大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

良き新年を! 誇りある祖国よ!幸いあれ!

平成14年12月31日(火)

 今年、ご縁があって、この私の「時事通信」をみて頂いた皆さん!

 ありがとうございます。
 ある人は、激励のメールをくれました。
 ある人は、辛口の感想をよせてくれました。
 そして、ある人は、黙って読んでくれました。

 これら全ての皆さんと私は、ご縁につながっているのです。心にしみてありがたいことです。
 皆さんとのこのご縁が、どんなに私を励ましてくれたことか!ありがとうございます。

 本年を静かに終え、希望をもって新年を迎えましょう!

 来年の運命?
 わが国は如何に成り行くのか?

・・・それは、私たちが、希望を胸にもって、明るく、新年を迎えるか否かにかかっているのです。
 本年に一部の識者から出がちであった 鬱病的な悲観論は、無益であり有害でありました。
 悲観論は、悲観的な現実を作り出すのです。

 「常に喜び、たえず祈り、どんなことにも感謝する」覚悟で一日一日を過ごせば、如何に厳しくとも、明るく新しい未来を切り開くことが出来るのです。
  人は幸せになるのです。

 新年は、次の誰でも知っている言葉を「実践」する年になりそうですよ。

  「国が、何をしてくれるかと問うな。
   君が、国に何が出来るかを問え」

 来年の統一地方選挙では、堺から私の同志五人が「教育の改革」の柱のもとに立候補します。
 府会議員候補一名、市会議員候補四名です。
 同志ともども、全員当選を目指して、がんばります!
 皆さん、私どもと力を合わせてください。
 日本再生のためにともに闘かってください!
 来年は、明るくあばれましょう!

 では、元気で良き新年をお迎え下さい!
 新年もよろしく!

新着記事

  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…
  • 平成30年6月27日(水)
    昨日の時事通信で、明治維新の思想も資金も、全て日本の自腹であり、欧米からの資金で維新が成されたのではない、と指摘した。その「思想」とは、万世一系の歴史のなかで生まれ自覚されてきた「日本人の魂」であり……
  • 平成30年6月26日(火)
    明治維新百五十年を語る中で、その資金源の観点から語ってみる。もちろん、研究者の視点から見れば、私の論は、雑な論である。しかし、かなり以前から、明治維新は、イギリスやフランスからの資金で成功した、という…

アーカイブ