大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

大晦日に国家の危機をご報告、そして飯舘村のこと

平成24年12月31日(月)

 本日も早朝に、仁徳天皇陵に参拝。
 冷たい風が吹いているので体感温度は昨日よりも十度近く低い。
 参拝していつも祈ることは、
 「御皇室の彌榮と日本国の安泰」

 民主党政権が崩壊して迎える大晦日そして明日からの新年は、まことにすがすがしい。
 これが、平成二十三年三月十一日に東日本を襲った巨大地震と巨大津波の国難と中国の尖閣に対する軍事攻勢を目の当たりにした日本国民の選択だった。
 もはや日本国民は、三年四ヶ月前に民主党の「生活第一」に踊らされた有権者はなかった。
 この度の、師走の総選挙において、国民は、「国家の危機」を肌身で感じた上で有権者としての選択をした。
 自分の生活を第一に考えていたのは、民主党という泥船とそこから逃げだしたネズミだけだった。日本国民ではなかった。
 彼等は、「生活第一」の代わりに、それと似たような「原発廃止」に飛びついた。そして、消滅した。
 国民は、国家レベルの視点から選択し、
三年前に生活第一で議席にありついた徒党だけが、
もはや通用しない「自分の生活第一」という反日・反国家的な選挙をしていたのだった。

 そして、私は、この国家の危機を肌身で感じた国民によって議席を与えられたのだ。
 天を仰いで感謝するとともに、身の引き締まる思いがする。
 何故なら、この議席の任期の内に、我が国に対する軍事的攻勢を軍事力によって撃退する事態に我が国は遭遇するからだ。
 
 その意味で、本日大晦日の産経新聞産経抄は秀逸である。
 それは、寺田寅彦の「半分風邪を引いていると風邪を引かぬ話」という随筆を引用して、中国が反日運動を仕掛け尖閣諸島の挑発活動を繰り返すようになったのは、日中関係が「風邪を引く」のを恐れるあまり、民主党政権が「友好」に前のめりになりすぎた結果だとすれば合点がいく、と書く。
 この産経抄の秀逸さは、国家が安泰を維持する為の方策を適格に把握し、寺田寅彦の随筆を引用してまことに短文で分かりやすく、さりげなく書いていることにある。
 
 国家間の衝突は、「風邪を引くのを恐れる者達」が作り出す。
 この度、国民が感じている国家の危機は、中国の軍事大国化に尽きる。
 それは歴代自民党政権の日中友好に基づく長年に及ぶ巨額の経済援助(ODA)の土台の上に三年半の民主党政権によって竣工したグロテスクな暴力装置である。
 チャーチルは、第二次世界大戦を作ったのは、「平和主義者」だと回想録で書いている。チャーチルは、第二次世界大戦は防げた戦争だったと嘆いている。
 独裁政権(ナチスドイツ)にミュンヘンで宥和することによって平和を維持しようとした平和主義者たちが、ドイツのポーランド侵攻(第二次世界大戦)を呼び込んだのだ。
 
 そこで、現在、我が国周辺で同様のことが起こりつつある!
 つまり、平和主義者(風邪を引くのを恐れる者達)が、独裁政権(中共)の軍事攻勢を呼び込んでいる。
 このまま放置すれば、独裁政権はシステムの当然の結果として、軍事的行動によって目的を達しようとする。
 
 では、そのシステムを如何にして停止させるのか。
 
 チャーチルと寺田寅彦は、同時期に同じことを言っている。
 寺田寅彦は、随筆という形で言っていたと産経抄に教えられたが、チャーチルは政治家だからイギリス議会で主張していた。
 その主張のため、彼は、「戦争屋」と言われ落選の憂き目もみるが、実は、チャーチルは寺田寅彦と同じように、平和を維持する方策を主張していたのだ。
 即ちチャーチルは言った。
「このまま放置すれば、ドイツ空軍の戦力はイギリス空軍を遙かに上回るようになる。そうなれば、ドイツは、空軍によってイギリスを攻撃できる。
 今からでも遅くはないからイギリス空軍を強化しよう。
そうすれば、ドイツ空軍首脳はイギリスと戦争をしてはならないという判断を確信を持って独裁者ヒットラーに提言できるようになる」

 明日から、平成二十五年の新年が始まる。
 安倍晋三氏は、総理大臣として、デフレ脱却以上に、
チャーチルの「平和主義者が戦争を招いた」という第二次世界大戦の教訓と寺田寅彦の「半分風邪を引いていると風邪を引かぬ話」の意味するところを悟り、
 自民党政権の日中友好とODAそして民主党の卑屈な対中屈服が招き寄せた我が国家の危機を克服するために、
早急で断固とした軍備増強に踏み切り、
中共の独裁者と軍首脳をして、
「対日軍事攻勢は成功しない」、
「対日敗北は共産党政権の崩壊を招く」
という判断に至らしめるよう全力を傾注されたい。

 最後に総選挙によってご報告できなかったことを記しておきたい。それは、飯舘村のことだ。
 総選挙への流れが動き出す一日前の十一月十二日、私は早朝から福島県飯舘村に入った。
 住民は見かけられず警察車両だけが目立った。さっそく、引き返してきて私の車両を職務質問した警察官(大阪府出身、警視庁)によると、空き巣被害が多発しているという。
 私は、昨年菅直人内閣による飯舘村村民総退去の指令を理不尽と思い、六月の村民退去まで二度にわたり飯舘村を訪れ退去実施業務に忙殺される村役場と村内各所を訪れてきた。
 十一月十二日の三度目の飯舘村訪問は、村民退去後初めての訪問だった。
 あの芸術的にも綺麗だった村役場の玄関にも雑草が生えていた。そして、何よりつらかったのは、昨年の美しかった水田に既に草が背丈近く生い茂っている殺伐たる光景だった。その草ぼうぼうの水田を囲む丘陵の紅葉だけが変わらぬ目をみはる美しさを湛えていた。つまり、人のいない「廃村」の光景だった。
 昨年は空き家になった家に置いていかれた犬が、人恋しくて車を追いかけてきたが、本年はその犬たちももういない。

 では、飯舘村はこのような光景にするほど危険だったのか。昨年の村民退去前の放射能は次の通り(天候晴れ)、
村役場前3・44マイクロシーベルト、
細川牧場6・5(以下、同)。
 何も危険ではない。全く安全だ。
 
 そして本年十一月十二日の放射能は次の通り(天候雨)、
村役場前0・60~0・83~1・42
細川牧場3・14~5・50(雨だれ付近)
飯舘中学玄関1・07
綿津見神社2・4~2・8
伊達市との境界付近1・12
JR福島駅0・17
ちなみに、我が家のある堺市仁徳天皇陵付近の現在(十二月三十一日)の放射能0・17

 昨年も、村の郷社である綿津見神社に参拝し、本年十一月十二日にも参拝した。この美しい村を守り給え、と。
 そして、神社にただ一人居残って生活されている多田 宏宮司にお目にかかりお茶を戴いて退出した。
 民主党政権の理不尽な村民退去から廃村への許せぬ策謀のなかで、村の郷社の神職一人、神々に仕え村を護る。
 あたかも日本を護るが如しだ。

 それから二十日ほど経た十二月四日の衆議院総選挙公示日、
未来のない「未来の党」の滋賀県知事が、脱原発アピールのため村民のいない飯舘村で化粧した顔で第一声という映像に接する。
 これは、飯舘村への冒涜である。
 しかし、この厚化粧知事と随行者とマスコミと空き巣泥棒は、飯舘村は安全だということを実証するために村に立ち入っていたことは確かだ。

 安倍内閣は、「復興」という言葉を使う以上、具体的に、すばらしい村、日本人一人一人の故郷のような飯舘村をどうするのか直ちに表意せねばならない。
 このまま、日本を弱体化させることが目的のコミンテルンの走狗であった菅直人に追随して廃村にするのか。
 直ちに復旧・復元に入るのか。

 以上、本年最終の時事通信となりました。
 諸兄姉に感謝し、
 御皇室の彌榮と日本国の安泰をともに祈ります。
 諸兄姉、よいお年をお迎えください。

(お詫び)
 本通信入力より本日五日までの間、飯舘村の郷社である
「綿津見神社」を「綿津田神社」と誤って記載しておりました。
 ここに訂正しお詫び申し上げます。
 なお、綿津見神社の所在地は、以下の通りです。
 福島県相馬郡飯舘村草野字宮内156( 多田 宏 宮司 )

新着記事

  • 平成29年9月21日(木)
    日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳…
  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…

アーカイブ