大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

国家の回帰すべきところ

平成24年11月3日(土)

 本年は、七月三十日、
 明治天皇が明治四十五年(西暦一九一二年)七月三十日に崩御されてから百年を迎え、
 本日、嘉永五年(西暦一八五二年)十一月三日にお生まれになった明治天皇のお誕生日である明治節をお迎えしている。

 また、昨年三月十一日、東日本を千年に一度の巨大地震と巨大津波が襲い、この「国難」のなかで、天皇陛下は、我が国の最大の危機管理者としてのお立場を顕された。
 まさに、このお立場は、戦後の枠組みとなった昭和二十二年五月三日に施行された日本国憲法に基づくものではなく、
我が国悠久の太古から引き継がれた天皇の本来の権威に基づくものであった。
 即ち、国難のなかで戦後封印されていた我が国の伝統的権威が顕れたのだ。
 つまり、あの巨大津波は、東日本の海岸線にある堤防を粉砕したばかりではなく、我が国全体をおおう戦後体制の枠組みをも粉砕していた。

 そして我が国は、この千年に一度の国難襲来の翌年に、明治から百年を迎えている。つまり、戦後の枠組みが瓦礫となったなかでの明治百年祭である。
 従って、本日の明治節、明治天皇のお誕生日に当たり、この巡り合わせのなかにある「天意」を述べておきたい。
 それは、戦後という時代に歴史と伝統を見失って漂流していた我が国が回帰すべきところが指し示されたということである。
 即ち、我が国を取り巻く内外のまことに厳しい状況を克服する為に、我が国は明治天皇とともにあった時代に回帰しなければならない。
 
 明治は、国家存立のために富国強兵を掲げ、天皇を戴く国民国家として幾多の国難を乗り越えた偉大な時代である。
 徳富蘇峯翁が喝破したように、
 明治は、国民は、「理想をもって生活とした時代」であり「生活をもって理想とした時代」ではなかった。その精神、心意気こそ危機克服の起点である。

 今再び我が国が、国難の折り重なる時代に突入するに当たり、まさに、明治に回帰してそれを克服すべきなのだ。
 このことを我々の前に啓示したものこそ、昨年の東日本巨大災害と本年の明治百年の巡り合わせである。

 以上を本通信で語らせていただき、
 本朝はこれから、子どもの時からの懐かしい場所、
 白鷺を見上げフナをとった堀に囲まれた
 第十六代天皇である、仁徳天皇の御陵に参拝してくる。
 そこは、
「御皇室の弥栄と日本国の安泰」を祈るところである。

新着記事

  • 平成30年2月20日(火)
    「伝統と革新」誌から次号のテーマである「神道と現代日本・・・宗教・闘争・平和」に関する原稿用紙二十枚の執筆依頼を受けたので、二月十六日と十七日の二日間で書いた。しかし、私には、宗教に関する学識は無く……
  • 平成30年2月19日(月)
    本年二月に入り、本日までのことを記しておきたい。、二日に、大阪のザ・シンフォニーホールで演奏された神武天皇の東征と即位を謳った、北原白秋作詞、信時潔作曲の交聲曲「海道東征」を聴き、その演奏後に、大伴家…
  • 平成30年2月14日(水)
    我が國體から観た明治維新、即ち、天皇の明治維新について、この度、「月刊日本」に送稿した一文を次に記しておきたい。・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   再び、明治百五十年に…
  • 平成30年2月8日(木)
    日本人が日本人である限り、楠正成は忘れられることなく甦り続ける。特に、国家に危機が迫るとき、日本人は、幕末でも、日清日露戦役でも、大東亜戦争においても、楠正成を思い、正成のように天皇と国家の為に力を尽…
  • 平成30年2月7日(水)
    韓国における冬季オリンピックに参加することになった北朝鮮が、あつかましくも、あの工作母船万景峰号を韓国の港に入れて芸術団と工作員を送り込んでいる。あれは、かつて、新潟港に来ていた、にっくき撃沈すべき万…

アーカイブ