弾頭ミサイルを運び込むのを阻止し、ソ連に既に運び込まれたミサイルの撤去を要求した。
 この時アメリカ軍は、
 B52戦略爆撃機が常時空中待機するデフコン2(最高度に準じる防衛体勢)に入った。
 この結果、ソ連のフルシチョフ首相は、キューバからのミサイル撤去を表明する。
 ケネディが、「ミュンヘンの宥和」からの教訓に基づいた、
 相手の意図を「早い段階で叩きつぶす」措置を決断していなければ、
 アメリカは現在も、喉元に核ミサイルという短刀を突き付けられたままだったろう。

 
 そこで現在、
 中共が埋め立てて人工島を造っているスプラットリー諸島(南沙諸島)は、
 フィリピンが領有権を主張している諸島であり、
 同じく中共が奪った西沙諸島は、ベトナムが領有権を主張している諸島である。
 また、尖閣諸島は、我が国固有の領土である。

 このように中共が領有を主張している所は、総て他国の領有するところである。
 つまり中共は、他国の島を武力で奪い、これから奪おうとしているのだ。
 これ即ち、中共は、
 ラインラントに進駐し、オーストリーを併合し、ズデーデン地方を奪った
 ナチスドイツのヒットラーと同じである。

 振り返って、チャーチルが言う「早い段階でヒットラーを叩きつぶす」べき時は、
 ヒットラーの「ラインラント進駐」の時であった。
 これを現在の東アジアに置き換えれば、
 南シナ海における中共の「ラインラント進駐」が、
 現在進行中のスプラットリー諸島埋め立てである。

 我が国は、「ミュンヘンの宥和」からの教訓に基づき、
 フィリピン、アメリカと連携して、
 フィリピンのスービック及びクラーク基地に哨戒機と戦闘機とイージス艦を進出させ、
 アメリカ海空軍と協働して、
 中共のスプラットリー諸島軍事基地化を阻止するための作戦行動を開始すべきである。
 事態は、既にこれほど深刻である。

新着記事

  • 令和3年11月4日(木)
    この度の令和三年十月に行われた衆議院総選挙が、我が国を取り巻く如何なる軍事的危機の中で行われたのかを、まず確認したい。この総選挙は、我が国に対する冷戦期を遙かに超える戦後最も厳しい軍事状況の中で行われ…
  • 令和3年10月26日(火)
    今、まさに、占領軍が我が国に仕組んだ「日本解体の仕掛け」が機能していることを確認しなければならない。そして、それを機能させているのは、占領軍ではない。我が国の「戦後の政治」だ。そう、安倍晋三君が、「戦…
  • 令和3年8月2日(月)
    現在、東京オリンピック・パラリンピックは無観客で開催されている。そして、オリンピック開催反対を主張していた新聞社は、連日、テレビでオリンピックの各競技を実況中継している。また、同社は、八月の甲子園球場…
  • 令和3年7月15日(木)
    ロシアのバルチック艦隊を対馬沖で迎撃し殲滅した1905年5月27日の日本海海戦から百周年に当たる2005年以来、毎年5月27日に対馬を訪れていたが、武漢ウイルス蔓延により、ここ二年間、5月27日に対馬…
  • 令和3年7月1日(木)
    七月の中旬に梅雨が明け、八月にはいると、お盆で、戦没者慰霊の日がくる。そこで、現在の我々日本人が、未だ我が国を占領していたGHQに洗脳された通りに、自らの思考を停止していることを指摘しておかねばならな…

アーカイブ