大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

首相の靖国神社参拝を深く讃える

平成25年12月26日(木)

 本日昼、安倍首相は靖国神社を参拝した。
 まことに意義あることである。
    私は嬉しい!
    お国の為に!
 
 マスコミは、現職首相の靖国神社参拝は、小泉首相の参拝以来何年ぶりと言う。
 しかし、安倍総理の参拝は、小泉首相の参拝とは、次元が違う。

 小泉首相は、靖国神社に参拝した後、
 村山富市談話と同じ歴史認識を語ったのだ。従って、村山富市氏に靖国神社に参拝してもらわなくてもよいように、小泉氏にも参拝してもらわなくともよい。
 英霊は言うだろう。
 「俺たちが悪いことをして死んだとか、悪い祖国のために死んだとか、思っている者は、俺たちが戦った敵の幇間であり、ここに来るな」と。
 
 しかし、安倍総理は、靖国神社に参拝するのは首相として当たり前のことと述べた。
 つまり、安倍総理は、
「俺たちがお国のために戦に赴くのが当たり前と思ったように、当たり前だと思って俺たちに会いに来てくれ」
と言う英霊の思いに素朴に応じて参拝したのだ。
 
 従って、本日の、内閣総理大臣安倍晋三の参拝は、
 まことに尊い。

 中共や韓国は、日本の首相が靖国神社を参拝しないことを自分たちの対日優位の証しとしていた。
 従って、この度の我が国首相の靖国参拝は、彼らの対日優位の崩壊である。従って、彼らは国際社会に向けて安倍総理の靖国参拝を非難する。
 それ故、我が尊敬する先輩が教えてくれたが、フランス国際ラジオは、いち早く安倍総理の靖国参拝を伝えていたという。
 そして、我が国のマスコミは、各国(実は、中韓)の反応を伝え、「何故、この時期に(参拝か)、という批判がある」と伝えている。
 しかし、中韓においては、そもそも我が国首相は靖国神社に参拝してはいけないのであるから、「何故、この時期に」ではなく、いつ参拝しても、我が国を非難するのである。
 
 そこで、前にも安倍総理に提言したことであるが(衆議院予算委員会)、
「何故、今、参拝するのか」というもっともらしい非難は、ほっておいて、今日から以後は、
「日本人の習慣通り、毎日の挨拶をしに来た」と、
 毎日、日課として靖国神社を参拝してはどうか。
 また、時間がとれないならば、
 例えば、正月元旦か二日、そして七草粥の日、そして成人の日、建国記念日と、次々と自分の思う日に、参拝してはどうか。
 首相官邸から靖国神社参拝の所要時間は往復約三十分ではないか。

 安倍総理は、本日の参拝で既に五体にしみてお分かりだと思うが、申しておきたい。
 靖国神社への参拝とは、英霊を慰めに参ることではなく、
 反対に、英霊に励まされることである。
 
 それ故、安倍総理、貴兄は、本日の参拝によって、
 平成二十六年の国難を、
 英霊に励まされて明るく力強く克服することが出来る。
 
 政権を放棄した第一次安倍内閣と明年の第二次安倍内閣の、
 天と地の違いは、
 靖国神社参拝による「英霊の励まし」があるか否かによってもたらされる。
 よって、日本国家の将来のために
、本日の、安倍総理大臣の靖国神社参拝を讃える。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ