大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

嗚呼、草莽の微臣田中正造翁

平成25年11月6日(水)

 田中正造翁は、天保十二年(一八四一年)に下野に生まれ、大正二年(一九一三年)没した。
 田中正造は、自伝の冒頭を、「余は下野の百姓なり」という一文で始め、明治天皇への直訴状を、「草莽ノ微臣田中正造・・・慎テ奏ス」と書き始めている。
 そして、「田間ノ匹夫、敢エテ規ヲ踰エ法ヲ犯シテ鳳駕ニ近前スル、ソノ罪実ニ万死ニ当タレリ。而モ甘ンジテ之ヲ為ス所以ノモノハ・・・」と直訴状を続けている。

 田中正造は、尊皇の志篤く、まだ江戸時代の青年の頃、遙か大和橿原の神武天皇御陵を参拝している。
 田中は、明治二十三年、第一回の衆議院選挙に当選し、足尾鉱山鉱毒事件に遭遇する。
 これは、足尾鉱山からでた鉱毒が渡良瀬川に流れ込んで下流の田畑を汚染させ収穫不能の地にしてゆく事件であった。田中は、川と田畑からの恵みを奪われて流民となってゆく村落の人々を救うために立ち上がった。
 彼はその為にあらゆる努力をした。
 勝海舟の座談録を読むと、海舟が「このまえ、ここに田中正造がやってきて、さかんに鉱毒の害について話していったよ」という風に語っている。そこから、田中正造の行動力によって足尾の鉱毒問題が大きな社会的関心となった様がうかがえる。事実、足尾鉱山からの鉱毒は、明治期の大きな問題となった。

 田中正造は、遂に、住民が追われ水没する谷中村の水の上に立てた小屋に住み着いて村を守ろうとするのであるが、その拠り所は、
「谷中村を守ることが日本を守ることである」、
「谷中村を守れなければ日本が滅びる」という信念であった。
 しかし、世間も政治も、このことを知らず、谷中村を守ろうとしない。そこで、彼が衆議院議員として政府に質問した題は、
「亡国を知らざればこれ即ち亡国の議について質問申し上げ候」
というものであった。
 
 そして晩年、水没した谷中村で過ごした田中正造が、人生の最後に遺したものは、頭陀袋のなかの聖書と数個の小石だけであった。

 私は、同志と共に北朝鮮に拉致された被害者の救出に取り組んできた。
 ご承知の通り、救出運動の初期は、拉致はでっち上げという北朝鮮に同調する左翼勢力が救出運動を敵視し、さらに政界を無関心が覆っていた。
 この時、私は、
「横田めぐみさんをはじめとする拉致被害者を救出することが、日本を救うことだ」、
「拉致に対する無知と無関心は亡国だ。亡国を知らざれば之すなわち亡国とはこのことだ」
 と田中正造を思い起こしていた。
 以前集会で、「来年の集会までに拉致被害者を救出できないならば、私は生きていない」と言った特定失踪者調査会の荒木和博君も同じ思いだったのだと思う。

 話を戻して、
 足尾の鉱毒から村民を救うことが、御国を救うことだと思い決して長年奔走した田中正造は、万策尽きて、
 明治天皇への直訴を決意する。
 
 その為、田中正造は、
 明治三十四年十月二十三日、衆議院議員を辞職する。
 そして十二月十日、国会の開会式から退出され皇居に向かわれる
明治天皇の御列を日比谷街頭で紋付袴の姿で待つ。
 そして、天皇の乗られる馬車(鳳駕)に走り寄った。
 
 それを認めた護衛の近衛騎兵は、直ちに槍を田中正造に向けて構え田中を刺し貫こうと馬の腹を蹴った。
 しかし、咄嗟の事態に驚いた馬が立ち上がり近衛騎兵が落馬して田中は刺殺を免れた。
 田中は、妻に、直訴の日が死ぬはずの日だったと語っている。

 以上、
 現在、赤坂御所における園遊会に無知蒙昧の芥のような者が紛れ込んで、天皇陛下に手紙を渡そうと企てたことに関し、田中正造翁の名がでているので、
 まことに、我が国における天皇への直訴とは、
 明治期の巨人ともいうべき田中正造翁が、衆議院議員の立場を捨て去り草莽の微臣となって、命をかけて行おうとしたことであると申したく書きとめる次第。
 この度の御国の権威を汚す軽佻浮薄な売名に関して、
田中正造翁の直訴を引き合いに出して語ることなかれ。
 それは、我が国の國體を軽視し、田中翁と万世一系百二十五代の天皇を戴いて生きた我らのご先祖に対して、申し訳ないことである。

新着記事

  • 平成30年2月24日(土)
    本日は、昨夜来、心に浮かんだことを書きたい。時事通信、偶成である。幕末の討幕派、戊辰の役の勝利者となった薩摩・長州・土佐・肥前の下級武士が、維新後、俄に栄達して権勢を誇り、東京と改められた江戸で、大邸…
  • 平成30年2月20日(火)
    「伝統と革新」誌から次号のテーマである「神道と現代日本・・・宗教・闘争・平和」に関する原稿用紙二十枚の執筆依頼を受けたので、二月十六日と十七日の二日間で書いた。しかし、私には、宗教に関する学識は無く……
  • 平成30年2月19日(月)
    本年二月に入り、本日までのことを記しておきたい。、二日に、大阪のザ・シンフォニーホールで演奏された神武天皇の東征と即位を謳った、北原白秋作詞、信時潔作曲の交聲曲「海道東征」を聴き、その演奏後に、大伴家…
  • 平成30年2月14日(水)
    我が國體から観た明治維新、即ち、天皇の明治維新について、この度、「月刊日本」に送稿した一文を次に記しておきたい。・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   再び、明治百五十年に…
  • 平成30年2月8日(木)
    日本人が日本人である限り、楠正成は忘れられることなく甦り続ける。特に、国家に危機が迫るとき、日本人は、幕末でも、日清日露戦役でも、大東亜戦争においても、楠正成を思い、正成のように天皇と国家の為に力を尽…

アーカイブ