大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

そもそも!政界再編は何の為か!

平成25年12月19日(木)

 政界の再編は何の為にするのか。
 近頃の秀才面の答え。
「自民党の一強体制に対抗する為」
 ・・・そういうわけで、
 特定秘密保護法案に対する賛否の違いを切っ掛けにして、みんなの党が分裂して数日さかんに報道され、
その都度、民主党や維新の会の、「もっともらしい若手」の共感したようなしたり顔が画面にでてくる。再編の動きが、党派を超えつつある、とでも言いたげである。

 そこで、明確に言っておく。

 まず、東京では「馬鹿か」大阪では「アホか」、と。

 政界の再編は、
 現在の我が国を取り巻く
「明治維新期に匹敵する国難」を克服する為にするのだ!
 
 それを、何か!
 あの訳のわからん自民党に対抗する為にすると言うが如きは、さらに訳がわからん。
 国家の政治を、キャバレーの客取り競争のレベルでしか捉えられない政治的未熟児もしくは痴呆の次元であると言うしかない。巨大キャバレーに対抗する為に、小キャバレーが連合するだとよ。やれ地方主権だとか、やれ既得権益打破だとかを掲げて。
 
 従って、各党若手の共感気味の顔は、未熟のレベルか痴呆のレベルが同じだということを示しているに過ぎない。
 
 さはさりながら、この現象は、時代病と言うべきか。
 思えば、二十年前の新党ブームによる細川内閣誕生と小選挙区制導入以来繰り返されてきたことなのだ。
 その時からの「凄腕」の親分は、さすがにくたびれたが、今度はその風潮の中で泳いできたもっともらしい顔をした若手が、これが政治だと錯覚したまま、また「種の明いた手品」をやっているということだ。

 今こそ、政治家の、真贋を見抜くときだ。
 そうでなければ、国が滅びる。
 領土が強奪され同胞が殺される。

 その基準は、具体的である。即ち、
 如何にして、中国共産党の軍事的攻勢に対抗して尖閣を守るのか。
 如何にして、北朝鮮に拉致された同胞を救出するのか。
 その為に、戦後体制から脱却するのか、脱却しないのか。
 その脱却すべき戦後体制が日本国憲法体制ならば、
 一挙に、自主憲法を制定するのか、しないのか。

 しかるに、今の「再編」に、この基準のかけらでもあるのか。

 よって、真の再編は、
 国難を克服するために、別の次元で起こるべくして起こる。
 その担い手の頭目は、この基準を常に掲げて存在してきた人物。
 私も、政治家の端くれだから、具体的に言う。
 
 平沼赳夫拉致被害者救出議員連盟会長である。
 
 国難に真に立ち向かうべき人材は、
決起の前は、静かなること林の如くで動かざること山の如くである。

新着記事

  • 平成29年11月16日(木)
    この度のアメリカのトランプ大統領の東アジア歴訪は、まず、日本を訪問して、次に韓国に行き、その次に中共に至ったが、これは、アメリカ大統領が、全く違う二つの文明圏、即ち、「日本」と「中華秩序の朝鮮と支那」…
  • 平成29年11月11日(土)
    トランプ大統領の、日本から韓国そして中共への歴訪で確認できたのは、この三ヶ国の中で、大陸間核弾道ミサイル保有寸前の北朝鮮へのアメリカの武力行使のオプションを容認しているのは我が国だけだということだ。そ…
  • 平成29年11月6日(月)
    来日しているアメリカのトランプ大統領の歴訪ルートは、日本から韓国、次に中共からベトナム、そしてフィリピンだ。つまり、東アジアの、北の海洋から、朝鮮半島に入り、大陸を北から南に打通して、再び南の海洋に抜…
  • 平成29年11月2日(木)
    十月二十二日、本通信No1372号「安倍総理は靖国神社に参拝して内なる国難を克服せよ」を送信した。この送信内容は、私が、総選挙最終日の二十一日の夕刻、東京数寄屋橋の雨の街頭で、総理大臣は、この選挙を……
  • 平成29年10月31日(火)
    この度の総選挙において、小池百合子さんが、憲法改正か護憲かで、主に民進党から「希望の党」へなだれ込もうとした議員達を「選別」し、護憲を「排除」したことが非難され、小池さん本人も不適切な言葉を使ったとし…

アーカイブ