大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

韓国の選挙と台湾の選挙

平成14年12月20日(金)

 太陽政策とは

 太陽政策とは、北朝鮮に資金を送る政策である。
チャーチルは、第二次世界大戦を振り返って、「平和主義者が戦争を創った」と言った。

 弟一次世界大戦後のヨーロッパ政界は、「平和」という万民が望む標語の元に、またはその標語を隠れ蓑にして、政権延命のために「独裁者」と宥和したからだ。
 この宥和政策の故に、「独裁者」に膨張のチャンスが与えられ、結局戦争が起こったと総括したのだ。しかし、大戦前のチャーチルは、この宥和政策反対の故に、危険人物、好戦論者扱いされ干されていた。

 チャーチルは、独裁者の本質を見誤ることはなかった。独ソ開戦で、イギリスはソ連を支援した。何故かと尋ねられたチャーチルは、
「もし、ヒトラーが地獄に攻め入ったら、私は地獄の鬼を支援する」
と言い放ったのだ。

 そして、韓国国民は、この「独裁者」と「宥和する」大統領を選んだのだ。

 危ぶむのは、韓国国民はこの結果に責任を持てないだろうということだ。

 韓国に亡命した北朝鮮の、黄書記の警告が見事に結果を出しつつある。その警告とは、
「北朝鮮の韓国内における工作活動網は完成している」
と言うことだった。
 この警告は事実だ。
 従って、金大中大統領は、この黄書記を監禁状態において太陽政策を進めた。

 その太陽政策を継承する大統領が選ばれた。選んだのは韓国国民と言いたい所だが、どっこい、もう一人当事者がいた。それは、
 北朝鮮だ。

 選挙中の、あの反米運動を映像でみれば、明らかに扇動のプロが仕組んだ演出であるのが分かるではないか。
 太陽政策とは、反米運動なのだ。
 太陽政策とは、在韓米軍撤廃運動なのだ。
 太陽政策とは、独裁者の本質を見誤った上に築かれている。

 北朝鮮の独裁者は、核兵器・生物化学兵器を開発し手中に修めている。何時使うか分からない。

 韓国国民は、それは日本に落ちるもの、韓国には落ちないものと思っている。

 韓国国民は、統一朝鮮が、核兵器と生物化学兵器を保有することになるから、北朝鮮の核兵器開発は「めでたいこと」だという北朝鮮の宣伝を真に受けている。

  思い出されるのは台湾の選挙

 過去、台湾において行われた選挙を思い起こそう。
李登輝総統、陳水扁総統を選んだ大統領選挙において、いずれも大陸の独裁者は、李総統、陳総統が選ばれれば、今すぐミサイル攻撃を仕掛けるというような露骨な恫喝を繰り返した。

 しかし、台湾国民は、いずれの選挙においても、大陸の独裁政権の恫喝に屈せず、自らの判断で両総統を選んだ。

  恫喝と同じ結果になった韓国

 この度の、韓国の選挙において、北朝鮮は太陽政策の不義と欺慢性を訴える李候補が当選すれば、重大な結果がもたらされると、度々核兵器をちらつかせて韓国国民を恫喝した。
 そして、選挙結果は北朝鮮の望んだとおりになったのだ。

 さて、いずれが安定するか、平和が確保されるか
 それは、明らかであろう。台湾は事実が証明している。
 恫喝を跳ね返した国民には、恫喝したものは手を出せなくなる。

 恫喝者の希望をかなえた者に対しては、恫喝者はこれからいよいよ仕事が出来る、つまり手を出せると思う。

 難しく考える必要はない。
ヤクザの言いなりになった者と、ヤクザを寄せ付けなかった者の、差が現われると思えばよい。前者は、骨をしゃぶられる。

 さて、日本の政治・日本の政府はどちらに近い。言うまでもなかろう。
 ヤクザに弱いのだ。
 ヤクザに金を渡してことを先延ばしにしてきたのは、日本政府が先輩だ。

 朝鮮半島危うし。
 日本危うし。
 半島情勢よ、我が政界を直撃し、我が国国民に覚醒の喝をいれよ。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ