大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

西村眞悟の時事通信 2015年の記事一覧

記事ID:1056
平成27年1月15日(木)

日本人が怒髪天を突くほど怒るべき言論弾圧である

 韓国の法相が、本日十五日に期限を迎える産経新聞の前ソウル支局長の加藤達也記者の出国禁止措置を、十六日からさらに三ヶ月延長した。  これにより、加藤記者は、昨年八月七日の出国禁止から現在まで韓国内に留め置かれ、 その間、反日韓国人からの攻撃対象とされ、異国において不安な不自由な生活を余儀なくされ…

記事ID:1055
平成27年1月13日(火)

神話と日本

 産経新聞が、本年に入って、「海道東征をゆく 神武さまの国造り」という神話を連載し始めた。 産経新聞は、これまで度々「神話」を連載してきた。 これは実は、大変貴重な連載なのだ。  そこで、我々と神話に関して思うことを書き留めておきたい。 本日、これから大阪に出て、午後に東京に移動する。 それで……

記事ID:1054
平成27年1月12日(月)

靖国神社にて

 中条高徳さんが、昨年末に八十七歳の御生涯を終えられた。 旧臘二十七日に「どうも中條さんが亡くなられたようだ」と、 大阪の難波神社での勉強会で産経新聞氏からお聞きした。 その時、中條さんが、毎日参拝されていた靖国神社を思った。 また、中條さんの、この世の最後の靖国参拝は何日だったのだろうかと思う…

記事ID:1053
平成27年1月8日(木)

安倍晋三談話はいらない

 新春、「戦後七十年」の本年、安倍晋三談話をだすとの意向が総理から表明された。 そして、その内容は、村山富市談話などと整合性をもつ内容になるという。 そこで言っておく。 「戦後体制から脱却する」、「日本を取り戻す」と言っている者が、 その戦後の中から「戦後七十年談話」を出す必要はないだろう。 ……

記事ID:1052
平成27年1月3日(土)

志士を知る者の涙

 この正月、維新創業期の三人、西郷隆盛、山岡鉄太郎そして勝海舟からの聞き取り書きに接した。 この三人は、それぞれ薩摩藩の頭目や幕臣であり立場は違ったが、 お互いが、ともに尊皇憂国の武士であり、 一点の曇りもない至誠を以て天下に処する者であることを瞬時に見抜いた。  それ故、この三人が、江戸無血開…

記事ID:1051
平成27年1月1日(木)

年頭、烈風

 平成二十七年正月元旦、 新年、あけまして おめでとうございます。 御皇室の彌榮と日本国の安泰そして諸兄姉のご多幸を祈りもうしあげます。 朝になれば思い浮かぶ御製がある。 それは明治天皇の御製。高貴にしておおらか、そして雄大である。      あさみどり 澄みわたりたる 大空の 廣きをおのが 心…

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ