大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

国家の回帰すべきところ

平成24年11月3日(土)

 本年は、七月三十日、
 明治天皇が明治四十五年(西暦一九一二年)七月三十日に崩御されてから百年を迎え、
 本日、嘉永五年(西暦一八五二年)十一月三日にお生まれになった明治天皇のお誕生日である明治節をお迎えしている。

 また、昨年三月十一日、東日本を千年に一度の巨大地震と巨大津波が襲い、この「国難」のなかで、天皇陛下は、我が国の最大の危機管理者としてのお立場を顕された。
 まさに、このお立場は、戦後の枠組みとなった昭和二十二年五月三日に施行された日本国憲法に基づくものではなく、
我が国悠久の太古から引き継がれた天皇の本来の権威に基づくものであった。
 即ち、国難のなかで戦後封印されていた我が国の伝統的権威が顕れたのだ。
 つまり、あの巨大津波は、東日本の海岸線にある堤防を粉砕したばかりではなく、我が国全体をおおう戦後体制の枠組みをも粉砕していた。

 そして我が国は、この千年に一度の国難襲来の翌年に、明治から百年を迎えている。つまり、戦後の枠組みが瓦礫となったなかでの明治百年祭である。
 従って、本日の明治節、明治天皇のお誕生日に当たり、この巡り合わせのなかにある「天意」を述べておきたい。
 それは、戦後という時代に歴史と伝統を見失って漂流していた我が国が回帰すべきところが指し示されたということである。
 即ち、我が国を取り巻く内外のまことに厳しい状況を克服する為に、我が国は明治天皇とともにあった時代に回帰しなければならない。
 
 明治は、国家存立のために富国強兵を掲げ、天皇を戴く国民国家として幾多の国難を乗り越えた偉大な時代である。
 徳富蘇峯翁が喝破したように、
 明治は、国民は、「理想をもって生活とした時代」であり「生活をもって理想とした時代」ではなかった。その精神、心意気こそ危機克服の起点である。

 今再び我が国が、国難の折り重なる時代に突入するに当たり、まさに、明治に回帰してそれを克服すべきなのだ。
 このことを我々の前に啓示したものこそ、昨年の東日本巨大災害と本年の明治百年の巡り合わせである。

 以上を本通信で語らせていただき、
 本朝はこれから、子どもの時からの懐かしい場所、
 白鷺を見上げフナをとった堀に囲まれた
 第十六代天皇である、仁徳天皇の御陵に参拝してくる。
 そこは、
「御皇室の弥栄と日本国の安泰」を祈るところである。

新着記事

  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…
  • 平成30年10月29日(月)
    明治天皇のお誕生日、十一月三日の天長節、即ち「明治の日」が迫る本日十月二十九日、高円宮絢子さまご婚礼が明治神宮で行われた。まことに、おめでとうございます。絢子さまは、明治天皇の孫で昭和天皇の弟である三…
  • 平成30年10月25日(木)
    先の十月十一日の韓国済州島における韓国主催の国際観艦式の実施に際し、韓国政府が、参加各国に対して、参加する軍艦には、「自国国旗と韓国国旗だけをマストに掲揚することが原則」だと通告した。つまり韓国は、我…
  • 平成30年10月24日(水)
    明日の二十五日、安倍総理が中国を訪問する。別に、今、北京に行かなくともいいのだがなあ、と思うが、行くということになっているのだから、仕方がない。そこで、この訪中の背景を造ったのは誰かと指摘しておきたい…
  • 平成30年10月23日(火)
    十月二十一日の夜、私の地域の祭りの終了にあたり、ふとん太鼓を担ぐ、五十名の青年団の若者と、ふとん太鼓に乗り込んで太鼓をたたく、十人ほどの小学生とふとん太鼓を担う若者の側で、大きな団扇で扇いで励ます、十…

アーカイブ