大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

西村眞悟の時事通信 2012年の記事一覧

記事ID:704
平成24年1月13日(金)

君が使う言葉ではない

 総理の野田氏は、消費税アップに関して、チャーチルの言葉を引用して、「Never never,never,Give up」と言ったという。 そして、本日、無能、および左翼、そして詐欺師、さらに害虫の閣僚を入れ替える「内閣改造」をするという。 そこで、だんだん腹が立ってきたので、ここに書いておく……

記事ID:703
平成24年1月4日(水)

広島爆心地の碑文

 本日、広島の原子爆弾の爆心地にある慰霊碑の碑文の一部がスプレーで消されていたとの報道があり、警察は器物毀損、広島市長は、原爆でなくなった方々への冒涜とコメントしている。 それでどの部分が消されていたのかというと、「安らかに眠って下さい、過ちはくりかえしませぬから」という碑文の、「過ちは繰り返し…

記事ID:702
平成24年1月2日(月)

謹賀新年、政治的軍事的バランスの回復元年へ

 あけまして おめでとうございます 謹んで、新年のお祝いを申し上げます そして、 御皇室と日本国民と国家の安泰を祈り申し上げます 同時に、 北朝鮮に拉致され、今、極寒の地で祖国への帰還を待つ多くの 拉致された被害者の救出が、本年の国民の責務であることを  思い、改めて、救出を切に祈ります 諸兄姉…

新着記事

  • 令和4年7月4日(月)
    冒頭にドイツの法哲学者イエリング(一八一八~一八八二年)の次の警告を記しておく(同人著「権利のための闘争」より)。「隣国によって一平方マイルの領土を奪われながら、膺懲の挙にでない国は、その他の領土をも…
  • 令和4年6月3日(金)
    十六世紀後半、イギリスはスペインとの海戦に明け暮れていた。その時、エリザベス一世が君臨するイギリスの海賊にして海軍提督のフランシス・ドレイク(キャプテン・ドレイク)は、イギリスの防衛ラインを、イギリス…
  • 令和4年6月1日(水)
    ロシア・ウクライナ戦争は、本年二月二十四日に始まり、既に三ヶ月以上続いている。当初アメリカの軍事筋は、ウクライナの首都キーウは、ロシア軍の侵攻開始から三日で陥落すると伝えていた。おそらく、この予想に基…
  • 令和4年4月25日(月)
    まず冒頭に、現在(令和四年四月)進行中のロシア軍のウクライナに侵攻で始まった戦争が、我らに与えている教訓について記しておきたい。ウクライナはソビエト崩壊後には世界第三位の核兵器備蓄国であり現在中共が動…
  • 令和4年4月25日(月)
    我が国がもつ神武創業の際に掲げた「八紘為宇」の志が、開国・明治維新を経て、如何にしてアジアに、さらに欧州諸民族に広がったのか、その軌跡を、その地域で仕事をした情報将校の視点から概観したい。我が国の陸軍…

アーカイブ